ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
苦手な散歩道


朝や夕方の散歩で門から外へ出た時が、重大な分かれ道です。

キューちゃんは右手、坂道を下って行くほうへ行きたいのです。

お隣のお家も見えるし、田んぼや畑と、ブルーベリー畑の間の明るい小道です。

なのにお父さんは左手、ゆるやかに坂道を登っていく道へと、引っ張ります。

「行くよキュート、こっち。どうしたの」

キューちゃんは足を踏ん張って、嫌がります。

尻尾だって下がって、誰が見たってキューちゃんの気持ちはわかるはずです。

それでも、お父さんは無理やりリードを引っ張ります。

そうしていて、突然リードを緩めます。

前には、ずっこけてしまったことさえ、あったのです。

「やっぱり嫌か。仕方がないなあ。

こっちだったら、焚き付けの小枝が拾えるのに…。

なんか居る気配がするんだろうか。

大きな動物だろうか。

何百メートルも、家もなにもない山道だもん、居るかもしれん

危険を知らせてくれてるのかもしれないなあ。やめとこう」

そして、年老いた人間一人と、尻尾を掲げたコーギー一匹は、明るい坂道を降りていくのです。



久しぶり、暖かい朝に


今朝、6時少し前のことでした。

いつもとは違って、だいぶやかましい物音に、目が覚めました。

お父さんでした。

いつもはお母さんが先に起きてくるのに、珍しいことです。

お父さんはキューちゃんの様子をうかがった後、薪ストーブの前に腰を下ろしました。

じきに、たくさんの粗朶の燃えるいい香りがしてきました。

それから、お父さんはガラス戸を開けました。

外はまだ薄暗くて、少しためらったみたいです。

でも結局、キューちゃんを、デッキへ押し出しました。

あれっ、こんなこと前にも何度もあったような…。

お父さんは、ガラス戸を閉めて、また薪ストーブにしがみついています。

すると、軽トラックが門の方から入ってきました。

そうでした。

新聞配達のおばさんが、6時にはやってくるのでした。

「キューちゃん、久しぶり。元気だったの。良かったねえ。カワイイ、美人さん、美人さん」

あとは、カワイイ、カワイイ、美人さん、美人さんの繰り返し、猛攻撃でした。

今朝はほんとうに暖かい朝。

それで早くに起きてきたのでしょう。



鹿肉のペットフード


「ついこの間も、シカが3頭、イノシシが1頭、獲れたんです。」

「そんなに!それはたいへん。そんなに居るんだ」

以前にも書いたように、売木村は、村の周りを金網フェンスで囲ってしまって、その中で人間が暮らしています。

おかげで、シカやイノシシなどの動物に出会うことは、ほとんど無くなりました。

花の谷のブルーベリー畑でも、ごく稀にハクビシンかなにかの掘り返した跡を、見かけるくらいです。

けれども、それはそれで、近隣の町や村に、動物たちが行っている、という説もあります。

周りを囲うことのできる村は、地形的にそんなにはないのでしょう。

シカやイノシシは、その金網フェンスの外で、ワナにかかるのでしょう。

気の毒な話ですが、害獣だから仕方がないと、納得はしているつもりです。

「埋めると聞いてるけど、もったいないうか残念な気もするねえ」

「この頃、ペットフードにする話があって、そういう所へ送ったりもしてます。」

そうなんだ。

そう言えば、たまたまですが、わが家にも鹿肉のフードがあります。

都会の知人からいただいたもので、播州かどこかの産です。

今更ですが、いろいろと複雑な心境です。

で、キュートはと言えば、美味しそうにいただいています。


キューちゃんのお友だち


「○○の奴、またすっ飛んで来た。イノシシかなんか野生の動物か、と思ってびっくりする。」

朝の散歩から帰るなり、お父さんが言いました。

○○くんは、キューちゃんのお友だちです。

同じ集落にいて、朝晩にときどき遊びに来ます。

「すごい勢いだからね、ほんとうに怖いよね。」

○○くん、キューちゃんの所に来ると、くんくんと鼻を寄せてきます。

「キュートに愛おしそうに、顔を寄せて来るもんなあ。キュートはじっとして、嫌がったりもしない」

お父さんが言いました。

○○くん、心臓が悪いらしくて、塩分のあるものは禁止だそうです。

それを聞いてからは、うちの両親、だいぶやさしい口ぶりになりました。

「少しすると、行ってしまうようになった。まあ仕方がないか」






2018年のブルーベリーは


7月1日に開園した花の谷のブルーベリー狩り、その日こそ少しお客様がありました。

でも、2日、3日はほとんど無し。

そして4日から7日までは雨ばかり、あの西日本の豪雨災害があった時です。

というわけで、本格的な開園は7月8日から。

それでも、海の日三連休の7月15日までは順調でした。

ところが、そのあとはなぜか訪れる人も去年より少なめ。

ブルーベリーの方はといえば、今年に限って実りすぎ、枝が折れそうになるくらいの大豊作となりました。

などと言っているうちに、村始まって以来と思われるような酷暑、そして旱天。

ブルーベリーの木によっては、実がドライフルーツみたいになってしまうほどになりました。

もちろんそういう実は、食べてもさっぱり美味しくないのでした。

それにしても、来園数激減の原因はなんだったのか。

暑くなりすぎて、外出が控えられた。

ガソリンの暴騰。

ブルーベリーに飽きがきた。

自然志向の年代層の高齢化。

などなど、まだまだ考えられそうですが、よくわからないのです。

なお、この夏の酷暑と旱天は当地でもずいぶんひどくて、これでは来年の実りは大丈夫か、と思えるほどでした。

でも、来年のための花芽は、ちゃんと付いているようです。

お休みする株もあるだろうけど、全体としては大丈夫、と思っています。





キュートの夏第一部、もうすぐ終わる


「キュート、お父さんが家から受付のほうへ行こうとすると、キャンキャン吠える。」

お母さんが言いました。

「わたしも連れてって、て。それで、連れて行ってもらえないと、柵の間からじっーと見てる」

お父さんが、車庫兼用の受け付けであれこれしていると、やがて坂道を車が上がって来ます。

「小さい子の声でも聞こえたら、もうたいへん。網戸は引っ掻くは、デッキを走り回るは、大騒ぎ」

リードをつけてもらったキューちゃんは、お母さんを引きずって、受付所へ急ぎます。

「かわいい、コーギーだよね。おとなしいねえ、吠えないよ」

最初は怖そうにしてた子どもたちも、近づいてきて手を出します。

恐る恐る背中にさわったりします。

キューちゃんは、うつ伏せになったまま、じっとしています。

そのうちに、子どもたちはうながされて、しぶしぶ帰っていきます。

「この頃、キュート、お客さんが帰ろうとしても吠えなくなった。」

「大人になったというか、ほんとうに物静かになった。大丈夫かなと思うくらい」

ところで、ブルーベリー花の谷、いつ終園するのでしょうね。

今日なのか、あすなのか、お父さんは明後日まで、できないものかと、探っているようです。

「せっかく売木へきた子どもたちに、遊び場提供になればと思うんだけどね。でも、実が無いなんて言われたら、身が持たない。」

お父さんの思案は続きそうです。

いずれにしても、キューちゃんの夏第二部、静かな静かな花の谷の始まりは、もう目の前のようです。


キューちゃんのお願い


「ねえ、キューちゃん、さっきからおかしくない?サークルの中で、柵に飛びついたり、動き回ったりしている」

「ほんとだ、どうしたんだろう。こんなこと初めてだ」

ふたりは、キューちゃんを、サークルから部屋の中へ出してくれました。

「あれっ、今度はテーブルの周りをぐるぐるまわり歩いてる」

テーブルは、外のデッキに出るガラス戸の近くにあります。

「尻尾はあがっているし、アゴもあがってる。なんかうれしそうに歩いて回っているよ。どうしたんだろう」

「確かにうれしいみたい。外に動物でも来ているかもしれない。それとも地震でもあるんだろうか」

まったく、なんにもわかってくれない親たちです。

「やっぱりサークルに戻してやろうか。もう夜も遅いのに、興奮しすぎだよ。」

お父さんは、キューちゃんを捕まえると、無理やりサークルに入れてしまいました。

するとしばらくして、お母さんが叫びました。

「あっ、キューちゃん、下痢してる。かわいそうに、サークルの中なんかで、したくなかったんだよ」

お母さんは、あわててキューちゃんを抱えて、デッキへ出してくれました。

サークルの中のタオルを、新しいきれいなのに、取り替えてくれました。

翌朝、散歩の後で、お父さんが言いました。

「少しは柔らかかったけど、もう大丈夫の感じだった。治ったみたい」

「そう、よかった。ほとんどなったことがないから、思いもしなかった。これからは気をつけてあげなければ…。」








キューちゃんの足


「ねえ、キュート、足を引きずっているよ。変だよ。昨日もそうだった」

お母さんが言いました。

「そうかな、気がつかなかったよ」

さっそく、キューちゃんを車に乗せて、二人は動物病院に飛んできました。

この地方では、車を走らせることを、「飛んでいく」と言うのです。

「そうですか。ちょっとみてみますね。」

どういうわけか、お父さんは運転席に残ったままでした。

こういう時は、いつもはとても心配して、大騒ぎするのです。

お母さんの言葉に、お医者さんはキューちゃんの足を、さわったりおさえたりしました。

「歩かせてみましょうか」

キューちゃんは、診察室の中を元気よく走って見せました。

看護師さんに飛びついたりもしました。

「特に異常はないみたいですね。もし何かあれば、また来てください」

それで、二人と1匹は、山道を帰って来ました。

「恥ずかしかった。キュート、なんともないみたいに、走り回るんだもの」


キューちゃんは写真が苦手


「あっ、写真を撮ろう。ちょっとそこでとまっていて」

夕方、お母さんと散歩に出ると、お父さんがプールベリー畑で、まだお仕事をしていました。

チッパーで小枝を木くずにして、ブルーベリーの株元にかけてあげています。

とっても大きな音がして、やかましいのです。

お父さんはエンジンをきりました。

「キューちゃんは、お父さんのほうへ引っ張っていくんだよ。」

「うん、だけど、こっちが近づこうとすると逃げるんだ。写真を撮ろうとしても、横を向いてしまう。」

「何かしらねえ。シャイなのかねえ」

と言うわけで、キューちゃんのお写真は、なかなかアップできないんだそうです。



キューちゃんの新しいベッド


あれっ、キューちゃんの頭はどこ?

一瞬、そう思われた方があるかもしれませんね。

お父さんとお母さんがお出かけして、ベッドを買って来てくれました。

「やっぱり、ちょっと小さいかったか。これより大きいのは無かったもんなあ。」

「大丈夫よ。ヘリが柔らかいから、枕がわりになるし…。」

毎年この時期になると、買ってくれます。

寒くなったからと思うのでしょうか。

それとも、汚れてしまったからなのでしょうか。

あまりお値段のはらないキューちゃんグッズを買うのが、嬉しいのかもしれません。

暖かいお部屋で寝るんだもの、寒くはないんだけれど、この冬はこのベッドで寝ます。。