ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
女将が襖を開けた時


「ここって、来たことがあるんだろうか」
温泉街の小さな古い宿の前で、そう思いました。

もちろん、来たことなどあるはずもありませんでした。そして、今日と違って、映像などで宿の様子をあらかじめ見る機会も、ほとんどあり得ない時代でした。

でも、和風の庭の宿のたたずまいは、確かに以前に見たことがある、と思えて仕方ありませんでした。既視感、デジャヴというのは、あのようなものなのでしょう。

今から50数年も昔、中学生の時のことです。
生まれて始めての家族旅行で、平湯温泉に行ったのでした。その年の4月から、父が飛騨の山奥へ単身赴任していて、それでささやかにして画期的な家族旅行が成立した、と思っています。

実はその日の昼、バスで乗鞍登山をして、ひとり自分だけ、体調を崩していたのでした。
なにしろ、前期初期高齢者のこの年まで、一貫して蒲柳の質だったのです。

部屋に入るなり布団に寝かされてしまいました。せっかくの、日頃の暮らしからすれば途方もないご馳走(だったろうと思います)も、食べられませんでした。

「どうですか、おかげん。大丈夫ですか」
宿の女将さんだったのでしょう。入り口の襖が開いて、正座した中年の女の人が、顔をのぞかせました。

「あっ、この光景、夢で見たことがあったんだ」
布団の中で、突然気がつきました。何日も前、本当に夢で見た光景でした。

いわゆる予知夢とでもいうのでしょうか。もちろんそのような言葉など知る由もなく、口にこそ出さなかったけれど、ただ不思議に思いました。

そして、かくも恐怖に満ちた不可思議な体験をしたにもかかわらず、体調はといえば、翌日にはすっかり回復して、家族とともに、何事もなく無事に家に帰ることができたのでした。

コメント
コメントする