ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ケンシヨクって、知っていますか


 4時間目の授業が始まってしばらくすると、職員室では、校長先生を始め何人かの先生が、給食を食べ始めます。
 まだ、教室では、先生たちも、生徒たちも、授業をやっているのに、どうなっているんだ、ということですが、これが「ケンシヨク」です。
 
 つまり、「検食」。「検査給食」の略かと思います。県によって、システムや呼び方に、多少の違いはあるかもしれません。
 その日の給食に異常がないかどうか、あらかじめチェックして、生徒の安全をはかるわけです。まあ、お殿様の食事の毒見と同じようなものです。
 
 学年主任になって、クラス担任をはずれたとき、そこの中学校では、4時間目の授業がない曜日は、学年主任も検食をすることになっていました。

「自分だけ食べるなんて絶対いかんよ。みんながそろってから、食べるもんだよ」
 子どもの頃、たいして食べるものなどない、貧しい食卓なのに、いつも母親に言われたものでした。

 そのせいかどうか、4時間目の授業を終わったあと、用事で生徒が職員室に入って来た時に食べているのは、どうにも落ち着きませんでした。
 なんで先生たちばかり、先に食べているのか、と言う顔をしているような気がして仕方がなかったです。

 実際には、生徒は
「今日は○○のおかずか。やった!」
などと、具体的事前情報を手に入れて、無邪気に喜んで、職員室を出て行ったりしてたから、気にしすぎだったかもしれませんが。

 ある日、授業の合間に、「検食」の話になりました。
 すると、聞いていた生徒の一人がまじめな顔で言いました。
「でも、先生や○○先生(特に名を秘す)が、食べて大丈夫だからと言って、僕らも大丈夫、と言うことにはならないと思いますけど・・・」

 勝手にしてくれたまえ。大事な大事な生徒たちのために、ひ弱なこの体を危険にさらしてまで、尽くしているのに。
 第一、あんなに野蛮で頑強な○○先生と、一緒にしてもらって、ほんとうに光栄、ありがたすぎて涙が出るよ。

 などという同士打ちは置いておいて、これって、生徒が殿様で、校長先生を始めとする先生たちは、そのお毒見役、つまり家来ってことではないのでしょうか。

 と言うことも置いておいて、でも、まったく学校と言うのは、いろんなことを、子どもたちのために、2〜30人の教職員で引き受けて、一人何役でがんばっている世界かもしれない、と思っていただけたら、感謝です。

 追記
 給食の安全確保については、他にも何重にもバリアーが張りめぐらしてあります。
 また、給食センターや食材納入等の業者の人たちは、もっともっと神経を使ってがんばってみえると思います。

ふたつめの追記
 
 ある中学校では、学年主任の先生は、副担任の先生とともに、教室で給食をとることになっていました。
 つまり、生徒達はいつも二人か三人の先生といっしょに、給食をとることができました。
 これはこれで、とてもよいやり方でした。

 ・・・・・・・・・・・・

 写真は、宿根草ファイヤークラッカーの新芽、秋までずっとこの色です。

 ・・・・・・・・・・・・

 素人農事メモ 5/14 予報より早く雨が上がり、わらび、しいたけを採る。草取りも。夕方冷えてきて、やはり霜注意報が長野全県に出る。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://raapaa.jugem.jp/trackback/131