ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
初めて飼った犬,プス(その2)
 次の日の夕方、早めに勤め先から帰ると、奥さんと大急ぎで昨日の場所へ行きました。さすがに、心配な気持ちにはなっていましたが、それほど気にしていたわけではありませんでした。
 今なら、山に放置して帰ってくるなんて、動物虐待で訴えられかねません。が、そのころは人間も犬も、今よりずっとたくましかった、ということにしてください。

 前日の場所に車を止めると、向こうからプスが走ってきました。思っていたとおり、そして安心したことに、プスは元気そのものでした。
 「昨日呼んだときに、来なかったからいけないんだ」
 あいかわらずそんな乱暴なことを言いながら、内心ではほっとして連れ帰ったことでした。
 家へ帰ってしばらくすると、プスは何か吐きました。それは何枚かの笹の葉でした。食べ物代わりにそんなものを食べたのかとあきれてしまったことでした。

 それから何年かして、気のせいか、プスの元気がなくなってきている気がしました。おなかの辺りが少し膨らんできたように思いました。

 獣医さんに連れて行くと、フィラリアにかかっていると言われました。そのころは、そんな病気があることも知りませんでした。
 植物が好きで、狭い庭に、やたらにいろんな木や草花を植え込んでいて、蚊が発生しやすかった、と反省しましたが遅すぎました。
 やれるだけやってみましょうといってくれた獣医さんのところに、車の助手席に乗せて、何日も通いました。
 でも、どんどん弱っていくのが、わかっていました。

 ある日、義父がプスを抱きかかえて、散歩から帰ってきました。義父はそのころ同居したばかりで、とてもプスをかわいがってくれました。プスは途中で座り込んでしまって、もう動かなくなったそうです。

 義父から受け取って、犬小屋に連れて行った時、もうプスに綱をつけてやる必要はないと思いつきました。もう、動くこともできない、だったらせめて首の辺りだけでも自由にして、楽にさせてやろうと思ったのでした。

 その夜、遅くなって、車に置いたものを取りに、外へ出ました。
 車庫に行くと、助手席の外にプスがうずくまっていました。小屋からそこまで、プスは自分で歩いてきたようでした。
 
 プスは、車に乗せて、どこかへ連れて行ってくれ、と言っているようでした。
 プスは、どこへ連れて行ってほしかったのでしょう。
 病院だったのでしょうか。
 あるいは、もしかすると、あのおおはしゃぎで遊びまわった犬山の山中だったのでしょうか。
 もう一度、あの山の中を、自由に思いっきり、駆け回りたかったのでしょうか。

 次の日、朝早く病院へ連れて行きました。
 もうだめかもしれないけれど、手術をしてみますかとたずねられました。もちろん、手術をお願いしました。

 そして、それっきり、もうプスと会うことはできませんでした。

素人農事メモ 3/27 晴れ
 最低気温は−5℃と冷え込むも、日中は暖か。
 午前中、二人で、くりたけの種駒打ち500個。午後は、昨秋に、しらかばブルーベリー園の日当たり確保のために、切り倒した木から薪つくり。
 
コメント
from: massy   2006/03/28 11:57 AM
先日はどうもおじゃましました
山の雰囲気あるランチもごちそうさまでした m(__)m
当日撮った写真でうまく取れたものだけですが、アップしました↓
http://massyxp.web.infoseek.co.jp/siki/spring/sp_8a.html
ではでは
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/64