ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
巨大薪割り機でのお手伝い


ある若者が、木を切って炭焼きをするというので、何度か、見学兼お手伝いに、行っています。

先日は、エンジン式の大きな薪割り機で、コナラの木を割るのを手伝いました。

長さが1メートル、直径が太いものでは30センチメートルもあるコナラの木です。

わが家にも薪割り機はあります。

でも直径20センチメートル、長さ40センチメートル程度の原木を割るくらいが限界です。

1メートルの原木は、エンジン式の本格的なものでないと、無理。

手順は、まずそんなとてつもなく重いのを、転がしてきたあとに持ち上げて、薪割り台に載せます。

もちろん、ここでは自分は一切手出しはしません。

危ないのです。

手を出させてもらえない、と言うべきでしょう。

次に、若者は、レバーのスイッチを手前に倒して、薪押しピストンを動かします。

この時初めて、自分はレバーでチョークを絞って、エンジンを全開する手助けをします。

すると薪が刃に押し当てられて行って、薪が割れます。

それを見て、自分はレバースイッチを、逆に向こうへ倒して、薪押しピストンを戻します。

若い相棒は、割れた薪を薪割り機から外します。

しばしば、原木がすっきり割れなくて、ナタで切り離したりもしなければなりません。

それから、若者が新しい原木を薪割り機にセットして、次の薪割り作業が始まるのです。

つまり、自分の手助けを作業はと言うと、薪割り機近くに座り込んで、レバーを二つ動かすだけ。

それでも、若者の動く範囲は相当程度軽減されると、思っているのです。


コメント
コメントする