ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「貴重な体験」。雑木林の笹刈り


「なめこの駒打ち、森の開拓など、すごく貴重な体験をさせていただきました」
 農家民泊で、我が家を訪れた千葉県の中二男子から、お礼の色紙が届きました。

 一日目の午後のプログラムは、ナメコ菌の駒打ちにしました。コナラやサクラの木に電動ドリルで穴をあけるのは、多少の危険がないでもない、とは思いました。
 でもそれくらいしなかったら体験にはならない、と中学生たちが自分で穴をあけて、自分で種駒を打つことにしたのでした。

 どの子もとても真剣にていねいに穴あけをして、駒打ちもどんどん手際よくなって、無事終わったところで、今度は森の開拓、つまり雑木林の笹刈りに移りました。
 我が家で笹が生えているところは、そんなに広くないのですが、なにせ手がまわらなくて、そのままにしてあるのです。シイタケやナメコの菌駒打ちをしたときに、必要な分だけ笹を刈るという情けないやり方でこれまで来ました。

 それで、民泊の子たちにも自分で笹を刈ってもらうことにしたのです。でないと、ナメコの原木を置く場所がないわけですので・・・。

 手元に「雑木林をつくる 人の手と自然の対話・里山作業入門(倉木 宣・内城道興 編著)百水社 1442円」という面白い本があります。
 その本には、「雑木林の手入れは笹刈りから」という趣旨のことが書いてあって、鎌で笹を刈る話が出てきます。
 笹が生えているのは放置された荒れた雑木林のようです。
 
 でも、鎌で刈るのはいかにも危なそうですし、切り口がとがってはあとで困ります。それで、剪定ばさみで1本1本伐ることにしました。比較的細い木も、のこぎりで伐ってもらいました。
 といっても、もうそのころには、温泉こまどりの湯へ行く時間が迫っていたので、4人の中学生で、せいぜい3m四方の広さを刈ったくらいですが、それが心に残ったようです。
 無理をすれば、こちらであらかじめ刈っておくことも出来たのですが、そうしなくて良かったと思いました。 
 
 なお、スケジュールの関係等で、他の中学校の生徒は笹刈りをしませんでした。残念なことをしました。

写真は、5/13に中学生が植えていったじゃがいも。高冷地なのでこれでも大丈夫。
右は5/3に植えたもの。
コメント
from: NAOMI   2007/06/05 9:29 AM
 民泊体験の中学生たちは、充実しているようですね。先生のほうがむしろ楽しんでいるのでは?
 先日、市の「親子自然体験学習(野菜つくり)」というのに参加しました(といっても、おとーさんと息子ですが)。
 市内の畑で、サツマイモ、つるなしインゲン、ピーマン、ナス の植え付けから収穫までを体験する。という内容のものです。
 我が家の猫(というより鼠?)の額ほどの畑では、あまり収穫を期待できそうにないので、申し込むことにしました。15組の募集だったので、あわてて応募したにもかかわらず、3分の1の5組しか申し込みがなかったようで…。相変わらずの、せっかちぶりを発揮してしまいました。
 雨が降らないと水をやりに車で15分くらいの畑まで出動です(私の仕事)。少々手間が掛かるほうが収穫の喜びも増すと思い、頑張ってます。
コメントする