ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自費出版本、「販売促進活動」に着手


「すみません、自費出版の本を、置いていただけますか」
「大丈夫ですよ。今、係りのものをよびますから・・・。事前にお約束はありましたか」
 もちろん飛び込みです。でも、とても親切にしていただきました。飯田市はアップルロードの平安堂での、昨日、お正月3日のことです。
  
 自費出版を考えている人は、自分だけではないと思うので、参考までに、少しずつ記していきたいと思います。
 なお、費用などについては、「自費出版パレード」を検索するとわかります。

 もともとの製本総数が、わずか500冊です。そのうち半分くらいは、取次店を通して、書店に並べられるそうです。それが全国に散らばるとすれば、書店で見かけることは少ないでしょう。
 書店で見もしないで、注文してもらうなんて、無理な話です。第一、本の存在を知らない人が、ほとんどですから・・・。
 
 手元には、我が家へ配送された分が、何冊かあります。
 せめて、長野県飯田市と、愛知県尾張部のほんの一部の書店には、宣伝を兼ねて、それらを置いてもらうよう頼みに行こう、と思いついたのです。
 今日は、その販売促進活動の「栄えある」第一日目です。

 まず、係りの人の示す書類に、住所、氏名、書名などを記入しました。
「何冊、お預けになりますか」
「普通は、みなさん、何冊くらいですか。(ほとんど売れるわけないけど、思い切って5冊にしておこうか)」
「そうですね。10冊から20冊くらいです」
「(えーっ、そんなにたくさん。売れ残ってあとで恥をかく。まあ、いいか。) すみません、この包みが15冊だから、それでいいですか。」
「わかりました。取り分は、なんパーセントでよいですか。」
 それもお任せにしましたが、納得の数字でした。
「では、この納品書にも記入をお願いします。売り切れましたら、連絡いたします。様子を聞いていただいてもけっこうですよ。」
 まさか売り切れなんて、と思いましたが、それは言いませんでした。

「あのー、ブログに書いてもいい・・・」
 途中で引き返して、最初に受付をしてくれた女性に聞きました。
「ええ、もちろんです。しっかり書いてください。」

 というわけで、ひとまず飯田市アップルロードの平安堂に
『ラーパーさんの「花の谷」だより(1,000円)」
 が、なんと15冊も、置いてあるはずです。

 愛知県尾張部へは、来週中には、でかける予定です。

 なお、書店によっては、自費出版の本を取り扱わない店もあると、以前、聞いたことがあります。 

 写真は飯田長姫高校北西の「茶房 木々」から見た飯田市街、
コメント
from: ラーパー   2007/05/15 9:15 PM
 はい、つけました。
 費用など、その資料が今見つからないのですが、「自費出版P−press」で検索すると、わかると思います。
 (実は、今検索してみたのですが、急いだせいか、わかりませんでした。そこ、つまりパレード社へ直接問い合わせすれば親切に教えてもらえると思います。)

 ただ、本が出来てしまってからではどうなるのか、専門的なことはわかりませんが。

 本屋に直接本を持ち込んで、預かってもらえるならコードはいらないのですが、なかには出版社から取り寄せるからコードを教えて、という本屋さんもあります。
 たぶん図書館関係の場合も含めて、コードはつけたほうがなにかと便利と思います。

 本屋さんに置いてもらうことについては、かなりいろいろ経験しました。
 あちこちで、ずいぶん親切にしてもらいましたし、自費出版を目指す人の参考になるか、と思うことはいくつかあります。

 具体的には、メールで問い合わせていただければ、お答えできることもあるかもしれません。

 

 
 
from: manatea   2007/05/15 5:10 PM
はじめまして!私も絵本を自費出版しました。
それでいろいろ雑貨屋を中心に周っているのですが
ラーパーさんは図書コードなど付けられているのでしょうか?私の本には付けていないので、今どうしようかと考えています・・・。
from: ラーパー   2007/01/05 7:37 AM
 本当に置いてあったんですね。場所は想像つきます。感激です。
 ありがとうございます。
from: ひらひら   2007/01/05 12:28 AM
わ〜い!
明日、お昼に仕事が終わったら、帰りにさっそく平安堂に行ってきまぁ〜す♪
from: かれい♂   2007/01/05 12:12 AM
平安堂で発見しました!

書店の方の入り口から入ると
(左が雑誌で右側がCD売り場で)正面に台があり、
その台の左側に積んでありました
入ってすぐのところです。
コメントする