ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自費出版本の目次です


 『ラーパーさんの「花の谷」だより』(パレード社 1,000円)の内容紹介の意味で、目次を羅列します。
 なお、発行部数が500部のため、書店には置いてなくて、注文して取り寄せてもらうことになると思います。
 
「ラーパー」って何のこと?−−−「はじめに」に代えて
第一章 子どもの頃
   三本しか採らなかったマツタケ
   巨人軍川上哲治は右バッターだった?
   センベイグローブ。でもそれは断固拒否
   残りくじ三つ、一等賞品はまだそこに
   かすみ網は「ちょん」と揺れた
   中学の社会の先生は、朝、酒で顔を洗っていた?
   ロケットのつもりが大砲を・・・、我らの宇宙開発事業 
第二章 ラーパー物語
   「泳げなかったら単位はやらんぞ」と体育教官はいった
   うちわが付属品だったコンピュータ
   先生、そのチョーク箱、もらってあげましょうか?
   どこかへ行ってしまった蛭川幸茂先生の本
   いえ、あのー、先生、チャックが・・・
   忘れられた本名・・・、教師はあだ名を選べない
第三章 怖いお話、不思議なお話
   玄関にいた白い蛇
   呪われた水晶の秘密
   そして汽車は戻ってきた
第四章 秘密の学校
   嫌われチャボ、奇跡の帰還
   落ちた話(その1)
   飛び降りたきた話
   落ちた話(その2)
   化石を採りに、岐阜県赤坂の金生山へ
   「ケンショク」って知っていますか?
第五章 田舎暮らしの日々
   今朝はマイナス十六度
   おじいさんが「こかして」くれたコナラで薪づくり
   人間にも啓蟄あり。二月二十五日だった?
   停電!頼りになるのは薪ストーブくらい
   ビニールハウスをつくる(その一 経費など)
   ビニールハウスをつくる(その二 使ってみて)
   森の爺さんシベリア抑留奮闘談
   きのこの種駒菌打ち見聞録
   昭和の初めのすさまじい話
   少し昔のエコな話
   「山のたんぼ」は都会人のためにもある
   みんなニコニコ農家体験民泊
第六章 田舎暮らしの生き物たち
   控除してもらえない山の扶養家族たち
   「夢中で蛇の頭を・・・」子うさぎ救出戦記
   お墓の日本ミツバチ
   オオミズアオ(大水青)、突然の出現
   整骨院で、山のうなぎ談義
   シイタケ害獣の真犯人は・・・
   熊の肝は薬屋にキャンセルされた
第七章 薪ストーブで心豊か
   薪ストーブは薪の大食い怪獣
   薪の入手法を考える
   我が家の薪の使用状況
   薪についてのメモ
第八章 体験的別荘探しマニュアル
   別荘探しは冬にこそ
   値段よりも、諸条件で土地を選ぼう
第九章 我がいとしき犬たちとの物語
   初めての犬「プス」
   学校から連れ帰った白い子犬
   クッキーよ、ありがとう
   コーギー犬「ソラ」の球根中毒事件
   ソラのきゅうり日記
あとがき
   
コメント
from: ラーパー   2007/02/02 8:20 AM
 買わなくても大丈夫です。

というか、ちょっと口では説明しにくいので、去年1/31をご覧下さい。

 まあ、見るほどでもありませんが・・・。
 本にはそういうような話がいくつもあります。

 あれがとうございます。
もし、ご質問をいただければ、できる範囲内でいつでもお答えします。
from: 西条某   2007/02/01 11:30 PM
もう直ぐ引退です。引退に関して不安感がつのってます。幸せな引退後の生活に関してヒントをいただいてます。今後もよろしく。
from: たんぽこpapa   2007/02/01 11:18 PM
ラーパーの意味
今度会った時聞いていいですか?
やっぱ本買わないと駄目・・かな?へへへ
コメントする