ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
恋し峠ものがたり(その弐)


「人間は、いつも誰かを恋し慕って、探し求めて、さまよっているように思えます」
ある日、こぶしの妖精が、思いつめた表情で女神様に、話しかけました。

゙「峠を行き来する人間たちの力になれたら、どんなにかうれしいことでしょう」

「そんなことを、思ってしまったのですか・・・」
女神様は、やさしい微笑を浮かべて、静かにお答えになりました。

「あなたを、恋しの妖精にすることはできます。あの、人間たちのために・・・、ね。もちろん、いつもいつも、願いをかなえてやれる、というほどの力は、むつかしいですけれど・・・」

「ほんの少しでも、人間たちの力になれたら、それだけで、とても素敵です」
こぶしの妖精は、勇んで答えました。

「でもそのとき、あなた自身は、恋い慕う気持ちをわすれてしまうかもしれません。あるいは自分自身のことについては、願いがかなわなくなるかもしれません。それでもよいのですか」

「人間たちのためになれるのでしたら・・・」
こぶしの妖精は、まだ幼くして恋することを、知らなかったのかもしれません。あるいは、峠を行き来する人間たちを、あまりにも多く、見てきたためだったのでしょうか。

「そうですか、本当によいのですね。そうね・・・、でも、そのほうが、しあわせかも・・・、とも言いません」
 女神様の美しいお顔に、一瞬、不思議にさみしそうな影がよぎったように、妖精は思いました。まるで一人の人間の女性が、そこにいるような、思いにとらわれたものでした。

 さて、このようにして、こぶしの妖精は、時として、恋しの妖精になれることになりました。それは、こぶしの妖精にとって、新しい世界の始まりでした。

 でも、それがどんな世界で、妖精にとって、幸せであったかどうかは、語られるとしても、別の機会のことでしょう。


写真は、今は廃校になった、分校跡に立つ謎の怪しい一団。南信州の奥深い山中にて。

せっかくのお話の雰囲気をぶちこわしてすみません。

もちろん、この一団は、本文とはまったく関係ありません。
コメント
コメントする