ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2018年のブルーベリーは


7月1日に開園した花の谷のブルーベリー狩り、その日こそ少しお客様がありました。

でも、2日、3日はほとんど無し。

そして4日から7日までは雨ばかり、あの西日本の豪雨災害があった時です。

というわけで、本格的な開園は7月8日から。

それでも、海の日三連休の7月15日までは順調でした。

ところが、そのあとはなぜか訪れる人も去年より少なめ。

ブルーベリーの方はといえば、今年に限って実りすぎ、枝が折れそうになるくらいの大豊作となりました。

などと言っているうちに、村始まって以来と思われるような酷暑、そして旱天。

ブルーベリーの木によっては、実がドライフルーツみたいになってしまうほどになりました。

もちろんそういう実は、食べてもさっぱり美味しくないのでした。

それにしても、来園数激減の原因はなんだったのか。

暑くなりすぎて、外出が控えられた。

ガソリンの暴騰。

ブルーベリーに飽きがきた。

自然志向の年代層の高齢化。

などなど、まだまだ考えられそうですが、よくわからないのです。

なお、この夏の酷暑と旱天は当地でもずいぶんひどくて、これでは来年の実りは大丈夫か、と思えるほどでした。

でも、来年のための花芽は、ちゃんと付いているようです。

お休みする株もあるだろうけど、全体としては大丈夫、と思っています。





コメント
コメントする