ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
入学早々、教頭先生の手帳につけられた


「宿題がありましたね。忘れた人は立ちなさい」
 中学校へ入学して、二回目の数学の時間でした。なぜか自分たちのクラスは、なんと教頭先生の授業でしたが、その教頭先生が厳しい声で言いました。

 そして、その瞬間まで、前日の授業で宿題が出ていたことを、自分はすっかり忘れていました。もちろん、宿題そのものは簡単なもので、とにかく忘れないでやってきなさい、という程度の意味のものだったのでしょう。忘れていなければ、当然やって来れたはずのものでした。

 実は、誰もがなんなくこなしてしまうことを、おもいっきりポカするのは、自分の得意技のようなものです。これまでの61年間の人生の中で、なんどそういう目に合ってきたことでしょう。いや、してきたことでしょう。
 (ですから、このブログを読んでいる小中高生の皆さんが、もしいるとしたら、安心してよいでしょう。)
 
 仕方がないので、椅子から立ちました。60人ほどの学級の生徒の中で、同じ小学校から来たものは、10名足らずでした。あとはまだまったく知らない他の小学校からの生徒ばかりでした。おまけに、宿題を忘れて立ったのは、自分のほかは、なんと同じ小学校から来た女の子が一人いるだけでした。
 でも、その屈辱よりももっと自分にとって、いやな気持ちにさせられたことがありました。

 「名前を言いなさい」
 教頭先生は、ポケットから小さな黒い手帳を取り出しました。そして、鉛筆で、宿題を忘れた間抜けな二人の生徒の名前を書き込みました。たとえが古いですが、文字通り閻魔様の手帳でした。

 なんだか自分の三年間の中学校生活は、どんなにがんばっても、結局、あの偉い教頭先生の手帳のところまで、引き戻されてしまうような気がしたものでした。

 などという高尚(?)なことは、単純な自分は言葉では思いつきませんでした。でも、ずーっといつまでも、いやな気持ちをひきずっていたように思います。
但し、そのことで教頭先生や、数学が嫌いになる、ことはなかったようでした。それだけの魅力のある教え方だったのでしょう。それに、忘れた自分が悪い、というだけの話でした。

 授業や評価に役立てるために、授業中に、子どもの活動を事細かに、子どもの目の前で、メモするようなことは、自分はしませんでした。もちろん、いまの若い先生たちは、実際に自分の手でやってみた上で、その是非を考えたほうがよいと思います。
 でも、絶えず子どもたちの反応をいっしょに楽しんで、多少なりとも、愉快なやる気の出る授業を、心がけたつもりはあります。 
 
コメント
コメントする