ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
落ちた話
 受験シーズンの真っ只中に「落ちた」話で,受験生の揺れ動く心を逆なでするなんて,どういうやつだ,と思われるでしょうか。
いや,むしろこれで落ちないように厄払いするんだ,とここは前向きに考えましよう。

 それにしても,40年も前の,関係者どころか,もしかすると当事者さえ覚えてないかもしれない話です。こんな話を持ち出してくる当ブログの筆者はよほど奇妙な精神構造ないしは頭脳構造の持ち主に違いありません。
 当時も顔見知り程度で,卒業後はまったく音信不通のお二人の方,どうぞお許しください。なつかしく思い出しています。

 ある夕方,某大学寮の二階の一室で,何人かの寮生が駄弁っていました。当然,酒を飲んでいたとしても,なんら問題はないわけですが,そういう確たる証拠はまったくでてきませんでした。
 そのうちに,ひとりが立ち上がって窓辺に行き、手すりに手をかけました。外の景色を見るつもりだったのか,天気を見るつもりだったのか,あるいはまた,ありそうもなかったけれど,美しい女性の声でも聞こえたのか,それもわかってはおりません。
 そして、目撃者の話では「突然消えた」そうです。ものすごい物音と一瞬の間があったのち,「落ちた」と気がつきました。
 あわてて階段をかけおりて外へ出てみると,壊れた手すりの残骸の上に,うつ伏せに倒れていました。幸いにも,命には別状はなくて,数日間の入院ですんだと記憶しています。
 古くなった寮の建物が原因でした。手すりが壊れていたのです。
 今だったら管理責任とかいろいろ大変だろうけれど,そういう話はなかったように覚えています。

 同じ頃の,やはりその某大学のそれも同じ寮生の話が,もうひとつあります。
 彼は,友人とふたりで酒を飲んで,お城に行ったようです。ふたりで石垣のそれも少し高くなったへりにのぼって,騒いでいた。
 すると,やはり目撃者の話では「突然消えた」そうです。一瞬の間があったのち,「落ちた」と気がつきました。
 酒の酔いもいっぺんに醒めて、あわてて、堀まで回ってみると,泥のなかに倒れていたそうです。見舞いに行った記憶もありますし,こちらのほうが入院期間は長かったと記憶しています。

 以上,「老人のばかばかしい昔話に,仲間の老人たちは,またかと顔をしかめ,賢い若者は,静かに耳を傾け,そんな話からさえ,いくらかの教訓を引き出す。」
 です。

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/36