ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キューちゃん、えんちょうさんの座を、奪られそうになる


13日から、ブルーベリー園花の谷、閉園とします。

まだ実はあるとか、ないとか、人によって意見はわかれます。

しかし、遠くから来ていただくことが多いブルーベリー園です。

せっかく来てもらって、がっかりさせるわけにはいかないと、思っています。

今朝あった電話は、ふたつとも子ども連れで、遊びに行くからと言ってくださいました。

ありがたいことに、たくさん実が欲しいという年代層は、早めの実がある時期に、来てくださるようです。

とにかく、皆さまに助けられて、今年も終わることができそうです。

ありがとうございました。


昨日は三連休の初日、予想というか期待通り、若いファミリーが、ほとんどでした。

期待通りというのは、都会の子どもたちに、遊び場提供をしたい、とも思っているのです。

相変わらずの暑さでしたが、久しぶりに、午後には、風も吹いてきました。

でも、午後に雨の予報は外れました。

もう2、3日猛暑が続けば、去年と同じく、ブルーベリー干しが出現しそうなのです。

まあその前に、実がなくなって、店じまい。

お盆に、遊び場提供のユメは、相変わらず叶わないままです。


「キューちゃんだって、えんちょうさん。」

「8歳、女の子。細いし足も長い。いい子」

ブルーベリー狩りに来た子どもたちの声が、デッキまで聞こえてきました。

キューちゃんは、気が気ではありません。

一昨日の夜、お母さんが言ったのです。

「だいぶ疲れてるみたいよ。寝てばっかり。」

確かに疲れ気味です。

でも、犬は寝るのもお仕事なんです。

それなのに、お父さんは、昨日の朝、えんちょうせきの定位置に、連れて行ってくれませんでした。

キューちゃんは、デッキで、悲鳴をあげたり、歩き回ったりしました。

わたしのお仕事、お客様のお相手が、できないではありませんか。

けれども、お母さんの言葉を気にして、お父さんは知らん顔です。

そのうちに、犬連れのお客さんが来ました。

愛犬を受付け近くに繋いで、ブルーベリー狩りに、行ってしまったのです。

その後に来た別の家族の子どもたちは、その犬をえんちょうさんと、思ったのでしょう。

よその犬を相手に、楽しそうしています。

違いますよ、キューちゃんはここにいます。

わたしが、えんちょうさんなんですよ。

「あっ、キューちゃんは向こうにいるんだよ。今、連れてくるね」

ようやく、お母さんが、気がついて下さいました。

やっと、受付け近く、キューちゃんは定位置になりました。

夕方、お母さんが、お父さんに言いました。

「キューちゃん、お相手をしながら、ときどきこっちを見るのね。

『こういうおもてなしでいいですね』って、確かめるみたい」

「あいつ、アイパッドで写真を撮ろうとすると、顔をそむけてしまう。いろいろ怖がりなんだ」


コメント
コメントする