ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コーギー犬「ソラ」の日記  キジさん大丈夫でしたか 編


 珍しく暖かい陽ざしとなった昨日のお昼、外出から帰ったお父さんは、僕を散歩に連れ出してくれました。

「バタバタバタ」
 僕たちが門までの坂をのぼって村道に出たとき、突然頭の上で、大きな羽音がしました。お父さんは空を見上げて、キジさんの姿を確認すると、あとは気にも留めません。
 ブルーベリー畑の片隅か、お隣の家の田んぼのどこかに、キジさんたちが住んでいるらしいことは、先刻、承知していたのです。

 でも、僕はキジさんとともに、それよりは小さいけれど、もっとひきしまったものの影を、見たように思いました。僕は目を凝らしました。
 けれども、村道の向こう、お隣の田んぼに降りたらしい姿は、目の前の木立に遮られて、そこからは見ることが出来ませんでした。

「もう昼ごはんだ。あとはまた、夕方に散歩することにしよう」
 ものすごく簡単な散歩のまま、お父さんが無理やり僕をひっぱって、家に戻ろうとしたときです。再び、頭の上で騒がしい羽音がしました。

 もちろん、僕もお父さんも頭上を見上げました。
 つい先ほど舞い降りたばかりの方向から、飛び立ってきたキジさんが下のブルーベリー畑の方向に飛んでいくところでした。そして、今度こそは、鷹かなにかの精悍な中型の鳥が追いかけていくのをはっきりと目撃しました。

 もちろんお父さんもそれは目撃したはずでした。でも、お父さんは相変わらずのんびりと歩いて、ようやくデッキの中に僕を放しました。

 するといつのまにか、ブルーベリー畑の上空には、カラスさんが三羽、鳴き叫びながら飛び回っていました。
 そして、ブルーベリー畑のフェンス沿いの雪の上には、二羽の鳥影が争っていました。小さいほうが大きいほうに飛び掛って、くわえ込んだのが見えました。

 思わず僕は、とても怖い声で吠え立てました。よほど驚いたのでしょうか、カラスさんたちは一瞬のうちにどこかへ行ってしまったみたいでした。
 そして、お父さんは、キジさんだけが雪の上でバタバタしていることに、気がついたようでした。鷹らしい姿もいつのまにかいなくなっているのを見て、あわてて階段を降りて、ブルーベリー畑に駆けつけようとしました。
 でも、運動靴がすっぽりと雪にはまってしまって、戻ってきました。

 家に戻って、長ぐつに履き替えて、再びブルーベリー畑に突進しました。そうそう、あきれたことに左手にはデジカメまでしっかり持っていました。
 お父さんは雪に足を取られてなかなか前に進めません。僕は危なくて見ていられませんでした。とうに還暦をすぎていることを自覚したほうがいいと思います。

「そのままにしておいたほうがいいと思ったんだけど、カラスなんかにいじめられたら、情けなさ過ぎるからなあ。長靴の中に雪が入ってきて冷たかった」
 あとでお父さんは言い訳するように言っていました。

 ようやくキジさんに近づくと、お父さんはデジカメを取りだしました。それでも、威しすぎてはいけないと思ったのか、「フラッシュ発光禁止」のモードにして、何枚もシャッターを押しました。
 あたりには、長い尾羽やら、小さな軽い羽根が散らばっていたそうです。
 それから、お父さんは、デジカメをポケットにしまうと、両手を差し出しました。どういうわけか、キジさんは静かに身を任せました。

「飛べそうにないから身柄を確保したけど、えらい厄介なものを抱え込んだかもしれないぞ。餌だって何をやればいいかわからないし・・・。地方事務所の林務課に電話だろうか,それともソラのお医者さんに連れて行くことになるだろうか」
 そんなことを考えながら、お父さんは静かなままのキジさんを抱えて、お家の中に入りました。

 もちろん、お母さんは大騒ぎです。早速、僕のお家、サークルを整えて、中に入れるように言いました。
 お父さんはまたしても写真を取り始めました。キジさんがやわらかいウンチをしたので、お母さんはティシュで拭いてあげようとしました。キジさんはサークルの柵の間に首を突っ込んでもがきました。

「尾羽が痛んでるけど、元気があるみたい。飛べるかもしれないからデッキに出してみようか」
 お母さんがそう言ったので、僕はデッキから別室に呼び入れられ隔離されました。そして、サークルのとびらとガラス戸があけられました。
 とたんにキジさんはデッキに走り出ました。デッキの柵の間ををするりと抜けて、外に落ちていきました。あとで測ったら、デッキとデッキの間のすきまは9センチあったそうです。
 以前、よく僕の首がはさまって、皆さんに笑われたすきまです。

 お父さんがあわててデッキから下を見ましたが、どこにもキジさんの姿はなかったそうです。下の花畑の雪に足跡がなかったので、デッキの下も覗き込んだりしたけれど、やはり姿はなかったようです。

 「まあいいか。あれだけ元気なら心配ないだろう。ソラ、お前が吠えたおかげだよ。がんばったね」
 ちょっぴり残念そうにしながら、それでも、お父さんは僕をほめてくれました。

 キジさん、大丈夫でしたか。きっと大丈夫ですね。

 

 
 

 



 
 

コメント
from: ラーパー   2008/04/06 8:58 PM
ご無沙汰しています。

清須の桜はもう散り始めなのですね。やはり今年も、満開の・・・ではなくて、桜吹雪の・・・が、入学式のフレーズのようですね。
from: なおみ   2008/04/05 2:06 PM
 春の陽気が心地よいですね。金曜日の中学校の入学式はお天気に恵まれました。でも、月曜の小学校入学式はどうやら雨の様子!
 2週間の春休みがやっと終ります。我が家の息子くんは、毎日、午前も午後もしっかりと外遊びをし、宿題のない幸せな春休みを満喫しました。
 火曜からは3年生! 重要な学年。よい先生との出会いを期待しつつ、新学期の準備をする母でした。 (あっ! 体育館シューズ買い換えなくては!!)
 売木村の桜、今年は見に行けるといいのですが… 清須の桜はもう散り始めています。
コメントする