ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
センベイグローブ。 でもそれは断固拒否
 ランドセルを玄関に置くと,すぐにまた小学校に戻りました。毎日毎日,野球ばかりやっていました。
  
 そのころ,子ども心にも,母の言いつけに,いつも頭を悩ましていました。
「お寺の鐘がなったら,すぐに帰って来なさい」

 ところが,子どもたちの間にはルールがありました。
 「打ったあとは,次の回を守ること。それからでないと帰ってはいけない。」

 それでいつも頭を悩ませました。
 お寺の鐘の鳴る直前に限って,打順がまわってくるのでした。
  せっかくだから打ちたい。でも,打つと守ってからでないと帰れなくなる。
 それでは,鐘が鳴ったら帰って来いという母のいいつけを守れなくなる。いつもその繰り返しでした。
 いっそ,守り終わったときに鐘が鳴ってくれたら,あきらめがつくのに,そうはなりませんでした。
 
 それはさておき,そのころは,野球といってもバットもグローブもありませんでした。柔らかいボールを手ごろな木の棒で打って,素手で受け取っていました。
 むろん,ベースなどあるわけがなかったけれど,これは棒切れで地面に四角を書けばよく,気の利いた者はその上に草をちぎってきて置いたりしていました。

 ある日,東京へ出て小さな運動具店を始めたばかりの叔父さんが,よほどかわいかったのでしょう,かわいいかわいい甥(むろん,わたくしのことです。)のために,なんと皮のグローブを送ってくれました。
 そのグローブこそは,自分たち村の子どもたちにとって初めてのものでした。

 もちろん,自分が守備のときは自分がはめました。
 守備が終わって交代のときは,順に仲間に貸しました。軽く放り投げて,受け取ってもらいました。
攻撃が終われば,投げてもらって今度は自分が受け取るのでした。
 今でも,グローブが空中を飛ぶさまをよく覚えています。

 ところが,使い始めてしばらくしてわかたことなのですが、このグローブは不思議なグローブでした。
 どうして,あんなグローブが作られたのか,また,どうして叔父さんはあんなグローブを送ってくれたものなのか。
 今となっては,いやそのころでも聞くわけにはいきませんでした。
 (「その2」へ続く)

 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/35