ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブルーベリー、色づき始めました。


昨日は一日中雨。

かなり降ったものの、空梅雨で来たので、干天の慈雨という感じです。

雨が降ってくれて本当に良かった。

午後になって、サビタの木のブルーベリー畑に降りてみたら、いくつもの実が色づいていました。

一昨日は、気がつかなかったけれど、昨日のうちになったものと思います。

去年と比べると、4日ほど遅れているようです。

緑色の実が、なんとなく白っぽくなって、それからピンク色に・・・。

すると、青く発色するのです。

まだ熟すところまでは行ってない、と思いながら、つまんでみました。

きちんと、甘さがありました。

これで、一気に色づいていくことでしょう。

開園ももうすぐかもしれません。



マグネット


「ありがとう12周年」のマグネットが用意できました。

去年が赤色だったので、今年は虹の次の色、だいだい色です。

ブルーベリー狩りや、ブルーベリージャムのお客様に、差し上げています。

もともとは、10周年限定のはずでした。

でも、お客様からの熱い要望、ではなくて、園主の勝手な押し付けで、今年も作りました。

発注先では、検品やビニール袋入れを、福祉関係の作業所にお願いしているとか。

及ばずながらの協力、のつもりもあります。

来園のお客様がた、お楽しみに。



遅れそうです。ブルーベリー狩り開園日。


「何もかも、遅れとるわ。去年より10日は、遅いんじゃないかなあ」

確かに、わが家のキュウリもトマトも、カボチャも、なかなか大きくならない感じです。

まあ、素人粗放農業なので、声高にいう気はないのですが。

ずっと低温傾向だったし、雨不足もあると思います。

で、肝心のブルーベリーですが、去年や一昨年の日記を見てみました。

ウエイマウスやらアーリーブルーが、色づき始めたとあります。

500g収穫ともあります。

でも、6/20現在、どれだけ探しても、ブルーの実なんて見あたらない。

去年は、開園が7/1でした。

そして、来園者0名。

けれど、翌日土曜日からは、たくさんのお客様でした。

これでは、今年は7/10になってしまうかも。

いや、だいじょうぶ。

遅くとも、7/7には開園できるでしょう。

緑色の実は、とてもたくさんです。

枝が垂れすぎないよう、手入れして歩く毎日です。

開園、もう少しだけ、お待ちください。



ブルーベリージャム、今シーズンから600円です。


花の谷のブルーベリージャム、今シーズンから、600円です。

より多くの人に味わっていただきたい、という気持ちに変わりはありません。

しかし、年齢的にたくさん作ることは、難しくなってきました。

どうかよろしくお願いします。

なお、ふるさと館とこまどりの湯のジャムについては、これまで通り600円です。

ただし、こちらもブルーベリーが実る7月初旬までは、在庫切れのままですので、ご了承ください。

 





花の谷のブルーベリー畑 その1


花の谷にある6つのブルーベリー畑を、順に紹介します。

参考までに、全部で1,000株ほどあります。

上は、ヤマザクラブルーベリー畑。

入口のあたりがいささか鬱蒼としすぎています。

下は、そのヤマザクラの並木道。村道です。

左手の下に、ヤマザクラブルーベリー畑とスモモのブルーベリー畑があります。



下は、スモモブルーベリー畑。

右手にスモモの木が見えますが、農薬等は一切使わないせいもあってか、収穫はほとんどありません。

ブルーベリーの木のほうは、ヤマザクラ、スモモ、そしてこの上のドングリの3つの畑とも、とても成長が良いのです。

剪定をやらないせいもあって、伸び放題。

お客さんから、中へ入っていけない、と苦情が出ることもあります。すみません。



このヤマザクラブルーベリー畑も、成長がいいのです。

高いところにあって、水はけが良いせいか思っています。



下は、昨日のブルーベリーの実の様子です。   

もちろん、木によって幅があります。

まだ、花をつけている木もあります。


ブルーベリー狩りのあとは、お茶をどうぞ


爽やかな高原でのブルーベリー狩りの後は、休憩所でお茶をどうぞ。

まだオープン前で、草刈り機が置いてあったりします。

でも近々、少しはきれいにするつもりです。

ここからは、六つのブルーベリー畑のうちのひとつ、サビタの木ブルーベリー畑が見下ろせます。

と言っても、木が大きくなって、全体を見通すことは難しくなりました。

この休憩所は、風がよく通るところにあります。

座席の他には、ブランコくらいしかありませんが、のんびりはしていただけるつもりです。

どうぞごゆっくり。




花の谷の入り口はここです


上の写真では、CLOSEとなっています。

でも、来月の今頃には、花の谷、ブルーベリー狩りが、始まっていることでしょう。

この看板のところが、園の入り口で、この下の左右に駐車場があります。

もう少し降りて来たところが、受付です。

ここまで来れば、もう大丈夫と思います。

問題は、それ以前。

国道418号から村道に入って、数百メートルの田舎道を走ってくるところでしょう。

小さな橋を渡ったら、左に折れて、道なりにどんどん上がってきてください。

わからなかったら、ケータイで・・・。

ところが、山の中のため、今どこにいるかの建造物がなかなかないのです。

まあでも、ていねいにお答えしたいと思っています。

とにかく、わからなかったら、090の7862の4605へ問い合わせてくださいね。






ブルーベリーの実が、つき始めました


「毎年お邪魔している者ですけど、ブルーベリー狩り、今年はいつ頃になるでしょうか」


今日は朝から雨。久しぶりなので、植物も喜んでいることでしょう。


お昼頃に、電話がありました。


このところ、時々電話があります。


楽しみにしてもらっているようで、とても心沸き立ちます。


「まだ、ちょっとわかりませんが、たぶん去年と同じように、7月になれば、できると思います。


7月10日過ぎなら、なお大丈夫です」


そのあと、雨が小止みになったので、ブルーベリー畑に出てみました。


写真のように、もう小さな青い実が、つき始めていました。


もちろん今、花が真っ盛りという株もあります。


早生種や晩生種、品種によって色々なのです。


みなさまの期待に背くことなく、ブルーベリーたち、がんばっています。


ブルーベリー狩りは、7月上旬から8月上旬までです。


ブルーベリー園花の谷、ブルーベリー狩りは、7月上旬から8月上旬までを、予定しています。

という看板を、国道418号沿い、花の谷へに入ってくる、村道入り口2箇所に立てました。

今回、期間の案内と電話番号とのプレートを、作り直したものです。

要は、通りがかったドライバーに、ブルーベリー園の存在を、シーズンオフの時から、知らせておく目的のものです。

で問題は、その期間に、うまくブルーベリーが間に合うかどうか。

いま、花が咲き始めてきたところです。

やや遅れがちな感じもしますが、株が大きくなったし、せっかちなのもいることでしょう。

どうかお楽しみに。

ブルーベリーの紅葉は


モミジやコナラなどの紅葉もいいものですが、ブルーベリーの紅葉もいいものです。

花の谷の近くに昔からあるブルーベリー園は、二十数年まえに、都会の花屋さんが植えたブルーベリーが由来とか。

生け花用の紅葉が、目的だったそうです。

花の谷のブルーベリー、すっかり大きくなって、大胆な剪定が課題。

と言っても、剪定して生け花用に・・・というわけにも、まあ静かに楽しみましょう。