ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩り、令和元年は、7月6日開園、8月13日で閉園しました。

7月の長雨と、そのあとの暑さはありましたが、多くのお客さまに来ていただきました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備があると良いです。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
「ブルーベリー畑巡り」をやっています。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キュート、腰痛もちになったかな


「去年、八種混合は3月になってからだったのか」

2月に入ってしばらくしてからのことでした。

「だけど、わき腹あたりを触ったら、ウッみたいな声を出したことが、もう2回もあった。」

お父さんが、お母さんに言いました。

「腰なんだろうかなあ。椅子に飛び乗ったりはしているから、違うかもしれない。もし、お腹のどこかが病気だったりしたら大変だ。早めの予防接種を兼ねて、健康診断に行って来ようよ」

有効期間1年なのに、その前に注射してもらうなんて、倹約家のお父さんにしては、画期的なことです。

というわけで、キューちゃんは、トラベルキャリーに押し込められて、はるばるとお医者さんに行って来ました。

「腰痛ですね。さわるとひびくところがあるのでしょう。体重は9.3だから、とても良いですよ。」

お医者さんは、キューちゃんの目を、じっくりと観察しながら、おっしゃいました。

「血液検査は、プエラリアの時でいいでしょう」

お父さんは、血液検査まで申し出たのでした。

「なにか病気だったらどうしょうか、と心配したけど、まだ良かったのかなあ。でも、腰痛もなあ」

家に帰ってから、少し安心したように、親たちは話していました。

「キュート、ふつうにお尻を振りながら、歩き回っている。痛くはないだろうか」

- | 17:55 | comments(0) | -
コメント
コメントする