ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
待つコーギー犬


この頃は、朝5時30分過ぎになると、お父さんがサークルのところにやってきます。

「おはよう、キュート」

キューちゃんのお顔を、もみくちゃにします。

それから、ガラス戸を開けて、デッキに出してくれます。

6時前後に、新聞配達のおばさんが、軽トラでやってきます。

「キュート、美人さん、美人さん。」

おばさんは、デッキのトビラの向こうから、可愛がってくれます。

毎朝、毎朝、おばさんが来るのを待って、1日がはじまるのです。



検索「ゴンタ迷子札」


「お父さんが、キューちゃんに付けた迷子札、字が消えてしまっているよ。どうしたのかしら」

「えっ、書いた上に、セロテープでぐるぐる巻きにしたから、雨でも消えるはずないけどなあ。」

わたし、コーギー犬のキューちゃんが、あんまりなんども脱走するので、お父さんは心配になってきたみたいです。

「こいつは、飼い主には寄ってこないけど、知らない人にはご機嫌とりに行く。

捕まえてくれたとき、電話がもらえたら、ありがたいからなあ」

そんなことを言って、鍵に使う緑色の名札を、キューちゃんの首につけたのです。

「キュート、見せてごらん。なんだ、かじったのか。

やはり、専用のでないとダメか。そうだ、犬笛もだ。今度街で買ってこよう」

でもその前に、テレビで「検索 ごんた迷子札」というのを見つけたのでした。

マルカンというペット関係の会社が、無料で作ってくれるみたいです。

保護犬になってしまって、処分されることを、防ぎたいということです。

「ありがたいことだ。けど、三ヶ月の待ち時間の間に、なにか起こっても大変だ。

送信はしたけど、臨時のものも考えてみよう」

というわけで、めいわくにも、キューちゃんの首に、また何かぶら下がるみたいです。





春の嵐、その直前に


昨日4/29の午後、ブルーベリー畑にいると、遠くから花火の音が、聞こえて来ました。

白鳥神社の春祭り、投げ餅の合図だったのでしょう。

そしてしばらくすると、村道を歩いている、背の低いけものの姿が・・・。

わが家の愛犬キュートでした。

どうして、あんなところを歩いているんだろう、なんてことは後回し。

捕まえようと近づけば、こちらをみながらトコトコ、またトコトコ、どこまでも逃げていきます。

けっきょく、1キロほども追いかけたところで、農家の人に確保してもらって、一件落着。

よその人にはすり寄っていく、ブルーベリー狩り園の看板犬としての習性で、なんとか解決でした。

すると、西の空で雷鳴、真っ黒な雲が。

家に帰り着くとすぐに、激しい雨が降って来ました。

風も吹いてきて、まだ4月だけれど、メイストームの様相。

早くに脱走犬を確保できて、ほんとうによかった。

脱走、でも大人になりましたから。


夕散歩の時でした。

お母さんと、ブルーベリー畑に降りていくと、お父さんが剪定をしていました。

「うわぁ、びっくりした」

「うん、キューちゃんだよ」

このふたりは、いつも、おんなじ会話をしているのです。

それから、お母さんが、リードをぎゅっと、引っ張りました。

「あっ、抜けた」

首輪がすぽっと抜けてしまったのです。

去年の秋、北軽井沢鬼押し出しでの、すっぽ抜け事件以来の出来事でした。

あの時には、みな母さんや、ゆめ姉さん、ダイナ姉さんと、そのファミリーの皆さんが、いっしょでした。

しっかり、恥ずかしい思いをしたはずでした。

それなのに、首輪を縮めたりはしてなかったのです。

もちろん、キューちゃんは猛ダッシュ。

追いかけて来たふたりは、あぜ道ではさみうちにしようとしました。

だけど、乾いた田んぼに飛び込んで、いちもくさん。

「お母さんは車を持って来て。追いかけてるから」

でも、しばらくしてお父さんがスマホしました。

「捕まえたよ。もう大丈夫。というか、自分から寄って来て、首を差し出した。大人になったなあ」

わたしキューちゃんは、お父さんとお家へ帰りました。

「そうか。9.3kgと言ってた。少しやせたんだったなあ」
ガムもジャキーもダメ、ダイエットだって


「9.6キロですね」

一ヶ月近く、期限切れのままなっていた、8種混合の予防接種に、行った時のことでした。

診察台にのせられたキューちゃんを見ながら、お医者さんがおっしゃいました。

「ああ、9.6キロですか。」

お父さんは、のんびりとお返事をしました。

「もう1キロは、減らしたいですね。8キロ台に。何を食べさせていますか」

「えっ。えーと、ドッグフードです」

いまどき、味噌汁かけご飯などを、食べているイヌなんて、ほとんどいないと思いますよ。

「あっガムとか、あの〜、肉の干物みたいなやつ」

本当は、ミカンのちぎったのとか、いも切り干しのかけらとかも、いただいています。

「ジャーキーですか。ガムもそうですけど、意外にカロリーが高いですよ。とにかく、ダイエットした方がいいです」

キューちゃんを抱っこして、車に乗せながら、お父さんは言いました。

「9.6キロなら、ペンションも小型犬扱いでいいと思った。どうする、戻って話したら、また厳しくなるぞ」

そんなこといっても、おしゃべりなお父さんです。

またまたダイエットが、きつくなりそうです。

4月に備えてダイエット


「あっ、コーちゃんだね。かわいいねえ。ダイエットしてるんだ。」

スーパーの駐車場で、お母さんを待ちながら、散歩していたときでしな。

どこかのおばさんが話しかけてきました。

キューちゃんが、飛びついてあげると、喜んでハグハグしてくれました。

「この時期はどこでも、ダイエットするんだよね。ああ、いい子だ、いい子だ」

「そうなんですか。うちは、前のコーギーが腰を痛めて、かわいそうだったから、うるさいんです」

お父さんは、リードを少し引き寄せながら、ゴニョゴニョと言いました。

「フィラリアの薬が、1キロ重くなるたびに、高くなっていくからね。もうじきに4月だから、みんな真剣」

お父さんには、初めて聞く話のようでした。

そして、おばさんは続けて言いました。

「ちょっと待ってね。うちの子にも会ってやってね」

すぐ近くの白い車から、若くてきれいなシバを、降ろしてきました。

「あっ、シバとはどうも相性がわるいんです」

今度は、真剣にリードを引き寄せました。

「コーギーはねえ、やっぱりそうなんだ。この子、2歳。いい子でしょう。男の子なんだよ」

白い車の運転席から、お父さんらしい人が、こちらを見ていました。

待ちくたびれているように思えました。










落雪のキュート


「ねぇ、キュート、おかしいよ」

お母さんが言いました。

「夏の時と同じ。キッチンのかげに隠れてる。追い出したら、こんどはお風呂に隠れた。

どうしたのかしら、あのときは雷だったけど、今日はこんなに晴れて静か」

「おかしいな。どうしたんだろう。なんか理由があるもんなあ」

「廊下部屋に入れておいたら、ガラス戸をこじ開けてきたよ。

陽が当たって暑すぎたのかもしれない」

お母さんは、お風呂からは、追い出しませんでした。

「あっ、わかった。雪だよ。屋根からデッキに落ちる雪の音が怖いんだ」

「そうか、本当に音に敏感だものねえ」

そうなんです。

わたしキュート、ふだんはヘソ天で、怖いもの無しなんですけどね。

そして、昨日も、怖い物音がして、雪が落ちてきました。

「キュート、ソファに駆けあがって、お母さんの懐に、飛び込んでいった。やっぱりそうなんだ」


キュート、村内テレビに登場


「ねぇ、ねぇ。キュート、テレビに出てたよ。それも、2回も。」

ケーブルテレビの村内放送を、見ていたお母さんが、言いました

お父さんは、この何ヶ月、毎日毎日、ストレッチとかいうのに、余念がないのです。

「左足のふくらはぎが激痛で、痺れるんだぞ。少しは、楽になってきたかなあ」

漢字6文字の、なんだかおどろおどろしい名前の、症状だそうです。

「途中の花の谷の私設エイドのとこで出て、エンディングのとこでも。

やっぱり嬉しそうな顔して、おもてなししてた」

それから、付け加えました。

「よくわからないから、録画やってね。」

この頃は見てないけど、お母さんは、韓流ドラマなら、なぜか録画ができるみたいです。

翌朝、つまり昨日の朝、一回目の放映の時、お父さんは録画をしました。

そして、アイパッドで、写真を撮りまくりました。

「それにしても、うまく撮ってるし、編集してある。すごいなあ」

それから、付け加えました。

「これって、ユーチューブにアップできないものだろうか。

日本語と英語と2種類くらいで、毎週、やっていくといい。

ウルトラRUNもだけど、太田稲荷のお練りとか、ハザかけ風景とか、どれでも気に入ってもらえる。

そしたら、外国人客2,000万人のうちの2,000人くらい、売木村に、来てくれるかもしれない」

そんなことになったら、大変でしょう。

なんだか、飛躍が大きいのでした。



キュート、かんぼ美浜に泊まって、ご満悦


「キュート、今日は、単独車中泊ではないからね」

ある朝、キューちゃんを抱き上げて、車に乗せるとき、お父さんが言いました。

そうなんです。

たまには、旅行に出るときがあるけれど、たいていキューちゃんは、車中泊なんです。

「伊豆は競争が激しいのか、ペットと泊まれる宿のいいのが、たくさんある。

そういうのが、もっと近くにも、ないものだろうか」

それが、知多半島にありました。

山の中に住んでいるので、海の近く、つまりお魚が食べられるところが、お好みなんです。

かんぽの宿美浜は、伊勢湾を行き来する船が見えます。

中部国際空港に、着陸する飛行機も、見えました。

「ということよりも、リニューアルして、ペットと泊まれる部屋を作ったのがいい。

一般客の部屋とは、廊下をドアで仕切っている。

ペットの出入りが、別の入り口だから、気兼ねしなくてもいいんだ」

部屋の床も、ペット対応になっています。

一般客の部屋が、1人12,000円だとすると、14,000円。

二人で泊まると、ペット宿泊料金が、4,000円の計算になります。

「けど、部屋の広さが、一般の1.5倍くらい。

開口部、つまり窓が、一般客の部屋は2枚なのに、6枚もあって、開放的だ。

何よりも、清潔感があって、うれしい」

というわけで、かなり気に入ったようでした。

「ここが流行って、全国に広まらないだろうか。

そしたら、かんぽ巡りとかも、するんだけど・・・。」

キューちゃんのお友達


キユーちゃんのお友だちが、若くて素敵なお姉さんと、遊びに来ました。

柴犬だそうです。

「コーギーは、シバとは、相性が悪いって聞く。

実際、仲良くできないシバがいるんだけど、この子とは大丈夫」

もともと、山の中育ちで、ほとんど同族と、出会うことがないのです

ブルーベリー園の看板犬、という立場を、知ってかどうか、人間にはとても友好的、なんですけどねえ・・・。

たいてい、出会ったときは、お互いクンクンして、いいかなと思います。

でも、別れ際に、キュートがガウガウをやって、相手も応戦ということになりがちです。

もっと遊ぼうよ、というつもりで、吠えるみたいですが・・・。

それでも、相手は、喧嘩を売られたように、思うのかもしれません。

それはともかく、 かっこいい友だちができて、良かった、良かった。