ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
供|傭覆茲蠅癲⊇条件で、土地を選ぼう
 今回も、ないものねだり、と言われそうですが、別荘はとびっきり高い買い物だから、あえて書きます。参考にどうぞ。
(1)水のことを忘れがち
 ガスと電気には、質の問題はありません。しかし、上下水道は要注意です。
 我が家の井戸は鉄分が含まれているそうです。食品衛生法による基準で0.3mg/1以下であるべきところを、0.030mg含有で問題はなく、むしろポンプ屋さんによれば、「鉄分は体に良いんですよ」です。
 でも、何日か家を空けると、鉄錆びのようなもので、水が濁るのです。
 当地ではないけれど、もっと鉄分の濃いところもあるようです。井戸を掘ってからでは遅いので、水質はぜひチェックポイントにすべきです。

 また、当地がそうですが、住民票がないと水道を引かせてもらえないところもあります。そうなるとどうしても井戸を掘ることになります。
 以前、他県のミニ別荘地で、小学生らしい男の子たちが、かいがいしく、バケツで下のほうから、水を運んでいました。ロビンソンクルーソーか何かのようで、生き生きとしていたし、とてもほほえましく思いました。
 しかし、それでは続かないとも思いました。当たり前のことですが、水道は絶対必要です。

 下水道は、別荘団地では集中浄化槽多いシ、それならばOKです。そうでない場合や、個人の場合には、合併浄化槽にぜひしたいところです。トイレが最新設備でないと、都会人、なかでも、女性には納得してもらえないことに、特に留意すべきです。

(2)土地は広すぎなくてもよい 
 どうしても広いところを探しがちです。でも、後の管理が大変。 
 確かに、広ければ、変なものを目の前に建てられなくてすむ、というメリットはありますし、自分の思うように使えますが。
 それよりも、田や畑だったら、借りたほうが良いかもしれません。貸したい人は、今の田舎にはたくさんいます。むろん、借りるのもいろんな面倒はあるでしょうが。
 なお、農地についての法律のせいで、田や畑の入手は、一般人には困難ですね。あの法律は、これからの時代、何とかすべきだと思いますが。みんなが、家庭菜園などで、農地を保全するようにしたほうが、現実的だと思うのです。

 土地の広さについて、いちばんのポイントは、他にお金を使いたくなるところが、いくらでもあるということです。だから、あまり土地にお金を使わずに、建物関係にお金を残しておくほうが、よいと思います。

 とはいえ、あまり狭いのもちょっと。理想的だったのは、原村で300坪の区画になっていた知人の別荘地です。しかし、300坪は、とても手が出にくいですね。
 
(3)絶対的な距離は重要
 例えば、名古屋から八ヶ岳というのは、別荘としては理想の理想。
 しかし、遠いし、高速道路の料金もずいぶんかかります。月に何回も通ううちに、高速料金も、ガソリン代も負担になってきます。急な場合にも、動きにくいと思います。
 絶対的な距離は、時間と共に、重くのしかかってきます。
 やっぱり、ある程度近いほうが、それでは別荘にはならないという考え方もあるとは思いますが、望ましいと思います。


素人農事メモ 3/29 朝、うっすらと雪。昨夜は強い風。
 ビニールハウスで、薪切り。今日も、菜の花を取り入れ、サラダに。
 風が来ないし、薄日もあって、ハウス内は南国。
 午後は、また風が強くなり、雪が舞う。