ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
30数年ぶり、蛭川さんの「落伍教師」


 信州、松本の旧制高校記念館は、県(あがた)の森公園の中にありました。といっても、旧制高校ゆかりの年代ではありませんので、そこのところは、お間違えのないように、厳重にお願いします。
 自分が生まれてわずか数年後に、旧制高校はなくなったのだ、と思います。

 その旧制高校で、生徒以上に青春を謳歌して、旧制高校に殉じ、そのあとは小学校の代用教員になった数学教師、蛭川幸茂先生のことは、昨年4月28日の当ブログに書きました。自費出版本『ラーパーさんの「花の谷」だより(パレード社、1000円)』にも、ちゃんと載せてあります。

 30数年前、教師になった頃、北杜夫の「どくとるまんぼう青春記」で知ったのだったのか、蛭川先生の「落伍教師」は座右の書となりました。
 おかげで、確かに自分も、「教師落伍」にまでは、かろうじてならなかったけれど、「落伍教師」でありつづけたのでした。
 なのに本そのものは、人に貸してどこかへ行ってしまったのでした。

 ブログには、何人もの人から、コメントをいただきました。
 コメントの来ないブログとして有名な当ブログとしては、とても珍しいことなのです。なにしろいまだにコメントが来るのです。

 そのコメントの中で、TIさんから、松本市に行くと「落伍教師」の復刻版が手に入る、と教えていただいていました 。
 同じ長野県にいても松本に行く機会など、なかなか、なかったのですが、先日、ついに宿願を果たすことができました。

 「あがたの森」というのは、どうやら旧制松本高校の跡地にあるようでした(松本市の方々、笑わないで下さい)。それらしい校舎風の建物がありました。たくさんの巨木のそびえる公園になっていて、グランドもありました。
 もしかしたら、ヒルさんたちが走り回っていたグランドかもしれません。(30数年間、蛭川先生の本を見ていなかったのです。「あがた」と言う言葉は、記憶がありました。)

 記念館に入って、すぐに復刻版を見つけました。1冊1,000円という格安の値段でした。たぶん、自費出版でしょう。ところが、中は細かい字でぎっしり、400ページ近くもあります。
 なお、上の写真の肖像画は、晩年のヒルさんでしょう。学級の子どもたちに囲まれたひげづら、丸坊主、眼光鋭いヒルさんの写真をぜひ見て欲しいものです。もちろん、昔のこどもたちの顔、顔も・・・。

 それはともかく、代用教員として、旧制高校から新村小学校に行ったときのことが、今、目につきました。
 『教室でほとほと手を焼くと、大月教頭に相談に行った。
すると、「まあそういわナンデ、思うようにやりマショ」という答えが返って来た。それに気を得てやって見るが、どうしてもうまく行かない。又相談に行くと、同じ答えだ。・・・』

 どうですか、若き先生方、蛭川先生でさえ、そんなでしたよ。

 北杜夫は、帯に書いています。自分の言葉で書くとよいのですが、少しだけ引用します。
「これほど天衣無縫な人生の記録も少ないであろう。・・・ベラボーにおもしろく、破天荒なこの記録は、世の教師や学生やその親たちに、目を洗う気持ちを起こさせるにちがいない。常に青春を呼びよせる、ひたむきで野生的で純粋な魂がじかに伝わってくるからだ」

 時代が変わっても、いや変わったからこそ、多くの人に読んでもらいたい本です。

 少しずつ楽しみながら、読んでいくことにします。 

 
コメント
from: たんぽこpapa   2007/02/20 9:26 PM
コンバンワ
その後ワンちゃんの具合はどうですか?
ブログ見てビックリしました
教師されてたんですね
一般的には小生はチョット早いリタイヤですが
お互い楽しみましょう!
ちなみに小生の座右の書とまではいきませんが
夜回り先生こと水谷 修先生の本には感慨深い
ものがあり出会ってから頭の中をグルグル回ってます
コメントする