ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「練習試合, わたしたちも連れてって」(1)
「男子,あした試合?先生,わたしたちも連れて行って。」
「うーん,女子もか。相手の先生が良いって言うかなあ。今から電話してみるわ。」
 男子の部員に明日の練習試合の連絡をしていると,女子が頼みに来ました。
女子の顧問の先生に話をしてから,電話してみました。

「男子は強いけど,女子はわざわざ来てもらうほどではありませんよ。試合ができれば,生徒は喜ぶでしょうけど。」
「ああ,それだったらお願いします。うちも女子は全然強くありませんから。いえ,男子も強くなんかないけど」
 
 顧問をしている男子卓球部が,夏の大会に惨敗した後,来年こそはと,部員たちとがんばっていました。
 「強いところと練習試合をどんどんやることだ。教えなくても自分たちで覚えて強くなっていく。弱いところとやって勝っても,そのときはうれしいけど、強くはならん」
 新任で赴任した中学校で,無理やり男子卓球部の顧問にさせられて困っているとき,ベテランの先生が教えてくれました。その言葉を頼りに,土日のたびにあつかましく強いところを探しては練習試合を申し込んでいたのでした。
 
 女子のことは、顧問の先生が忙しくて指導に出られなくて,まかせてもらっていました。
「相手の学校が来てくださいって。でも,女子は自分たちでやれよ。それでいいか」
「先生,ありがとう。自分たちでがんばるからね。」

 それで,男子優先で相手チームを決めて,ついでに女子もお願いするパターンができました。
 自分は男子の顧問だから男子を強くするぞ,それだけを考えていました。
 さすがに,試合開始の挨拶だけは,女子のほうにも行きましたが,あとは男子のことばかりです。
男子が試合結果の報告に来ると,
「なんであんなのが勝てんのだ。なにやっとる。」
女子が報告に来なくても,気にしなかったし,来ても,
「そうか。がんばれよ。」

 それでも,試合の行き帰りは,女子と話したりしていました。
 あるとき,
「男子がどんどん行ってしまうから,ちょっと隠れておどかしてやろうか」
「うん,やろやろ。みんな隠れようよ」 
 ところが,男子は後ろなど振り返りもせずに行ってしまいました。慌てて探しに行っても,どこへ行ったものかどうしても見つかりません。相手の学校に行ってみてもまだ来ていませんでした。困っていると,だいぶ経ってから、
「先生,どこにいっちゃったの。ここまで来るの大変だった」

 男子はいつまでたっても負けてばかりでしたが,それでもたまには勝つようになりました。
 あいかわらず何も教えることはできずに,ただ勝て勝てと男子ばかり怒鳴りつけていました。
ありがたいことにそれでも男子はついてきてくれました。
 女子は時々は勝っているみたいでした。でも,それは男子のついでに申し込んでいるから,弱い相手とやることのほうがも多いせいと思っていました。
 
 今から思うと、本当に素晴らしい日々でした。あの時代だったら,いまからでももう一度やってみたいものと思います。
 そのようにして,先生になって二年目の秋と冬が過ぎ,すぐに夏の大会がやってきました。(以下続く)

素人農事メモ(3/20)快晴、しかし風が強く冷たい一日 日の入りは17:03
 ビニールハウス内の水遣り
 午前、午後ともシイタケの駒打ち
 薪ストーブの薪箱修理  
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/46