ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クッキーよありがとう
 

団地の外まできて、四つ角で右へ曲がろうとすると、どうしたことか、わが愛犬クッキーは、座り込んでしまいました。珍しいことでした。
 無理に引っ張ってみましたが、首で綱を後ろに引くようにして、がんとして動こうとしません。
 何年か前の、ある夏の夕方のことでした。

 右へ行けば、すぐに広い通りを横断して、あとは田んぼが広がる絶好の散歩道です。クッキーも好きなコースのはずでした。仕方がないので、四つ角を反対方向、左に行くことにしました。
 すると、クッキーはあっさりと立ち上がってついて来ます。さっきのあの抵抗はなんだったんでしょう。
 そのまま50メートルほど、歩道を歩いたときです。道路の向こう側の駐車場から、黒い車が道路へ向けて出てきました。
 そして、なんだか大きくぐらっと揺れました。と、こつん、と小さな音がしました。道近くに停めてあった車に、当たったのでした。
 とたんに、黒い車は、ものすごい勢いで道路に出て、自分たちがたった今歩いてきたほうへ、スピードを上げて走っていきました。
 ”あて逃げ”そんな言葉が浮かぶまもなく、
「ドーン」
 向こうの広い通りから、今度は大きな鈍い音が、聞こえてきました。
 一瞬、何が起こったかわかりませんでした。しばらくして、ぶつかったんだ、と気がつきました。
 引き返してみると、広い通りの交差点の四つ角、歩道の上に仰向けに黒い車が転がっていました。交差点の真ん中にも1台、トラックがななめ横向きに止まっています。
 そして、仰向けの車から這い出してきたらしい若者が、そこに座り込んでいました。
 どうしたらよいのかわかりませんでした。
 でも、どうやら怪我はしていないように見えました。頭を抱えて座り込んでいました。ガタガタとふるえているようでした。自分は何もできずに、見ていました。
 しばらくすると、もう救急車が来ました。広い通りのすぐ向こうに、消防署があったのですが、それにしてもずいぶん早かったように思います。
 なにか混乱して、時間の経過もごちゃごちゃになってしまっていたのでしょうか。
 
 それから、がく然としました。
 もし、先ほど、四つ角を右に曲がっていたら、ちょうどこの交差点の角あたりに来ていたのではなかったのか、そしたら、この仰向けの車の下敷きになっていたか、はじき飛ばされていたことになる。
 クッキーに助けられたんだ、そう思いました。
 どうして、クッキーはこっちへ来ることを、抵抗したんだったでしょう。まさか事故を予見したとも思えませんでしたが、でも確かにクッキーはこちらへは来ようとしなかったのでした。

 ほんとうにクッキー、あの時はありがとう。今となっては、ゆめまぼろしのような夏の夕方の出来事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、白花ムラサキツユクサ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/148