ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブルーベリー狩り、問い合わせありました。


「去年、ブルーベリー狩りに行ったものですけど、今年はいつからですか」

梅雨の合間の青空が広まった今日の午後、若い女の人の声で、問い合わせがありました。

「例年通り7月7日頃になると思います。

7月になって、電話をいただければ、はっきりとした返事ができると思います」

「予約は必要ですか」

「必要ありません。

ドライブの途中に、立ち寄ってもらっても大丈夫ですよ」

1,000株以上あるので、予約なしでも大丈夫なのです。

「500円で、小さいパックがついたんですけど、もっとたくさん持ち帰ることはできますか」

「1,000円の大パックコースがあります。小さいパックの2.5倍は入ります。

大パック2つで1,700円、と言うのもありますよ」

愛知県岡崎市では、先週土曜日に開園したそうですが、花の谷は高冷地なので、7月になってからです。

まあその分、梅雨の雨をまぬがれられる、と思っています。

今日は、午前中に毎年来ていただけるお客様からも、電話がありました。

楽しみにしていていただけると思うと、嬉しくなります。


梅雨入り前の青空


ブルーベリーの実がだいぶ大きくなってきました。

今日は見事な青空、愛犬キュートはおなか干し中です。

明日からは雨、梅雨入り宣言があるかもしれないとは、いささか突然の話です。

その分早めに来月、梅雨明けになってくれれば、ブルーベリー園としてはありがたいのですが…。



ブルーベリーの花が咲き始めました。


春先になって、寒い日が続いたりしたせいか、遅れ気味でした。

でも、少しずつですが、ブルーベリーの花が、咲き始めてきました。

「トマトもかぼちゃも、芽は出たけど、あんまり伸びとらんなあ。こんな天気だからだろうか」

近所の農家で言ってました。

「イネはいつもと変わらんみたいだ。ブルーベリーは、花芽のない株も見かける」

ブルーベリー園花の谷でも、同じ現象が見られます。

花芽の付いてない株があるのです。

去年の夏の暑さのせいなのか、と思ったりしています。

どの株も、ものすごくたくさんの実をつけたので、そのせいもあるかもしれません。

でも、大丈夫、それでも花芽を付けた株が、たくさんあります。

どうかお楽しみに。


緑色です。2019のマグネット。


ブルーベリー園花の谷、今年のありがとうマグネットは、緑色です。

これで5枚目になりました。

あと2年で、虹の色が完成です。

まだまだずっーと先のことと思っていましたが、早いものです。


下は、全く関係がなくて、天竜浜松線の都筑駅。

無人駅ですが、駅舎内にパン屋さんがありました。


花の谷への東入り口、入りやすくなりました。


国道418号から、ブルーベリー園花の谷へ降りて来る道は、東と西とに二つあります。

そのうちの一つ、役場などのある村の中心部からの東の道が改良されました。

写真のように、広く綺麗になって、進入角度もゆるやかになりましな。

豊橋や浜松からのお客様が入ってくる道です。

と言っても、すでに去年の12月には完成していたのに、今頃の紹介です。

花の谷のある奥小屋集落には、11軒の家があって、そのうちの9軒が、日常的に使っています。

側溝も以前とは違って、蓋がしてあったりして、落ちる心配は無くなりました。

ただ、写真の部分から先は、まだ以前のままで、凍結する冬場は危険は残ります。

でも、両側の木々もかなり伐られて、明るく気持ちの良い道になりました。




ものすごく大きい水になるかも、はしごを引き上げる


ただ今、午前11時、雨が止んで薄明るくなっています。

風も止んでとても静か。

台風前によくあることで、文字通り嵐の前の静けさです。

台風24号、伊勢湾台風並みの高潮と暴風が予想されるとか。

上陸前に、あるいは紀伊半島を横断するうちに、少しでも衰えてくれないものでしょうか。

昭和34年9月26日の伊勢湾台風、あれから60年近く、いつも台風への警戒心が、身体の中にあります。

あの時とは違って、防波堤だってなんだって、整備されているだろうとは思います。

それでも、関空の例もあるので、車の高所への避難とか、海辺の地方では、いろいろやった方がいいでしょう。

というわけで、ブルーベリー園花の谷、川遊びに降りるハシゴを引き上げました。

前回、ロープで縛ってあって、流失を免れたハシゴです。

さて他は、大丈夫かな。


9個しか作れなかったブルーベリージャム


「ニ回も続けて、9個しか作れなかった。不思議」

ブルーベリー園花の谷は三ちゃん農園。

父ちゃん、母ちゃん、ワンちゃんでやっています。

コーギー犬キュートは、接待担当で、今は休業中、本犬としてはとても不本意、さびしそうです。

ジャム工房花の谷は、もちろん母ちゃんの担当、ブルーベリーの納品までが父ちゃんの担当です。

そのブルーベリージャムを作っていた母ちゃんが、言いました。

いつもなら、一回の作業で10個の瓶詰めジャムが、出来上がります。

そのようなまるっきりの手作業ですが、それでも年間で軽く1,000個を越える生産数です。

鍋の大きさの関係で、この10個程度がいちばん都合よいそうです。

このやり方で、もう今年で13年。

もちろんブルーベリーもグラニュー糖も、きちんと測っているから、9個になるなんて、滅多にないのです。

「どうしてかしら。今年のブルーベリー、水分が少なめな気がする。」

きっとそうでしょう。

あの炎暑の頃、雨がまったく降らなくて、ドライフルーツみたいなブルーベリーが出現したものでした。

もちろん、そんな乾燥ブルーベリーは収穫はしませんでした。

でも、確かに水分少なめブルーベリー、ありそうです。

「何年やっても、作るたびでき具合がちがう。いろいろあるんだ」

なおジャム工房花の谷、ジャム作りに、水は一切使っていません。


流されなさったハシゴ


「しまったなあ。川遊びに降りるところのハシゴを引き上げておくんだった。」

24時間で250ミリもの雨が降った台風21号の夜、気がつきました。

もちろん、遅すぎます。

激しく雨の降る真っ暗な夜に、ブルーベリー畑を横切って行ってみるような度胸はありませんでした。

川に降りるには、二段階にふたつのハシゴを降りていくことになっています。

下の段のハシゴは、一応ロープで近くの樹木につないであります。

でも、そのローブも切れてしまったかもしれない。

とにかく、ふだん静かな川からは、一晩中ゴロゴロと岩が転げていく音がしていたのです。

で、翌日のこと、川をのぞいて見ました。

ハシゴは、上の段にちょこんとのっていました。

誰かがのせておいてくれたみたいでした。

増水して浮いたあと、ロープがあったので、川岸の方に引き寄せられたのでしょう。

小さい川なので、水の引くのも早かったけれど、ずいぶん増水したとみえます。

とにかく、流されなかってよかった。

このまま、来年のブルーベリーシーズンまで、置いておくことにします。




ブルーベリー園主の朝


ブルーベリー狩りの期間、園主はといえば、受付あたりで、のんびりウロウロ。

どうもそういう誤解もあるみたいです。

すでに、今年のブルーベリー狩りは終了。

やることはあるけど、この雨ではできないまま、日が過ぎていきますが、参考までに、開園当時の毎日を…。


朝は5時起きでした。

と言うか、4時30分過ぎには目が覚めて、おもむろに脊椎管狭窄症を治すためのストレッチ。

でも、ちっとも治らない。

それはさておき、畑とハウスへ行って、野菜の点検、収穫、あるいは草取り。

今年、好調なのはインゲン、トマト、キュウリ、ピーマンくらいでしょう。

自然農法のつもりはないけれど、草だらけ、人には見せられない。

次に、七つのブルーベリー畑の巡回。

ヤブガラシなどを抜いたり、はみ出した枝を切る、あるいは、傾いた幹を縛る。

滅多にないけど、ゴミを拾う、案内板やハシゴなどを点検する。

ブルーベリーをあちこちつまんで、味見をする。

蜘蛛の巣を手で払ったり、体ごとぶつかって行って取り除く。

そんなことをして、歩き回っていると、7時半近くなってしまいます。

でも、歩くことは、脊椎管狭窄症にも良いそうなのです。

そのあと、急いで家に入って、朝ごはんを食べながら、BS朝ドラの東濃弁をチェックする。

どうでしょうか。

朝メシ前にだって、園主はこれだけ働いていたのです。

そうそう、日によっては、ジャム工房花の谷に納入するべく、ブルーベリーの実の収穫をする時もありました。

しかし、その話は別の機会に。




8月11日以降、ブルーベリー園花の谷、閉園です。


ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みを8月10日までで、以降閉園とします。

子どもたちの遊び場提供という考えもありました。

でも、炎天下の水不足、すっかりブルーベリーさんたちお疲れになったようです。

これでは、ブルーベリーさんたちの評判に傷がつくというもの。

11日の山の日まで営業という望みは、今年も潰えました。

皆さまがた、ほんとうにありがとうございました。

来年以降も、よろしくお願いします。