ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
伊勢神トンネル、火花が出てた


伊勢神トンネルと言うと、旧トンネルのいわゆる心霊現象?が有名のようです。

でも、そのお話ではありません。

以前に、トンネル内で、大型トラック同士が、すれ違った時のことでした。

このトンネル、道幅つまりトンネル幅があまり広くなく、弧状の天井もそれほど高くはないのです。

そのため、大型トラックの荷台のカドが、トンネルの天井をこすって、火花が出ていました。

せっかくのトラックが傷ついて、運転手さんはたまらなかったことでしょう。

けれども、いつのまにか、トンネル入り口に、「トンネル内大型車」だったかの文字が出るようになりました。

その表示を見て、トンネル入り口で待機するため、火花を見ることはなくなりました。

でも、火花の証拠というか、天井に線状に傷が残っています。

このトンネルのある国道153号、名古屋と飯田を結ぶ大事な幹線です。

たぶんこのトンネルが作られた頃には、こんなにも多くの金属の幌のついたトラックが、行き来するとは思えなかったのでしょう。

より大きな第三のトンネルが作られると良いのですが、今のところそんな話は聞かないと思います。






- | 07:49 | comments(2) | -
コメント
from: ラーパー   2019/03/27 6:30 PM
こんにちは、
パネルバントラックと言うのですね。知りませんでした。
工事のことも、何かやっているらしいのは気がついていましたが、川に降りていくところが、大きなカーブになっていて、そこを真っ直ぐにするため橋を架けるくらいに思っていました。
第三のトンネルとは嬉しいですね。
けど、この年令では恩恵にあずかれるかどうかの方が問題です。
でも、いいですね。
from: 飛魔人   2019/03/21 10:32 AM
こんにちは、お久しぶりです

伊勢神トンネルは1960年開通と高度経済成長時代に建設されたトンネルですが、
当時の一般国道としては珍しく、道路公団(現NEXCO)によって建設され、当時としては高速道路並の高規格トンネルでした。
ただ、1970年代後半頃から普及しだしたパネルバントラックには高さが足りずと、まぁ1960年代建設のトンネル共通の悩みですね。

トンネルの改良事業については、2012年度より新トンネルの建設を含めた工事が開始されています。
足助側の車線変更(上下線分離)もその一環ですね。
詳しくはこちら→ http://www.cbr.mlit.go.jp/meikoku/jigyo/anshin/pdf/isegami.pdf (PDF注意)
国土交通省名古屋国道事務所発行のパンフレットです
コメントする