ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブルーベリー園主の朝


ブルーベリー狩りの期間、園主はといえば、受付あたりで、のんびりウロウロ。

どうもそういう誤解もあるみたいです。

すでに、今年のブルーベリー狩りは終了。

やることはあるけど、この雨ではできないまま、日が過ぎていきますが、参考までに、開園当時の毎日を…。


朝は5時起きでした。

と言うか、4時30分過ぎには目が覚めて、おもむろに脊椎管狭窄症を治すためのストレッチ。

でも、ちっとも治らない。

それはさておき、畑とハウスへ行って、野菜の点検、収穫、あるいは草取り。

今年、好調なのはインゲン、トマト、キュウリ、ピーマンくらいでしょう。

自然農法のつもりはないけれど、草だらけ、人には見せられない。

次に、七つのブルーベリー畑の巡回。

ヤブガラシなどを抜いたり、はみ出した枝を切る、あるいは、傾いた幹を縛る。

滅多にないけど、ゴミを拾う、案内板やハシゴなどを点検する。

ブルーベリーをあちこちつまんで、味見をする。

蜘蛛の巣を手で払ったり、体ごとぶつかって行って取り除く。

そんなことをして、歩き回っていると、7時半近くなってしまいます。

でも、歩くことは、脊椎管狭窄症にも良いそうなのです。

そのあと、急いで家に入って、朝ごはんを食べながら、BS朝ドラの東濃弁をチェックする。

どうでしょうか。

朝メシ前にだって、園主はこれだけ働いていたのです。

そうそう、日によっては、ジャム工房花の谷に納入するべく、ブルーベリーの実の収穫をする時もありました。

しかし、その話は別の機会に。




コメント
コメントする