ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キューちゃん、えんちょうさんの座を、奪られそうになる


13日から、ブルーベリー園花の谷、閉園とします。

まだ実はあるとか、ないとか、人によって意見はわかれます。

しかし、遠くから来ていただくことが多いブルーベリー園です。

せっかく来てもらって、がっかりさせるわけにはいかないと、思っています。

今朝あった電話は、ふたつとも子ども連れで、遊びに行くからと言ってくださいました。

ありがたいことに、たくさん実が欲しいという年代層は、早めの実がある時期に、来てくださるようです。

とにかく、皆さまに助けられて、今年も終わることができそうです。

ありがとうございました。


昨日は三連休の初日、予想というか期待通り、若いファミリーが、ほとんどでした。

期待通りというのは、都会の子どもたちに、遊び場提供をしたい、とも思っているのです。

相変わらずの暑さでしたが、久しぶりに、午後には、風も吹いてきました。

でも、午後に雨の予報は外れました。

もう2、3日猛暑が続けば、去年と同じく、ブルーベリー干しが出現しそうなのです。

まあその前に、実がなくなって、店じまい。

お盆に、遊び場提供のユメは、相変わらず叶わないままです。


「キューちゃんだって、えんちょうさん。」

「8歳、女の子。細いし足も長い。いい子」

ブルーベリー狩りに来た子どもたちの声が、デッキまで聞こえてきました。

キューちゃんは、気が気ではありません。

一昨日の夜、お母さんが言ったのです。

「だいぶ疲れてるみたいよ。寝てばっかり。」

確かに疲れ気味です。

でも、犬は寝るのもお仕事なんです。

それなのに、お父さんは、昨日の朝、えんちょうせきの定位置に、連れて行ってくれませんでした。

キューちゃんは、デッキで、悲鳴をあげたり、歩き回ったりしました。

わたしのお仕事、お客様のお相手が、できないではありませんか。

けれども、お母さんの言葉を気にして、お父さんは知らん顔です。

そのうちに、犬連れのお客さんが来ました。

愛犬を受付け近くに繋いで、ブルーベリー狩りに、行ってしまったのです。

その後に来た別の家族の子どもたちは、その犬をえんちょうさんと、思ったのでしょう。

よその犬を相手に、楽しそうしています。

違いますよ、キューちゃんはここにいます。

わたしが、えんちょうさんなんですよ。

「あっ、キューちゃんは向こうにいるんだよ。今、連れてくるね」

ようやく、お母さんが、気がついて下さいました。

やっと、受付け近く、キューちゃんは定位置になりました。

夕方、お母さんが、お父さんに言いました。

「キューちゃん、お相手をしながら、ときどきこっちを見るのね。

『こういうおもてなしでいいですね』って、確かめるみたい」

「あいつ、アイパッドで写真を撮ろうとすると、顔をそむけてしまう。いろいろ怖がりなんだ」


あいかわらず脱走してます


「おしんが始まるまでに、帰ってこれないかも、と思った。なんとか間に合ったなあ」

キューちゃんを、大急ぎでデッキに入れたあと、お家に入ったお父さんが言いました。

「デッキの外で、リードをはずすんだもの。トビラを閉めてからにしなきゃ」

「うん、それは大丈夫。次はごはんだと知ってるから、逃げない。散歩の途中で、首輪が抜けた」

お父さんは、いい加減な首輪のはめ方をしたのです。

「すぽんと抜けたら、一瞬驚いてたけど、すぐにダッシュした。

もう、歩いたなあ、一台も車が来ないから、安心だけど。

1km以上は追いかけて、途中で、〇〇さんの娘さんが洗濯物を干してた。」

お父さんは、まだ話し足らないみたいです。

「おはようございます。犬が脱走したんです、と言ったら、まあ、かわいい犬、だって」

お父さん、おしんが始まってしまいますよ。

「いちご屋さんの作業場に、若い人がスマホしてた。

若い人に二人も会うなんて、1人でもあり得ないのになあ。

キュートは、やっぱり若いお兄ちゃんが大好きだ。じゃれついていったから、捕まえてもらった」

つい先日の朝は、お母さんから朝ごはんを頂いた後、お父さんからも朝ご飯をもらいました。

「ご飯茶碗が、棚にきちんと置いてあったから、まだやってないと思ったんだ」

夫婦の会話が少ないんでしょうね。

いろいろあって、キューちゃんは退屈しないんです。


去年夏の猛暑と水不足のせいかな、枯れ枝ブルーベリー


ブルーベリー園花の谷、ブルーベリーが花をつけ、葉を広げつつあります。

そこで目につくのが、茶色く枯れて、芽を出さない枝…。

もちろんこれまでも、そのような枝は、毎年少しはありました。

でも、今年はいつもよりかなり多い気がします。

どうしてなのか。

それで思い出しました。

去年夏のあの猛暑、そして雨不足、ブルーベリーが枯れてしまわないかと、心配したものでした。

あの時、すぐには目に付かなかったけれど、ここに来てはっきり現れてきたのかもしれません。

今年は、枯れ枝のない株の中にも、ほとんど花をつけてないのがあって、これも同じ理由と思われます。

夏に痛めつけられ、その上当地の冬の厳しい寒さでは、ブルーベリーさんたちも大変だったでしょう。

今年の冬は極端に雪が少なくて、株元を雪のお布団にめぐまれなかったのも、響いたことでしょう。

けれども大丈夫、大部分のブルーベリーは、しっかり花をつけています。

もちろん今年もたっぷり、あの青い実を味わっていただけますよ。



キューちゃんの前で


ブルーベリー園花の谷、令和元年度の開園までに、あと2ヶ月足らずとなりました。

お父さんは、毎日園内を歩き回って、あれこれ整備作業に余念がありません。

それはいいけど、愛犬キューちゃんを、園長に任命すると言い出しました。

それはいいけど、注意書きを張り出そうと、考えているみたいです。

「お願い

キューちゃん園長さんのまえで(うしろでも)、けっして「おな○」をしないで下さい。

本気になって、飛びかかってきます。

どんなに小さな音でも、聞き逃しません。

どうかよろしくお願いします」

でもねぇ、お父さん。

言いにくいでことですが、お二人の他には、まだ誰もいませんよね。

キューちゃんが飛びかかった人って…。


アイビーさんは、小さい犬が苦手


先日、キューちゃんは、村の文化施設ぶなの木の玄関先へ、行きました。

毎週水曜日の夕方、子どもたちの放課後教室に、引退盲導犬のアイビーさんが来るのです。

もちろん、キューちゃんも、子どもたちに歓迎してもらいました。

ところが、尊敬するアイビーさんに、キューちゃんが近づこうとした時でした。

アイビーさんは立ち上がると、ゆっくりゆっくりと歩いて、広場の向こうへ行ってしまいました。

「ごめんなさいね。人間の小さい子はいいけど、小さい犬はダメみたい。」

アイビーさんのお母さんが、言いました。

「たぶん、そういうふうにしつけられてきたのだろうね。

あるいはもう、犬同士の俗世界からは離れて、静かに過ごしたいのかもしれない」

よくあることですが、お父さんはカメラを忘れてきてました。

それで、アイビーさんのお写真はありません。









キューちゃんの妹、ルンちゃん登場


まあるくて黒いものが、キューちゃんちにやって来たのは、年末のことでした。

お母さんが、真ん中のおへそのところを押すと、ぽんぽん、と言って動き始めます。

キューちゃんのほうへ、突然、平気で向かってきたりします。

「お掃除してくれるんだよ。犬の毛もしっかり拾ってくれるから助かるわ」

お母さんはとても気に入ったみたいです。

「やっぱり、ブラシタイプでなくて、ローラタイプで正解だった。ブラシに毛が巻きついたら大変よ」

椅子を机に上げたり、カーテンをどかしたり、ルンちゃんのお世話ばかりしています。

「かえって前よりも、お母さんの仕事がふえたみたいだ。ほっておいたら、自分で考えてやれるみたいだよ」

お父さんは、見ているだけで、何にもしてあげません。

「キュートはやきもちを焼いてるのかなあ。動き回るから、生きものだと思っているかもしれない」

「うん、でも追いかけ回して、舐めたりしているからね。好きみたい。きっと妹と思っているんだよ」

この頃では、ルンちゃんの始動が、老夫婦の毎朝の習慣になってきました。

「外から部屋の中をのぞいたら、誰もいないのに、黙々と掃除してた。陰ひなたなく働いてる。たいしたもんだわ」

怠け者傾向がたくさんあるお父さんは、すっかり感心しています。

「止めると、悲しそうな声を出す。よっぽどお掃除したいのね。キューちゃんが心配そうに駆けつけるよ」









リードを手離して、散歩してます。


「手からリードを離しても、脱走しなくなった。トコトコと付いてくるんだよ」

夕散歩の後、お父さんが報告してました。

そうなんです、この頃キューちゃんは、リードを引きずって散歩してます。

山の中の滅多にない誰も通らない村道だから、交通事故の心配はありません。

「以前は、隙を見て脱走してたけど、歳とったのかなあ。考え方を変えたのかも知れない」

お父さんは、薪ストーブの焚き付け用枯れ枝を、拾えたりするので、ご機嫌みたいです。

「今日は、道の真ん中で、スリスリを始めた。せっかくだから、ほうっておいてやった」



RED FIVE子ども会に、行ってきました。


11月24日、山中湖ドッグリゾートWOOFでのRED  FIVEのこども会に、行ってきました。

参加はguestのコーギーも含めて、33匹。

キューちゃんにそっくりなコーギーが、そこらじゅうにいました。

キューちゃんのお父さんはあちこち行って、よそのコーギーたちに、すぐに手を出していました。

それで、キューちゃんは、ずっとお母さんにくっ付いていました。

今回目立ったのは、細いコーギーたち、それとしっぽコーギーも、なぜか今年はたくさん居ました。

コーギーというと、ずいぶん大きめのを見ることが多いのですが、それはほとんどいませんでした。

そうそう、ダイナちゃんもキューちゃんも、集まったRED  FIVEコーギーのなかでは、5番目くらいの年長でした。

「若い人たちが多かった。コーギーも幼い子がたくさん居た。みんな元気だった」

お天気にも恵まれて、誰もが楽しそうでした。

「だんだん年取ってくると、そのうち、ここまで来れなくなるかもしれない。

まあでも、来年の今日を目標に、また1年がんばることにしよう」




苦手な散歩道


朝や夕方の散歩で門から外へ出た時が、重大な分かれ道です。

キューちゃんは右手、坂道を下って行くほうへ行きたいのです。

お隣のお家も見えるし、田んぼや畑と、ブルーベリー畑の間の明るい小道です。

なのにお父さんは左手、ゆるやかに坂道を登っていく道へと、引っ張ります。

「行くよキュート、こっち。どうしたの」

キューちゃんは足を踏ん張って、嫌がります。

尻尾だって下がって、誰が見たってキューちゃんの気持ちはわかるはずです。

それでも、お父さんは無理やりリードを引っ張ります。

そうしていて、突然リードを緩めます。

前には、ずっこけてしまったことさえ、あったのです。

「やっぱり嫌か。仕方がないなあ。

こっちだったら、焚き付けの小枝が拾えるのに…。

なんか居る気配がするんだろうか。

大きな動物だろうか。

何百メートルも、家もなにもない山道だもん、居るかもしれん

危険を知らせてくれてるのかもしれないなあ。やめとこう」

そして、年老いた人間一人と、尻尾を掲げたコーギー一匹は、明るい坂道を降りていくのです。



久しぶり、暖かい朝に


今朝、6時少し前のことでした。

いつもとは違って、だいぶやかましい物音に、目が覚めました。

お父さんでした。

いつもはお母さんが先に起きてくるのに、珍しいことです。

お父さんはキューちゃんの様子をうかがった後、薪ストーブの前に腰を下ろしました。

じきに、たくさんの粗朶の燃えるいい香りがしてきました。

それから、お父さんはガラス戸を開けました。

外はまだ薄暗くて、少しためらったみたいです。

でも結局、キューちゃんを、デッキへ押し出しました。

あれっ、こんなこと前にも何度もあったような…。

お父さんは、ガラス戸を閉めて、また薪ストーブにしがみついています。

すると、軽トラックが門の方から入ってきました。

そうでした。

新聞配達のおばさんが、6時にはやってくるのでした。

「キューちゃん、久しぶり。元気だったの。良かったねえ。カワイイ、美人さん、美人さん」

あとは、カワイイ、カワイイ、美人さん、美人さんの繰り返し、猛攻撃でした。

今朝はほんとうに暖かい朝。

それで早くに起きてきたのでしょう。