ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
機(盟饕気靴賄澆砲海
(0)何百万円もする高い買い物。慎重に!!!そして,冬も使おう。 
 別荘地に行くと、長く閉ざされたままになっている建物を,よく見かけます。極端な場合は,完全な廃屋になっていることも,往々にしてあります。
 ふだん誰でも,10円安いとか100円安いとかを,気にして買い物をするのに,安くても何百万円もするものを,よくも無駄にするものと,他人事ながら残念でたまりません。
 以下、素人考えながら,より良い別荘探しについて,考えていきたいと思います。

 なかには, 夏にしか別荘には行かないから,という人もいるかもしれません。
 しかし,薪ストーブのある冬の別荘ライフは最高です。仮に,薪ストーブがなくても,冬木立や雪景色も,味わいのあるものです。動物の足跡を見る楽しみもあります。
 第一、高いお金を出して,半年しか使わないなんてもったいなさ過ぎると思いませんか。

(1)別荘は日当たりが一番大切
 冬に別荘に来ても,寒くては次から来る気がしなくなります。日当たりが良くてこその別荘です。
 実際に冬に来てみて,日当たりを確かめるべきです。
 まず,まわりが落葉樹であれば,夏の木陰と冬の日差しが,保証されます。もし,落葉樹がなくても,植えれば山ではすぐに大きくなります。ただし,他人の土地の木は自由にはならないので注意。
 また,南側の山の高さも大事なチェックポイントです。南に高い山がないとともに,冬至のころの日の出,日の入り方向が高い山でなければ,一番良いのです。
 冬至の日に見に行くわけにもいかないかも知れませんので、だいたいの目安で言うと,南東と南西方向の山が低ければ,朝早くから夕方遅くまで日当たりが確保されるといってよいと思います。
 両方は無理だからどちらか一方だけというなら,自分は南東方向よりも南西方向に山がなくて,日が沈むのが遅いことのほうが,望ましいと思います。日が沈むと、山では急に冷え込むし,寂しい感じになるからです。
 真東や真西の方向は,夏の日の出,日の入り方向ですので,高い山があってもまだ許容できると思います。北側の山は冬の風除けになります。
 なお,夏の野菜作り,花つくりにも日当たりは不可欠です。

(2)道路の雪の状態、凍結の様子を確める
 主要道路から山道に入ったところの道路の状態が一番問題です。
 坂道で前進も後退も怖くてできない状態になったことが,自分はあります。山蔭で日が当たらない道は,凍結の心配が大なのです。平らなところで安心してスピードを出したらしく,なんでもないようなところでスリップして,横倒しになった車を見たこともあります。
 別荘地へのアプローチは,山蔭でなく,坂道でなければ一番いいのですが、なかなかそうはいかないでしょう。当然のことながら。
 そうすると,南側斜面を登っていったところにある別荘地が,いいわけですが,問題は,地元の人は条件の悪いところから売りに出すという,考えてみれば当たり前の事実です。
 これは、なかなかクリアすることの難しい問題で,結局あわてて飛びつかず,根気良く時間をかけて探すしかない,ということになります。
 くれぐれも衝動買いは禁物です。条件の悪いものしか出ないと,腹をすえてかかりましょう。

(3)川沿いの別荘地は危険
 地元の人が一番気にするのは,大水の出ることです。何年かに一度は必ずあると経験的に知っているます。もう少し言うなら,「あんなところに」です。どうしても,自分たち町の人間は渓流沿いと喜んでしまうのですが。
 ここでも地元の人は,条件の悪い土地から手放すという原則が健在です。 
 (以下,次の機会に続く)




コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/67