ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
薪置き場をどこにするか


薪ストーブの記事というと、機種や薪のこと、あるいは煙突のことも、多いと思います。

でも、薪置き場のことは、あまり話題になりません。

薪ストーブの近くに、たった2、3本の薪が置いてある写真さえ、雑誌では見かけたりします。

ずっと以前に、薪ストーブは薪大食い怪獣と、書いたことがありますが、それは不変の事実です。

で、その室内での薪置き場について、まず一言。

ある程度、広ければ広いほど良いのです。

と同時に、できれば掃き出しに接して、薪置き場があると、本当に便利です。

一輪車で運んで来た薪をそのまま、つまり靴を履いたまま、室内の薪置き場に運び入れられる、と都合がいいのです。

わが家は、掃き出し、薪ストーブ、薪置き場の順に並んでいます。

このため、搬入時にストーブの前に、木くずがこぼれて、掃除をしなければならないことがよくあります。

薪の動線を考えることがたいせつなのです。

動線といえば、外の薪置き場も一工夫したいところです。

家の中から、薪が取れるのは本当に便利です。

ただし、家の壁に接して薪を置くのは、シロアリの発生とか、湿気の問題とかが出てきます。

薪の用意は楽しいことが多いのですが、重さとゴミがちょっと、というところです。
コメント
コメントする