ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「尻尾を鳴らす蛇」について教えて
JUGEMテーマ:地域/ローカル<

「蛇が尻尾を振って音を出していたけど、どういう蛇なんだろうか。カラカラというかシャラシャラに近い音だった。尻尾を20センチくらい立てて振っていた」

 去年の秋、9月のことだったと思います。
 家のすぐ上の野菜畑に行ったとき、畝と畝の間に居て、知らずに2〜3メートルのところまで近づいたときに、突然尾を鳴らし始めました。間違いなく尾が鳴っていたと思います。
 となりの畝と畝との間にももう一匹いましたが、そちらは鳴らさなかったと思います。二匹とも頭の部分は野菜に隠れて見えませんでした。

 捕獲すればよかったと思われるかもしれませんが、とっさにそんな道具もないし、それよりも「蛇が尾を鳴らしている」と思って見ているうちに、鳴らしやめて野菜の間に隠れてしまいました。

「私も見た。やっぱり二匹いた。けっこう長い蛇だった。」
 同じ頃に、ほとんど同じ場所で、わが奥さんも目撃したといっていました。
「物置のかげに入っていってからシャラシャラという音が聞こえてきたけど、あれは威嚇する音だったと思う。」
 もちろん二人とも十分に気をつけようと言い合いました。

 何人かの村の人に聞いてみましたが、ほとんどの人はそのような目撃経験がないようでした。
 2人だけ「まむしだ」と言ったおじいさんとおばあさんがいました。

「うん、だけど2メートル近くあったよ。まむしを見たことは1回しかないけど、そんなふうじゃなかった。まむしはそんなに長くはないと言うでしょう。」
 そう言うとおじいさんのほうは首を傾げてしまいました。自分は蛇については詳しくはありませんが、普通にこのあたりで見かける蛇の感じでした。

「そんならまむしでないかもしれん。まむしでなくても鳴らすよ」
 別のときに聞いたおばあさんはそう言ってくれましたが、それ以上詳しいことはわからないようでした。

 最近になってテレビで見たガラガラ蛇は、確か双胴の尾になっていて、そこだけすこし肌色っぽくなっていましたが、自分の目撃したのは普通の尻尾だったと思います。

 ネットで検索したら、確か「鳴く蛇」で同じような目撃談が出ていました。
ひとつは、子どもの頃だかの野原での目撃談でした。もうひとつは福井のほうの峠道での目撃談で、獣医さんに話したらやはり「まむし」だといわれたそうです。
 どちらも今回、検索しなおしてみたけれど見つかりませんでした。キーワードが違っていたかもしれません。

「交尾していなかったか」
 村の94歳のおばあさんからはそんな言葉がかえってきました。さすが94歳と思いました。確かに足音に驚いて離れた後だった可能性はあると思いました。そうだったら蛇さんたちゴメンナサイ。
 でも、やはりそれ以上はおばあさんもわからないようでした。

 どなたか教えてください。とくに次の二点を知りたいのですが、どんなことでもけっこうです。
(1)尾を鳴らす蛇はなんと言う名前の蛇か
(2)まむしは尾を鳴らすのか。 

 
 
コメント
from:   2009/02/05 6:24 PM
NANAKO 様

 そうですか。自分の場合はとぐろは巻いていませんでしたし、そんなに変わった蛇のようには思いませんでしたから、シマヘビで納得です。
 といっても、蛇の種類にはまったく詳しくはありませんが・・・。
 
 コバルトブルーの蛇なんてすごいですね、自分は疑惑の目で見るつもりはまったくありません。
いるかもしれないと楽しくなります。


 
 
from: nanako   2009/01/12 12:04 AM
こんばんはー。はじめまして!

うちの父も、45年前くらい中学生時に
尻尾をたててビーンという(連続的な音)の鳴る蛇を見たといっています。
尻尾だけガラガラ蛇のようで体は細く黒に近い灰色、とぐろを巻いていた。色々な図鑑を調べてみても、特にのっておらずずっと、新種の蛇だと言い張っています。

ただ、シマヘビやヤマカガシなどは見たことがあり、外観が明らかに違うといっており(本当だろうか?)
1メートル近くで見ているので、シマヘビやヤマカガシではないといっています。

ちなみに、青い蛇(コバルトブルー)の蛇もみたことがあるといっている父なので、家族内では疑惑の目で見られています。思い込みは激しいけど、嘘をつく人ではないです。

from: ラーパー   2008/02/23 1:46 PM
 そうですか。やはり、同じ経験をした人が村内にいるんですね。
 まむしにしては大きすぎるし感じが違うと疑問に思っていました。
 
 同じ敷地に住む仲間と早く認知してもらいたいものです。
 
from: kanbo   2008/02/23 5:57 AM
おはようございます。

楽しい記事拝見しました。
以前小生も田植え時期 シマヘビさんを追いかけたところ尾を振って威嚇したことを思い出しました。

通常は危険を感じて逃げるのですが、きっと急に現れたのでびっくりして威嚇したのでは。
それとも神経質なシマヘビさんだったかも
from:   2008/02/21 8:18 PM
連絡頂いて有難うございます
先程の本の話ですが実は数日前に本屋さんに注文入れておいたんです。・・・しかし折り返しの電話が無く中途半端な状態で少し困ってましたが今連絡がきました。
今週中には届くとのことでした!(楽しみにしています)
25年たった先生の声はすっかり静かになっていました(久しぶりで緊張しました)
from: ラーパー   2008/02/21 8:16 PM
なおみ 様
kisokoma 様
塩 様

シマヘビなんですね。完全に納得です。
 確かに二匹いましたが、9月だから繁殖期ではなかったわけですね。

どうやら我が家のシマヘビさんはかなり神経質な方のようです。気をつけることにします。

 
from:   2008/02/21 7:02 PM
蛇の事ですがヤマカガシかも?
先程自宅にお電話させて頂きましたがお留守のようでした(残念)もう少し時間を置いてチャレンジしたいと思ってます(笑)
from: kisokoma   2008/02/21 12:38 PM
ずいぶんご無沙汰しています。インターネットで次のような記述がありました。

シマヘビ
主に耕地や河川敷に住み、草原や森林にも住む。危険を感じると尾で激しく振るわせ、地面を叩いて威嚇する。食性は幅広く、ネズミ・小鳥・トカゲ・ヘビ・カエルなどを素早い動きで捕らえる。特に爬虫類や両生類を好み、共食いもする。アオダイショウとは違い、あまり木に登らず、地表を素早く動く。繁殖形態は卵生で、4-5月に交尾を行い、7-8月に4-15卵を産む。繁殖期にはオス同士でからみつきあい争う(コンバット)。メスは出産直後から、しばらくの間は卵を守る。本種はアオダイショウ・ヤマカガシとともに、本土で最もよく見かけるヘビである。これはヤマカガシと同じく、本種が主にカエル類を主食とするためである[1]。本土での稲作の発達と共にカエルの分布が拡大し、それに伴い本種も生息範囲を広げた。そのため人との関わりは深く、農村では普通のヘビとして見られる。本種の性質は個体差はあるものの、アオダイショウやヤマカガシに比べると神経質で攻撃的な個体が多い。また、本種は無毒ではあるが、歯はとても鋭く、咬まれると痛い。また、口内から破傷風菌が検出されたという報告もあるので、咬まれたら患部を水でよく洗い、消毒すること。
from: なおみ   2008/02/21 8:59 AM
 『脱皮し切れなかった皮が付いたしっぽをもつシマヘビ(またはヤマカガシ)が、しっぽを振って威嚇した』というのをどこかで読んだ記憶があります。 二匹いたのではなく、脱皮していたのでは?
コメントする