ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
蛾の世界のキューちゃんは、宝石のようにきれいな繭


ブルーベリー畑で剪定をしていたら、黄緑色の繭を見つけました。

宝石のようなとてもきれいな色です。

なんの繭なのか、以前にも書いたことがあると思ったけれど、どうだったか忘れています。

さっそく、検索してみました。

ウスタビガ。

今の時期に成虫が出てるそうで、どうやら空き家のようです。

写真のように、穴が空いていますが、そこから出たようには思えません。

そうか、振ってみれば、カラかどうかわかったかもしれません。

卵を繭の外側に、産み付けることがあるそうですが、見当たりませんでした。

この時期に見つけたのは、ブルーベリーの葉が散ったからでしょう。

カラだから外敵に見つけられても、あんじゃない、心配ないと思います。

けど、ちょっと目立ちすぎないでしょうか。

いや、そんなことより、幼虫を突っつくと、キュー、キューと鳴くとか。

コーギー犬キューちゃんならぬ、蛾のキューちゃんのようです。

幼虫を見つけて、やってみたい気はしますが、芋虫、毛虫系は、得意ではないのです。



コメント
from: ラーパー   2017/11/22 2:12 PM
動画を見ました。
脱皮した抜け殻を自分で食べるとか、水抜き穴を作っておくとか、
とにかくすごいですね。
あれだけの繭糸を出せば、ずいぶん体力を消耗するだろうなと思ってしまいます。
とにかく、びっくり感動です。
from: ぽんぽこ   2017/11/21 6:14 PM
ウスタビガの繭は上の方が開いたり閉じたりして蛾が出て行ったあとは閉じてます、指でつまめば開くと思います。
下の穴は卵を産み付けた繭が雨がたまらず長持ちするためかもしれません(確かではありません見当です)
6年前のユーチューブ動画です。
https://youtu.be/9xU8PPKrgCY
コメントする