ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
50年で、「よく持った」なの?大名古屋ビルヂング


「あっ、大名古屋ビルヂング。このビル、むかし、建てたんだった」
ある日、新聞を見ていたお父さんが変なことを言いました。
いつものことなので、お母さんは知らん顔です。仕方がないので、私キュートが、ワンとも言わず静かにお話を聞いてあげることにしました。

「と言うのは、もちろん冗談。ちょっとだけバイトで働いたんだ。ほんのちょっとだけ。」
なんだ、そういうことでございますか・・・。それで「建てた」は、大げさすぎませんか。

なんでも、学生時代に親戚から声をかけられて、配線関係のお手伝いに行ったそうです。
「10階くらいだったと思う。親戚はコンクリートをうつ前に、管をセットする仕事をしてた。資材置き場に、言われた資材を取りに行ったりしてたのを覚えている。」

「むき出しのコンクリートで、結構下まで見える所もあって、怖かったなあ。あんまり、役に立たなかったのは、まちがいないだろう」
それはきっとそうだったと思いますよ。

「老朽化を理由に建て替えとある。『寂しいね。でも、よく50年もったよ。』と当時建築に携わった人が言ってるそうだ。
これっていつも思うんだけど、50年でどうしてダメになるんだろう。ヨーロッパの建物って、数百年前のものを今でも使ってるみたいだ。
日本の木造住宅でも、25年も経ったら不動産としての価値はなくなると言うもんなあ。」
お父さんはなおもぶつぶつ言ってます。

「よく50年もった、というのはなんだろう。そうか、少ない資金でやっと建てたと言うことかな。」

「住宅だって、ローンを使ってやっとこさ建てるのはもたないだろうな。25年過ぎたら、誰でもだいぶの歳だ。本当は建て替えたくても年金では大変なのに。日本人はそういう人生の繰り返しかもしれない。」

「数百年もっているヨーロッパの建物というのも、資金に余裕があって建てたものだけかもしれない。まあ、日本は材料も気候も長持ちしないようになっている、というのもあるかもしれないけど・・・。でもやっばり変だ」


「それよりも、昭和37年10月に第1期オープンとある。バイトしてた時、部分的にでもオープンなんかしてなかったぞ。違うビルだったかもしれない。50年近くも前の話だもんな」
なんとも、好い加減なお話でした。






コメント
from: ラーパー   2012/10/03 10:54 AM
なるほど、ビルが時代の進歩についていけなくなったわけですか。耐久性とは違う面なんですね。

住宅については、25年経ったら土地だけの価値と言う考え方は、少し変えられそうですか。といっても、これも住まいについての考え方が変わって行く訳だから・・・。
from: 飛魔人   2012/10/03 1:22 AM
こんばんは。連投でごめんなさい

>日本の木造住宅でも、25年も経ったら不動産としての価値はなくなる

木造住宅の資産償却の基準が、江戸時代の木造住宅の平均寿命で算出されてるのが一因です。
以後、関東大震災や太平洋戦争で、火災消失する住宅が続出したので、
住宅の不燃化として脱木造住宅に舵を切ったのが、昭和の30〜40年代です。
最近では熱降伏しないという点で、木造も復権中ですよ。
from: 飛魔人   2012/10/03 1:03 AM
こんばんは

>これっていつも思うんだけど、50年でどうしてダメになるんだろう。

工学的にはまだまだ保つんです。
ただ時代の変化が激しく、その要求に応える余裕が無かったんです。
建築当時には必要なかった空調設備を設置する為に、
天井高が削られる。
近年のIT化でアクセスフロアの設置で、床が嵩上げされる。
電力需要の増大で受電設備の増強やら、送電設備の増強やら。
更に耐震基準の見直しなんかも含めて見れば、
改装で対処出来る限度一杯まで、使い倒してましたよ。
むしろ早々に建替えた、毎日ビルや豊田ビルに比べて、最後まで善戦してましたよ。
っていうか、松坂屋名古屋ビルの方が、若いくせに先に解体されちゃってるんですよね。
そっちの方が、「もったいない」と思います。
コメントする