ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
巣箱の住人


桜の木の高いところにも、2年前に巣箱を取り付けてありました。

そのままにしてあったので、脚立を持って行って、取り外してみました。

掃除をしてやろうと思ったのです。

屋根の板を取ってみると、中には落ち葉がたくさん入っていました。

もちろん、出入り口の丸い穴から、落ち葉が自分で入り込んだわけはありません。

一瞬、どうしたんだろうと思いました。

他の巣箱は、底の方に厚くコケなどが敷き詰められていて、小鳥が使ってくれたと納得しています。

屋根のフタを外して覗き込んだら、卵を温めているお母さん鳥と、目があったこともあります。

どうして落ち葉が入っているんだろう。

ひっくり返してみると、落ち葉の下にはコケなどが敷かれていました。

下の写真は、わかりにくいけれど、そのコケなどと落ち葉です。

そうか、1年目は小鳥、2年目は何か他の動物が落ち葉を入れて、暮らしたのかもしれない。

出入り口の穴が小さいけれど、ムササビあたりは、出入りできそうに思います。

この巣箱は、家のデッキのすぐ向かいにあります。

「小鳥が出入りするのを見たことがない。使われてないんじゃないの」

確かに、わが家ではそう思ってきました。

ちゃんと小鳥さんが使った時もあったし、なにか他の動物の時もあったみたいなのです。

けど、落ち葉の上で寝た様子は、なかった気がします。

何枚も、巣箱の中に詰め込んだ様子でした。

なんだったのでしょう。

待てよ、春がきて何かの動物が、巣を作り始めたところ、だったかもしれません。


コメント
コメントする