ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
岐阜県赤坂、金生山に、化石を採りに


南信州の桜探訪3
「飯田市立美術博物館の安富桜」(06.4.9)

 みぞれまで降ってきて、1月の金生山は、まるで日活のアクション映画の光景でした。(ふるい。なつかしい。)
 6年生の卒業記念品に、おせっかいにも、化石にしたら、と口を出し、石屋さんのクレーン車で、成り行きで、採りに行ったのでした。

 卒業記念品なんて、いまどき、子どもから、そんなお金を集めるのか、との声もあることでしょう。でも、本当に思い出になるものだったら、決して悪いことでもないのですが。

 それについては、かねがね、自分は「卒業記念品三原則」なるものを、ひそかに作っていました。(なんとまあ、おおげさな)
 それでつい、口出ししてしまったのです。すみません。

1 授業に、役立てられるもの
2 いつまでも、壊れずに残るもの
3 卒業後、学校に来た時、いつでも卒業生が見られるもの

 化石って、この三原則にぴったりだ、と思いませんか。

 でも、本当のこと言って、石ころなんかに、興味を持ってくれる人間なんて、本当に少ないのです。自分の知っている人でいえば、宮沢賢治くらいなもんです。
 先生でも、このごろは、コンピュータやら、それからあれこれ教えることが、たくさんになったものだから、忙しくて、ほとんど誰も関心を持ってくれそうにないのです。
 けれど、何年かに一人、子どもたちの誰かが、興味・関心を持ってくれたら、それでいいと思いました。なんと言ったって、教科書にあることだ、道にはずれたことを、するわけではない・・・。

 当時は、インターネットなんて、まだあるかないかの時代で、あちこち電話しました。
 岐阜県瑞浪市の化石は、砂岩だから、貝の化石など、誰かが叩き割って、持っていってしまうかもしれない。いや、本当は、それくらい好きな子があらわれたら、それでもいいかも、などと非教育的なことも、考えたりしました。

 結局、岐阜県大垣市赤坂町のフズリナの化石が、石灰岩で堅くて壊れにくいから、ちょうどいい、ということになりました。
 貝の化石と比べると、小さすぎて、何なのかわかりにくいから、いくら2億5千年前の化石といっても、素人受けしにくいのは、この際、やむを得ませんでした。
 
 セメントの原料として、砕石している会社に電話すると、
「このごろ出なくなりましたが、あることはあるから、いつでも採りにきてください」
 それで、据付けをしてくれる石屋さんと、卒業式前の1月に、出かけたのでした。
 
 確か、セメント会社の事務所で菓子折りを渡しただけでした。運搬や据付け、説明プレートなどに、お金がかかったのでした。
 自由に採っていってください、と言われて、水溜りのあるぬかるんだ道を、車で登っていくと、思ったよりもいくつも、適当なのが転がっていました。

 石屋さんは、早速、大きな岩にチェーンを巻いて、クレーンで積み込み始めました。ところが、それを見ているうち、せっかく来たのだし、記念に自分も家に小さいのが欲しい、という気になってしまいました。
 そう言うと、石屋さんは、気軽に1個、肩幅くらいの大きさの小さなのを抱えあげて、クレーン車の荷台に載せました。

 石屋さんの店まで帰ってきて、クレーン車から乗用車に、載せかえてくれたので、家に帰ると、早速、車から降ろすことにしました。

 ところが、そのときになってわかったのですが、石は抱えあげようとしても、びくともしませんでした。
 商売にしている石屋さんには軽い石でも、チョークくらいしか重いものを持った事のない情けない数学教師には、重すぎたのでした。
 せめてワゴン車ででもあったら、転がして落とすことも、できたのですが・・・。トランクの後ろの壁の高さが、ベルリンの壁(またまた古い。)くらいに、あまりにも高すぎたのでした。

 それで、ついに奥さんに頼んで、やっとのことで、片方を持ち上げてもらいました。
 暗がりの狭い車庫で、体を寄せ合って、かがみこんでいるところなんぞ、絶対に、近所の人には、見られたくありませんでした。
 奥さんには、役にも立たないこんな思い石ころなんかもらってきて、どうするつもり、とほぼ、完全に軽蔑されました。

 でも、何年か後!!!
 その小学校を卒業してきた子たちと、その地区の中学校で、一緒になりました。
 そして、泣けてくるほどうれしいことを聞きました。
 なんと、理科の授業のとき、担任の先生に連れられて、運動場の向こうに、化石を見に行ったことがあるそうです。
 
素人農事メモ 4/14
 薄曇り、風は冷たいものの全般的に暖か
 ジャガイモの畝作り、「ジャガレンジャー・レインボー」なる七種類1球ずつ詰を、3袋植える。(本当は、しばらく畝を放置してから、植えるべきところ、せっかちのため)小牧のカーマホームセンターで、時期遅れ格安で購入。七種類もあるなんておもしろそう。そのアイデアに感嘆。
 花ショウブとシュウメイ菊を、しらかばBB園に植える。
 ポットの宿根早整理。
 

 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/96