ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ほんとうに? 猫の恩返し
 「猫の恩返しって、本当にある、と思った。お袋とそう言って話している」
 同世代、つまりの60代のとつとつとした話し方をする人から聞いたお話です。お母さんは、90過ぎ、大正生まれのようです。

「飼っていたぶち猫が死んだら、家の中にいたねずみたちが、戸が開いているのに、外へ出られなくなってしまった。
 家の外にいたねずみは、外を走り回っているのに中へは入って来れない。猫が恩返ししていったんだ」
 オスのぶち猫だったようです。

「どうして恩返しなんですか。ぶち猫はどうして死んだんですか。」
少し混乱してしまいました。

 「家の中のねずみは、外へ出られずに死んでいく。えさになるものは片付けるようにした。
 外のねずみは中に入ってこられないから、もう家の中にねずみはいなくなった。夜、静かすぎて変な気がする」

「今の家には、家があるあいだは、もうねずみが入ってくることはない。本にもかいてあったし、人から聞いたこともある。人に話しても誰も信用してくれんけど、本当にそういうことがあるんだ。」
 平成の時代です。そんなに簡単に真に受けるわけにはいきません。それに、話の全体像がまだよくつかめないのです。
 
「そんな本があるんですか。聞いたってことですが、そういう話が売木にはあるんですか」

「いや、売木でなくてよそで聞いた。前に読んだ本の片隅にも四角に囲って載っていた」
今はもう、その本は手元にはない、とのことでした。とても残念なことです。

「病気になって、獣医さんが、注射をしても間にあわんだろうといって・・・。ひざの上で死んでいった。去年の秋だ。
 6年くらい前にうちに来て、もう猫は飼いたくないと思っていたから、お袋がえさをやるのを、なんでやるんだと見ていた。それが居ついてしまって・・・。」

「飼ってくれた恩返しに、ねずみの居ない家にして行ってくれた、と言うことですか。猫って、そんなことができるものですか。どんな色のぶち猫だったんだろう。」

「黒と茶のぶちだった。それまでに飼った猫はそんなことはなかった。そういう力をもった猫がたまにいるんだ」
 我が家とは違って、猫派の人のようです。でも、我が家のコーギー犬「ソラ」には、家に来るなりやさしくなでなでしてくれました。

「ふーん。何匹も飼ってきたんですね。でも、その猫はどうしてそんな力を持ってたんだろう。どこかで修行でもしてきたんだろうか」
「そうだと思う。」
冗談で言ったことが、本気で返ってきました。まさか。

「ねずみを捕って食べるときでも、何も残さずきれいに食べていた。普通は胃だとかなにか残したりするんだけど・・・。新聞紙の上にねずみを置いてやると、新聞紙をきれいなままにして食べた。血も残さ
なかった。」

 特に冬になると、野山のねずみが家に入ってくるようです。
 どこの家でもサッシになって、かじって穴を開けることはできなくなったけれど、戸が開いているすきに入ってくるみたいで、ねずみはなじみの生き物といってよいでしょう。 

「食べ物はやったものしか食べなかった。そのへんに食べ物があっても勝手に食べたりはしなかったなあ。よほど修行した猫だったんだ。
 魚が好きで、養魚場で鱒を買ってきて食べさせたり、飯田へ出かけたときは刺身を買ってきて食べさせた。」

「死んでしばらくした夜に、障子の桟のところでコチコチ、コチコチと柱時計のような音がして、布団に入ったけど、気になって起きていって、障子を少し叩いたら止んだ。あれもぶちがなにか知らせてくれた気がする」
 その人の家に入ったことはありませんが、外から見ると古いたたずまいの家です。

 その猫がいるうちは、ねずみたちも普通に家の中で暮らしていたようです。神通力があるにしては・・・と思いましたが、食べる分が捕れるようにわざと住まわせていたのでしょうか。

「いちど、喧嘩でもしたのか大怪我をして帰ってきたことがあった。手当てしてやって寝かせておいたら、いつのまにかどこかへいってしまって、お袋ともう死んでしまったろうか、と話していたら、10日位してすっかり直して帰ってきた。」

 なんだか自分も本当の話のような気になってきました。少しわかりにくい語り口のせいもあったかもしれません。
 でも、そんな断定できるように、猫やねずみの世界が、この人には見えるのでしょうか。

「村中に遊びに行くことが多くて、軽トラで通りかかって、連れ帰ることもよくあった。助手席に乗せると普通は暴れまわるけど、きちんと座って外を見ていた」

 「お墓に石碑を立ててやろうと思っている。」
 その人はそんなふうに言っていました。

 まだ、つい先日、2010年の2月に聞いたばかりのお話です。







 
コメント
コメントする