ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
乗れなかった観光船


何年も前の、冬のことでした。

このブログは、年寄りが書いているだけあって、昔のことが突然出てきます。

年寄りだから、いろいろ経験することもあるのです。


海辺の町を走っていたら、観光船のりばがありました。

15時の最終便に間に合ったので、チケットを購入して、乗り場の桟橋で待ちました。

やがて、沖合からお洒落な船が、近づいてきました。

乗客のお年寄りが2人、甲板の椅子に座っているのが、見えるようになりました。

若い女の子数人は、手すりにつかまったりして、立っています。

操船しているのは、自分よりは年上くらいのお年寄りたちでした。

漁船かなにかを、引退した人たち、だったかも知れません。

船は、そんなにスピードが出ているわけではなかったけれど、次第に近づいてきます。

と思っていたら、接岸するのではなく、桟橋の先にぶつかりました。

桟橋をこすりながら、なおもゆっくりと進んでいきます。

「はよう○○しろ」

桟橋にいた中年の男の人が、なにか叫びました。

さっきチケットを売ってくれた人です。

よく聞き取れなかったし、専門用語らしく、なんと言っているかはわかりませんでした。

「できん」

船の上で叫んでいます。

と思う間も無く、チケットを売っていた人は、桟橋を走って、船に飛び乗りました。

よく飛び乗ったと思うくらい、すばしっこい動きでした。

海に落ちかねないくらい、ほんとうに危なかった。

そのまま船は、桟橋の向こうの防波堤に、ぶつかりました。

でも、その男の人のおかげか、そんなに衝撃のないぶつかりかたのようでした。

船の上で、若い女の子たちが、笑っていました。

あまりのことに、驚きすぎての笑い、だったかも知れません。

お年寄りふたりは、声も出ない様子に見えました。

少し離れた船の上のことなのに、手に取るようにはっきり見てとれたのです。

「怖い。もう乗らないよ。帰ろうよ」

隣にいた妻が言いました。

「うん、そうだね。でも、少し待ってよ」

こっちからキャンセルを申し出たら、二千円だったかのチケット代を、返してもらえないかも知れない。

この期に及んで、そんなことを考えてしまったのです。

まだ少しは乗る気でもいたのです。

「このまま、ドックに行きます。切符売り場で、払い戻しを受けてください」

船の上から、声がかかりました。

船は、乗客を乗せたまま、行ってしまいました。

乗客にしかるべき対応をする必要が、あったのでしょう。

もちろん、点検修理も必要だったのでしょう。

払い戻しを受けた後、自分たちは、車で待っている愛犬キュートのもとに、戻ったのでした。









コメント
from: ラーパー   2019/08/18 8:18 PM
そうですか。だいぶ前のことなので、記憶があいまいです。
乗員は2人だったと思います。
船に損傷はほとんどなかったと思います。
from: 飛魔人   2019/08/16 7:35 PM
ご無沙汰しています。今年はブルーベリー摘みにお邪魔できず残念です。

お話の内容から推察するに、操舵室からスクリューの正逆転操作ができなくなったのでしょう。
大きな船舶ならば、船橋からの操作ができなくなっても、機関室で操作できるし、遊覧船クラスでも渡し船の正確が強い航路船なら甲板員が、機関室で操作できます。
おそらく周回航路故に船長兼操舵士兼機関士兼甲板員という、ワンオペ体制だっのでしょうね。
コメントする