ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年は、ブルーベリー摘みを、7月1日に開園しました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
連休中日、ものすごい人でした


ただ今16時5分過ぎ、ようやくひと段落です。

本当にすごい人でした。

ブルーベリーさんもいささかお疲れ気味です。

まだまだあるとは思いますが。

それと暑すぎる。

ベランダで34℃、なんという温度でしょう。

もうずーっと前に咲き終わったササユリの写真で、気分だけでも爽やかになることにします。

カブトムシ、ブルーベリーを食べていました


ただ今11時、ベランダの下はビニールトタンがあっても32℃、とんでもない暑さです。

この三連休、毎日がこんなでしょうか。

ブルーベリー摘みは、朝から何組ものファミリーに来てもらって、とても賑やかです。

そんなファミリーのお父さんが、カブトムシを捕まえて来ました。

今年初めて、そして久しぶりのそれもりっぱなカブトムシです。

なんとブルーベリーを食べていたそうです。

カブトムシも大好きな花の谷のブルーベリー!!!?

カブトムシ、去年は一度も見なかったかもしれません。

と思っていたら、そのお父さん、今度はクワガタムシのメスでした。

足のあたりがだいだい色だから、たぶんミヤマクワガタだろうとのこと、昆虫道のプロかもしれません。


話は変わって、今朝の朝ドラ、栗きんとんが出て来ました。

「君の名は。」にも出てきた五平餅、そして栗きんとん、朴葉ずしの3つは、岐阜県東濃地方の三大グルメなのです。

高校生の頃に、初めて食べた五平餅、こんな美味いものが世の中にあるんだ、と思ったものでした。

ドラマの舞台の東濃、と言うか、愛知、岐阜、長野のあたりのステキな地域限定グルメでしょう。

待てよ、もう一つ美味いものがあったような、あったとしてもどうしても出て来ないのです。


追記

午後になって訪れた男の子も、小さいけれど立派なツノを持ったクワガタを捕まえて来ました。

今年は、ブルーベリーだけでなく、カブト、クワガタも豊富かもしれません。


本格的なブルーベリーシーズン、始まりました


本日月曜日、一昨日までの大雨が嘘みたいです。

青空のもと、高原らしい爽やかな風が吹いて、絶好のブルーベリー日和になりました。

心配してたのは、水分過多による水ぶくれ。

ブルーベリーが蜜のようになって、赤バチつまりスズメバチが、殺到した年がありました。

お食事中の蜂は刺さないと言っても、危なくて休園に追い込まれたものでした。

ブルーベリー畑をまわってみると、蜂がいないわけではないけれど、まあ大丈夫でしょう。

時期的に、蜂にはまだ早いのだろう、と思います。

そうそう、庭には白いキキョウの花が、咲き始めています。

キキョウは、例年この時期からとは思いますが、もしかして今年、秋が早いのでしょうか。

なお、上の写真はスモークツリーのゴールデンスピリッツとロイヤルパープルです。


ツチアケビの花が咲いた。ナラタケが食べられるかな。


ようやく今朝になって雨が上がりました。

爽やかというか、ひんやりとした風も吹いて来て、ブルーベリー摘み、大丈夫そうになって来ました。

もちろん、まだ水っぽい感があって、明日以降の方がいいでしょう。

たくさん実っていますよ。

さて、朝の見回りの時、すももブルーベリー畑の入り口近くで、写真のような花を見つけました。

蘭の仲間、ツチアケビです。

何年か前にも、ここから数百メートルのところで見かけて、アップしたことがあります。

そこから飛んで来たのでしょうか。

秋にはアケビに似た実をつけるとか。

寄生植物で葉緑素はないそうです。

ツチアケビの生えるところには、ナラタケが生えてくるそうですので、楽しみに待つことにします。


麦わら帽子をかじったのは


ものすごい雨音で降ったり、小止みになったりの毎日が続きます。

4日目の今日は、少しは薄日もさすけれど、やっぱり雨から離れない1日のままのようです。

それでも土曜日というだけあって、雨の中をちらほらお客様が…。

思いついて麦わら帽子を出してきたら、なにか変です。

派手にかじられていました。

おそらくネズミでしょう。

この冬は例年になく寒かったから、暖房用に拝借したのでしょうか。

それとも、食べるのに困って食料にしたのか。

車庫の奥の物置、引き戸をきちんと閉めておくべきでした。

そうそう、ごついのは大丈夫で、100均ものの可愛らしい帽子ばかりが、狙われていました。

可愛いのがわかるのか。

安い方のでと、園主に気を使ってくれたのかも知れません。


7つめは、「ひみつのブルーベリー畑」と名付けました


花の谷には、6つのブルーベリー畑がありました。

ありましたと書いたのは、今年「ひみつのブルーベリー畑」を新設したのです。


これまでのは

どんぐりブルーベリー畑、どんぐりの木が傍にあります。

すももブルーベリー畑、スモモの木があります。

やまざくらブルーベリー畑、やまざくらの木があります。

サビタブルーベリー畑、サビタの木があります。

ラビットブルーベリー畑、ラビット系のブルーベリーを植えて、そこにハイブッシュ系のブルーベリーを接ぎ木しています。以前は、野うさぎがよく見かけたことにもよります。

しらかばブルーベリー畑、しらかばの木があります。

ひみつのブルーベリー畑、周りを森の木々に囲まれたひみつの場所にあります。


なお、畑めぐりを始めるにあたって、無理やり「ひみつのブルーベリー畑」をもうけたのだ、という噂もあるようです。


土砂降り雨につき、今日・明日と休園します。


予報では、朝のうちは曇りだったのに、夜半から断続的に激しい雨、どうやら明日も明後日もみたいです。

これでは、ブルーベリー畑に入っていくだけでもずぶ濡れでしょう。

止むを得ず、今日と明日は休園します。

明後日以降は未定です。

残念、せっかく早い時期に開園したのに…。


ブルーベリー畑めぐり、始めました


花の谷の7つのブルーベリー畑をまわって、言葉を完成させる畑めぐりを始めました。

それぞれの畑に、文字の入ったビンが、ぶらさげてあるのです。

初日に、小学生のいるふたつのファミリーが挑戦しました。

どちらもリピーターということで、見事に下の写真のような粗品をゲットでした。

時間と体力に余裕のある方はどうぞ。

粗品のほうは、そのためにミニトマトなども育てていますが、専門農家ではないので、かなり心もとない状態です。



開園二日目、月曜日。お昼になっても誰も来ない、ブルーベリー摘み。


朝方は曇り空、霧雨のようなものが少しありました。

でも、いつのまにか晴れて、梅雨明けの暑い日差しが降り注いでいます。

風があるからまだいいかなと言うところ、平地はさぞ暑いことでしょう。

昨日は開園初日なのに、5組ものお客様がありました。

打って変わって、今日はお昼になってもお客様ゼロ。

何をやるでもなく、だらーんと…です。


ブルーベリー摘み、開園1日目は快晴です。


花の谷の13年目は、7月1日と言うとても早い開園になりました。

梅雨もすっかり開けた様子で、夏の青空です。

ただ今、13時46分。

すでに5組ものお客様に来ていただいています。

本当にありがたいことです。

まだ、青い実の株は少数ですが、お客様はたっぷり食べれたと思います。

そうそう、看板娘のコーギー犬キュートも、完全に接客モード。

でも、耳にくっついたダニさんがまだ取れないので、お母さんは気にしてます。

ちゃんと薬をつけているのに、くっついているのを見つけたときは、大騒ぎでした。

と言っても、当犬はブルーベりーをいただけさえすればと、気にしてないみたいです。