ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
違ってる、オーダーが・・・


「記録係、オーダーを書いてくれ」
 勝ちたい気持ちが強くて、興奮していたのかもしれません。その時は、記録係を呼んで、オーダーを書かせました。

 卓球の団体戦は、シングルスが4試合、ダブルスが1試合で、3つ取ったほうが勝ちです。
 ですから、相手がうわてで、1人分ずつこちらより強いチームであっても、オーダーをずらすことで、うまくいけば、勝つチャンスが出てきます。
 つまり、シングルスで、相手の二番手にこちらの一番手をぶつけて、三番手にこちらの二番手を、四番手にこちらの三番手をぶつければ、理論上は三人とも勝って、「団体戦の勝ち」になるのです。そんなに計算どおりには、なかなか行きませんが。
 
 それで、さんざんに考えて、オーダーを記録係に伝えたのでした。

 いよいよ卓球台をはさんで整列しました。オーダー交換が始まったとき、隣にいたマネージャーが
「違ってる、オーダーが・・・」
 たしかに違っていました。いい間違えたのかもしれません。書くほうが、聞き間違えたのかもしれません。どちらにしても、マネージャーと話し合ったオーダーではありませんでした。
 台の前で、選手も変な顔をしているように見えました。

「黙っとれ。これでいくしかないぞ」
 思わず小さな声で言いました。下手に騒いで、みんなが始めから負けた気になったらまずい、と咄嗟に思ったのでした。
 試合が始まってみると、どうも相手も警戒して、はずしてきたらしいことがわかりました。こちらが格下と思っていたのに、相手も同じように思って警戒してきたようでした。
 結局、きびしい勝負になりましたが、勝つことができました。

 そのときから、真っ向勝負で行くことに決めました。下手にオーダーを変えても、相手だって変えてくるかもしれません。
 それだったら、小細工をせずにぷつかっていくほうが、勝つチャンスがある、と考えるようになったのでした。
 それに、はずしていくのは、相手は強いと顧問は思っている、顧問は弱気だ、と選手に知らせるようなものではありませんか。顧問が勝てないと思って戦わせるなんて、気の毒な話です。

 それにしても、どこで違ってしまったのでしょう。もしかすると、記録係は記録係で、オーダーを考えていて、それが紛れ込んだのかもしれません。
 あの生徒数激増の時代、卓球部には、運動は苦手でも、いろいろに優秀な男どもが、いっぱい集まってきました。愉快な奇人変人もたくさんいましたが、これはもちろん、顧問に似たわけではありません。
 とにかく、顧問よりはずっとしっかりものの連中が、たくさんいたものでした。

追記
 少子化による部員数不足で、いくつもの部活が維持できなくなると、卓球部は真っ先に廃部の対象になりがちです。
 で、卓球部の顧問同士が集まると、
「でも、運動は苦手だけど、中学生になったんだから、思い切って運動をやってみよう、卓球くらいだったらできそうだ、の子もいるからねえ。そういう子たちの行く先がなくなるのもどうかと思う」
 もちろん、卓球大好きで入ってくる運動得意の子もたくさんいますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 写真は、キスゲの仲間
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/158