ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ひとつのことを繰り返してやってるだけ


「結局、ドッグフードの缶詰が、いちばんおいしかったわ」
 留学するご主人とともに、渡米したことのある先生が、ある時、話してくれました。昭和30年代の前半のことか、と思います。

 船でアメリカ西海岸まで渡って、そのあとは、大陸横断鉄道で東海岸まで行った、とのことでした。もちろん、飛行機に乗るお金がなかったからです。
 途中で、列車が駅に停まると、食べ物の買い出しに行くのだけれど、普通の食べ物は買えなくて、ご主人と二人で、毎日毎日、ドッグフードを食べながら、旅をしたのだそうです。

 でも、それはそれで素敵な旅だったように思えます。

 その英語の先生の授業は、特別なものでした。
 授業の前の休み時間になると、ほとんどの生徒は、授業の準備で必死でした。次の時間がたとえ数学の授業であっても、そのあとの英語の授業のために、休み時間を費やしているのでした。
 
 そして、英語の時間が終わった後は、たいていの生徒がぐったりしていました。
一時間の間、次々に何度でも指名されたりするのか、息をつく暇もないと、生徒達は言っていました。
 怖いお話や不思議なお話などと、遊んでばかりいる某数学教師の授業とは、全然違っているみたいでした。

 そのころは、模擬テスト全盛の頃でしたが、その先生が教えるクラスの英語の平均点だけが、いつも県内でひとケタ前後の順位でした。
 といって、他の教科の平均点だって、名古屋近郊のごく普通の中学校にしては、たいしたものだったのに、とにかく、ぬきんでていたのです。
 むろんテストの点数だけが、すべてではありませんが、ある程度、点が取れてこそ、他の議論もできると思います。

「授業中によほどレベルの高いことをやっているのでしょうね」
 ある日、思い切って、尋ねてみました。
《でも、そんな高いレベルの授業によく生徒たちが、ついてくるものですね》
 とは、さすがに言えませんでした。

 「私はレベルの高いことなんてやってないよ。簡単なこと、ひとつのことを繰り返してやっているだけ」
 返ってきたのは、意外な言葉でした。

 そんなことがあるのでしょうか。簡単なことを繰り返してやっているだけで、あんな高い平均点が取れるわけはないのに、と不思議に思ったことでした。

 ずっとあとになって、部活で気がついたことがあります。
 年によっては、レベルの高い子どもたちが、集まってくることがありました。そういう年に、期待を膨らませて、高いレベルの練習をしたり、あれもこれも練習したりすると、思ったよりも勝てませんでした。
 逆に、これではと嘆きながら、基礎的な練習ばかり繰り返したときに、思いもかけない成績を、収めることができたのでした。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は丁字草
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/152