ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
痛恨の外出、分蜂だったのに2


「やっぱり2番目か3番目のだろうな。オヤの数が少ない」

家の前を通りかかったら、○○さんが日本ミツバチの巣箱の前に、立っていました。

オヤと言うのは、働き蜂のことです。

確かに6月中旬過ぎでは、高原の売木村でも、分蜂は遅いほうでしょう。

1番目分蜂とか、2番目分蜂とかは、どこへ行ったのか、気になります。

たぶん、山の中で自然の巣を、作っていることでしょう。

せっかく分蜂の電話があったのに、外出中のために、泣く泣く○○さんに、捕獲権を譲ったのでした。

でも、無事捕獲できたようで、良かった。

「けど、恵まれすぎだがね。蜂は来るし、若いのがふたりも、近くの空き家に入ってくれるし」

○○さんが、目を細めるようにして、蜂の出入りを見守っているので、ついつい突っ込んでしまいました。

「ほんでもなあ、農機具は貸さなかんし、野菜の作り方も教えなかんしなあ」

そう言ってても、なんかうれしそうでした。


明治からこのかた、田舎は都会に奉仕してきた、とこの頃よく思います。

きわめつけは、人材の提供でしょう。

農産物、木材、あるいは山などを売って、子どもたちに教育をつけさせてまで、都会に差し出してきたのです。

この頃のIターンの若者は、その返礼、都会からの感謝のお返し、と言ってよいと思います。

喜んで受け取って、これからの田舎のために、手を貸してもらったら、と思うようになりました。
コメント
コメントする