ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
まさかの初戦敗北、でもみんなが・・・


 まさかの敗北でした。5チームによる予選リーグの初戦の相手には、負けることはないと思っていました。
 それよりもはるかに強い相手が、予選リーグの最後に控えていました。なんとかその相手にも勝って、優勝戦に進出したかったのでした。

 ある年、各郡市の大会を勝ち抜いてきた代表チームによる卓球女子の地区大会のことでした。優勝したチームだけが、地区の60校近い中学校の代表として、あこがれの県大会に出場できるのでした。
 ところが、勝てるはずの初戦が、終わってみたら2−3で負けていたのでした。もうこれで決勝進出はなくなった、と思いました。これまでの努力がこんなに簡単にふいになるとは、想像もしなかった事でした。

「先生、記録してきました。」
 まだ呆然としていると、補欠の選手の一人が、ノートを持ってきました。それは、最後の試合で当たるライバルチームの初戦の克明な記録でした。
 さすがに、卓球の試合は苦手でも、賢くて優秀な生徒でした。頼んでおいた以上のことがしてありました。
「ここまでやってくれたのになあ」
 心の中でそう思いましたが、それを口にする元気もありませんでした。


「今日が中学校最後の試合だから、あとは自分たちの思うようにやれ」
 がっかりした気持ちのまま、みんなを集めて言いました。そのとき、自分は完全にあきらめていたのでした。
 いや、腹を立てていたのでした。
「こんなところで負けるなんて、どういう連中だ」
 
 薄情にも、顧問は完全に試合を捨てていましたが、生徒たちは、次の試合を3−0、その次の試合も3−0で勝ちました。

 そして、予選リーグ最後の試合も3−0。こちらが圧倒的に有利な条件で臨んだとしても、なかなか勝てそうにない相手にも、勝ってしまったのでした。
 すると、思いがけないことになりました。

 自チームと最後の試合相手のチームとが、ともに3勝1敗。そして、勝ち負けの数は
 自チーム    2−3 3−0 3−0 3−0で  11−3 
 最後の相手チーム3−0 3−0 3−0 0−3で   9−3
 まさかの予選リーグ1位、決勝進出となったのでした。

 もう何年も、いろんな大会を経験してきていたのに、自分はそういうことがあることを知りませんでした。リーグ戦はトーナメントとは違うのでした。1度負けたとしても、まだチャンスがあるのでした。
 
 「先輩たち、最初の試合に負けたとき、『あとの試合、全部勝とうね』って、泣きながら言い合ってましたよ。ものすごかった。」
 後になって、二年生の女生徒が教えてくれました。
 そんなすばらしい生徒たちなのに、それにつけても、情けない顧問でした。
 
追記
 「5つの試合のうち、1つ勝てばそれで決勝へ行けるからな」
 相手チームの顧問の先生は、最後の試合の前に、選手たちに言っていたそうです。
 応援に来ていた先生が、偶然近くを通りかかって耳にした、とあとで教えてくださいました。
 それは、明らかに指示ミスです。そんな細かなことなど言わずに、なにがなんでも勝って来い、思い切り戦って来い、と言うべきでした。
 相手は強いぞ、負けるかもしれんと顧問は思っている、と選手に告白したのでは勝てるはずがありません。

 などと、えらそうなことなど、自分は言う資格はまったくないのです。なにしろ、チームを見捨てて、自分たちだけで戦わせたのですから。

 それに、真の勝因はそんなことではなく、生徒たちの最後まであきらめない強い闘志と団結心だったと思います。
 それにしても、いつもいつものことですが、なんとしっかりものの素敵な生徒たちだったことでしょう。 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/168