ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブルーベリー畑、水没か。


今朝6時頃、何気なく白樺ブルーベリー畑を見降ろしました。

はて、なにか水が溜まっているような…。

台風20号による雨が、午後にはかなり降りそうな予報が出ています。

でも、今のところ水が溜まるような雨など、降っていないのでした。

あんなところにとは思うけれど、水道からの漏水だろうか。

あるいはイスイ、つまり用水からの漏水かもしれない。

水道の方は、井戸ポンプの音がしてないのを確かめて、無罪放免。

白樺ブルーベリー畑に降りていくと、土手からかなりの勢いで、水が吹き出しています。

土手の上の用水から、漏れ出ていることは、明らかでした。

早速近くの農家に連絡。

わが家は田んぼは無くて、用水にはタッチしてないのです。

しばらくすると、近くの農家から若手が駆けつけてくれました。

若手といっても、70歳にかなり近い人です。

「何でもかんでも、全部ひとりで引き受けて、やらないかんみたいだねえ」

「この先ずーっとそうなるだろうなあ」

とにかく、この人より若い人は、ほとんどいないのです。

それはさておき、大昔に水を落としていた堰口の板が、腐って穴が空いたのでした。

「もう30年以上も昔の板だわ。その前はここも田んぼだったでなあ」

白樺ブルーベリー畑も、昔は田んぼだったのです。

その後、休耕田になって、ススキやら柳やらが生えて来ていました。

そこに、街から来た変わり者が、ブルーベリーを植えたのでした。

用水を勢いよく水が流れているのに、上流の水門で止めもせずに、板の取り替え作業が行われました。

板、ノコギリ、槌、肥料の入ってたビニール袋が、用意してありました。

水門で水を止めてだったら、下流の田んぼの農家が、びっくりしたことでしょう。

しばらくすると、吹き出る水は止まりました。

すごい、自分には到底できなかったでしょう。

かくして、ブルーベリー園花の谷、白樺ブルーベリー畑は、水没を免れたのでした。

それにしても、どんどん年月は経って、施設設備は古くなるばかり。

なのに、手入れできる人は減るばかり。

多分日本中どこでも。

どうしたらよいのでしょう。


コメント
コメントする