ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
寒冷地の暖房、なにかいいもの無いの。ガスボンベ缶タイプの灯油ボンベ缶があればなあ。


「ファンヒーターねえ、石油を運んで入れるの、年取るときついわ。エアコンを入れようかしら」

あるお年寄りが言いました。

「そんなの電気代が大変だよ。買うにも大金がいるし…。ここの寒さじゃ、暖ったまりも悪いだろうしねえ」

「そんなら何がいいだろう。電気ストーブも電気代が高くつくだろうし」

「ガスだと便利だけど、配管の工事代がいるし、ガス代だって高いしねえ」

なにしろ、多くは年金が、月数万円なのです。

もちろん、薪ストーブなんて工事費もいるし、薪の用意が大変です。

いつまでも暖かさがあるのはいいけど、薪ストーブ狂でないとやっていけないのです。

結局、ファンヒーターがいちばん安くて便利、老人には助かるみたいです。

ガスも電気もエネルギー補給が楽なんだけど、ランニングコストが高くつく。

逆に石油ファンヒーターは、エネルギー補給が年寄りにはきついのです。

だったら、メーカーさん、考えてくれませんか。

蛇口のついた灯油缶があると、いいのに…。

その灯油缶とセットで、灯油缶のそばにぽんと置いたら、自動的に給油されるファンヒーター用カートリッジ缶。

今のカートリッジ缶の半分くらいの大きさの軽いのを、二個セットで売ってくれたらいいと思います。

と言うか、いっそ灯油の入った軽めの灯油カートリッジを、売ってくれないものか。

でも、それは消防法とかなんとかでダメでしょうね。

それに高くつくのかな。




コメント
コメントする