ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
正永寺の樹齢400年、一本桜はみずから果てた

今日も暑くなりそうです。

でも、風はあります。

予報では、この後は最高気温が、27℃とか28℃とかの日が続くようです。

そうだといいのですが…。


「村には、桜が何本もあって、それぞれに名前が付いているんですねえ」

売木村ロードマップ「南信州うるぎむら」を見ながら、ブルーベリーのお客様が言いました。

「村の人たちが、大切にしているからだと思います。

都会のソメイヨシノの桜並木とは違って、一本桜なんですよ」

そこから、ついついおしゃべりしてしまいました。

「飯田市の桜も、一本桜です。

昔、お殿様が48箇所のお寺などに、植えさせたとかです。

そのなかに、正永寺の枝垂れ桜がある、あったんです。

もう、大変な老木で、何年か前に見に行った時には、かろうじて花をつけてました。」

以下は、先日、中日新聞に載っていたことの完全な受け売りです。

「もう樹齢400年、幹にウロが出来ていました。

ところが、今にも倒れそうになって、つい先日、もう伐ってやろうと、手配したそうです。

すると、いよいよ伐るというその朝、30分前に、ドーンと自分で倒れたそうです。」

「伐られるくらいなら自分で、と言うことなんですかねえ。わかったのかなあ」

「でしょうかねえ。

おまけに、境内にはいろんなものがあるのに、そこは避けて、何にもないところに倒れたとか。

中日新聞に書いてあったから、本当のことなんでしょうねえ」

まったく、話している当人にも、にわかには信じがたい話です。

400年間、よく人々を楽しませてくれたことでした。









コメント
コメントする