ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自作マシーンのなごりは今も


「簡単ですよ、作ってみなさいよ。材料は、電動ドリル、ラジコンカーの車輪、ビニールパイプくらいのものです。」
 ある時、練習試合に行った先で、生徒たちが卓球マシーンを使って練習をしているのを見ました。どんどんピン球が送り出され、生徒たちが順に受けながら、とてもリズミカルに動いていました。

 あんなのがあったら、ずいぶん上達するだろうな、と思いました。どうしても欲しいと思いましたが、もちろん、学校が買ってくれるわけはありません。
 ピン球だって乏しくて、へこんだら、やかんの湯の中に入れて、ふくらまして使っていた時代でした。リサイクルなんていうと聞こえはいいけど、変なバウンドのする魔球だらけの世界でした。もちろん、私財を投げ打つにしても、何十万円もの大金が必要でした。

 ところが、近くまで行ってみると、なんとなくマシーンの感じが変です。良く見ると、手作りのようでした。
「買えるわけなんか、ありませんからねえ。子どもたちも楽しんでやりますし、根気良く練習するからいいですよ」

 それで、さっそく材料を買いに行きました。電動ドリルはかなり値が張りましたが、「目指せ県大会」であれば、仕方がありませんでした。
 ラジコンカーの店には、そのとき初めて入りました。そういう店に、普段から出入りするような人間だったら、もう少し完成の可能性はあったかもしれません。

「おかしいですねえ。それでうまく、ピン球が飛び出す筈なんですけどねえ。」
 どんなに工夫してもピン球が飛び出さなくて、電話をかけたら相手の顧問の先生は、そう言いました。うまくできないほうがおかしい、という口ぶりでしたが、それでもピン球が飛んでいくことはありませんでした。
 あとになって、その顧問が技術の先生と知って、少しばかり傷ついた心を癒すことができたものでした。

「先生、僕たちが完成させましょうか」
 数年後、数学の授業中にその話をしたら、生徒たちから熱い申し出がありました。

「先生は50分のうち、30分は雑談だ。」と言った生徒がいましたが、それはいちじるしく正確さを欠くというものでした。せいぜいいつも、雑談は20分位でした。その分、ずいぶんやる気でみんな授業をやったものでした。本当です。

 余談はさておき、せっかくの生徒たちの奇特な申し出だったのに、聞き流してしまいました。決して、気を悪くしたからではありません。
 ちょっと無理だろうな、と思ったのでした。ラジコンカーの車輪も、不燃ごみに出してしまっていましたし・・・。
 でも、今思い出してみると、悔しいけれど、生徒たちなら見事完成させたろうな、と思います。惜しいことをしました。

 ただ、おかげで今も、電動ドリルだけは、手元にあって、本来の目的に使用しています。



 



コメント
コメントする