ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
学校から連れ帰った白い子犬(その2)
 玄関に出てみると、近所のご夫婦が、白い子犬を抱いて立っていました。
「この犬を飼ってもらえませんか。お宅だったら、今は犬がいないし、飼ってもらえそうな気がしたものですから」

 柴犬の小太郎が、はやりやまいのジステンパーで亡くなって、何年も経っていた頃でした。小太郎をとてもかわいがっていたおじいさんも、すでにいませんでした。
 学校帰りの小学生たちが、つけて騒いでいるのを、あずかってきたということでした。
 それで飼うことにしました。
クッキーを食べながら名前を考えたので、自然にクッキーと言う名前になりました。

 生まれてからしばらく野良犬の時期があったみたいで、少しさびしそうなところがある、とは奥さんの感想でした。
 それでもすっかりなついて、我が家の大事な家族になりました。
 このクッキーには散歩のとき,偶然なのか命を救われたことがありますが、それは別の機会のお話です。

 ある日、探し物で引出しをかき回していると、古ぼけた写真が出てきました。
 見ると、クッキーが写っています。不思議に思って、奥さんに言うと
「本当ね。どういうことかしら。ああ、これはチビだよ。隣りのジョンの小さいときの写真だわ。クッキーと、こんなにそっくりだったんだ。」

 確かに学校から連れて帰ったジョンでした。それにしても、どうしてこんなにクッキーにそっくりなんだろう、と不思議に思ったことでした。

 そのうちに、お隣りでも妙なことが起きました。ご主人がある夕方
「お隣りの庭にジョンがいるぞ」
と言ったそうです。
仕事が忙しくて、新参のクッキーのことは、知らなかったみたいでした。
それにしても、ジョンがいなくなったのは、もうずっと昔のことだったのに・・・。
 でも、そのころも、どこの家でも男たちは、そんなふうに朝早くから夜遅くまで、懸命に働いていたのでした。

 それはともかく、ジョンとクッキーがそっくりだから、お隣りのご主人も勘違したと思います。
 もしかしたら、クッキーはジョンの子孫なのかもしれない、と思いつきました。
あの学校から連れて帰った白い子犬の子孫が、このあたりで飼われたり、野良犬になったりして、暮らしているのかもしれない。

 そういえば、ジョンのあとに、お隣りで飼われている老犬のシロも、近くのお店で、ダンボールの箱の中からもらってきた犬だそうです。
 その名のとおり、ジョンと同じ白い犬ですが、ただ,ジョンとは違って、小型犬だから、名前だけのことかもしれませんが。

「クッキー、おまえはチビのひ孫くらいかも知れないなあ。」
 時々、そんなふうに話しかけたりしましたが、もちろん、それはクッキーにもわからないことだったでしょう。

 まぎらわしいところもあるので、下に、少し整理してみます。

ジョン(=チビ)
 学校から連れ帰った白い子犬。お隣りで飼われ,ある日行方不明に。
クッキー 
 近くで小学生が拾う。我が家で飼う。ジョンとそっくり。
シロ
 近くのお店からお隣りがもらってくる。現在,非常な老犬。白い小型犬。

柴犬の小太郎
 チビを学校から連れ帰った頃、我が家で飼っていた犬。上記の犬たちとはまったく別のところで生まれた犬


 今は、野良犬を見かけることも少なくなった気がします。
 クッキーのあとに飼っているコーギー犬「ソラ」は、我が家では初めての「購入犬」です。
 もう、子犬を拾って来て飼う時代ではなくなったのかもしれません。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/20