ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
脱穀も始めました


売木村の農業法人・ネットワークうるぎの稲刈り、例年よりは、だいぶ早く進んでいます。

「ネットの稲刈りが終わったら、うるぎの稲刈りは、全部終わったことになる」

いつもそのように言われてきましたが、今年はちよっと、異変が・・・。

つい先日は、村のいくつかの農家と、ネットワークうるぎの稲刈りが重なって、ラッシュ状態になったりもしました。

雨が続いて、村の農家の稲刈りが遅れたのと、若手が増えたネットの稲刈りが、早まったのとのせいでしょうか。

そしてもう、稲刈りの終盤に並行して、脱穀も始まりました。

先月末、雨続きの合間に、奇跡的にできた、武蔵野の中学生の稲刈り・はざかけ分は、すでに完了。

その後の分に、取りかかっています。

今年のできばえは?ですか。

重い稲束が多いように思います。

きっと美味しい高原のお米が、味わえることでしょう。






ミステリーサークルふう、いもち病だろうって


「いもちだろうと言ってた。肥料が余分に、こぼれたんでないかって」

せっかく黄金色に色づいた稲田なのに、真ん中あたりが、いびつな円形状に、へこんでいました。

葉っぱが縮れたようになっていて、軽くてほとんど実は、ついてないようでした。

9月の長雨も響いたかも、と思いました。

とてもミステリーサークルなんて、言ってられませんでした。

こんなふうに倒れていると、バインダーで刈るのもちよっと苦労です。

と言って、刈らなければ、病気が残ってしまうし、見た目もよくないのです。

余分な手間をかけて、なんとか片付けたのでした。


うまい!うるぎ米育て隊、クラブで参加も

今年になって3回目の育て隊、午前が農家体験、午後は田んぼの草取りでした。

今年の特徴のひとつが、子供連れファミリーが多いこと。

いつも、子どもたちの賑やかな声が、聞こえてきます。

子どもたちに聞くと、たいていはお父さんが言い出して、とのこと。

素敵なお父さんが、農村好きの子どもたちを、つくっていくように思います。

また、浜松のある大きな社会福祉法人からの参加も、育て隊実行委員会が、とても喜んでいることのひとつです。

これは去年からで、職場内にクラブが作られているとか、団体での参加です。

勤務の関係もあって、参加メンバーは、毎回少しずつ入れ替わっています。

今回は、留学中のアメリカ人青年の姿もあって、人気でした。

日本の山村風景、どんなふうに映ったことだったでしょう。

2009年に今のかたちになってから、今年で8回目、毎回大勢の参加者になりました。

一昨年から、リピーターも可となりましたが、それもまたよし。

このさきも、長く続いていくことでしょう。



ハロウィン焼酎、販売中です


農業法人ネットワークうるぎでは、すでに数年前から、ハロウィン関連商品を販売しております。

その名も、焼酎「いいじゃんか」。

そう、ハロウィンいいじゃんか、コスプレいいじゃんかのノリ。

なにしろ、この焼酎、売木村産のかぼちゃが、原料なのですから、ピッタリでしょう。

どうぞみなさま、ハロウィン焼酎「いいじゃんか」で、10月31日をお楽しみください。

以上、

『かぼちゃ焼酎「いいじゃんか」を、ハロウィングッズに進化させ、ネットワークうるぎを、応援する会』

からのお知らせでした。



ネットワークうるぎの稲刈り始まる


9月27日に、武蔵野四中の1年生による、とても手際の良い稲刈りが行われました。

そして、翌日28日から、ネットワークうるぎの稲刈りが始まりました。

「ネットが終わったら、うるぎの稲刈りは終わりだ」

そう言う声があるとか、ないとか。

でも、今年は先陣を切りました。

ご存知かと思いますが、はざかけ米です。

バインダーと呼ばれる機械で、ひとすじずつ刈った後は、束を田んぼから拾い集めます。

そして、軽トラに載せて、はざかけ場に運びます。

はざに掛けて、ひとまず終了。

という具合に、おそろしくアナログ、手作業なので、老人にもいろいろ仕事はあるのでした。

今のところ、幸いにも台風も来ません。

やるなら今でしょう。




うまい!うるぎ米育て隊、椎木準備完了


iPhoneImage.png

3日間降り続いた雨がようやく止んで、昨日は朝から穏やかな春の日となりました。

とはいえ、村の中には、落雷のせいで、テレビの映らなくなったままの家も、あるようです。

村の中心部あたりでは、ひどい落雷があったのでしょうか。

久しぶりの晴天だったので、初めての遠いコースに、キュートの散歩に出かけると、途中に立派な椎茸の原木が、積んでありました。

そこへ軽トラが3台。降りてきたのはネットワークうるぎのスタッフ4人でした。

「あれっ、どうしたの?。今日はこっちで仕事するの?」

「土曜日の育て隊に使う椎木を取りに来た」

でも、3台では載せきれない量でした。


「ウチの軽トラも持ってこようか。家まで乗せて行って」

と言うわけで、キュートとともに、助手席で家まで軽トラを取りに・・・。

その後、合計4台の軽トラに、太いのやら細いのやらコナラの木の丸太を積み込んで、4/18のシイタケの駒打ち会場、役場へ向けて出発しました。

参考までに、500mlペットボトルの太さまでの丸太の中には、荷揚げ、荷下ろしにタッチ参加したものもあります。

それより太くて重いものは、一切さわりもしませんでした。

なにしろ、最年長、おまけに薪投げ肘というけが人なのです。
ラッシュかダッシュか


「ゴールドダッシュでないだろうか。ネットワークの衆は、間違えとると思う。」

村のあるお家で、トウモロコシの品種名について、そんな会話があったとか。

売木村にある農業法人、ネットワークうるぎが力を入れているのは、ゴールドラッシュです。

この何年か、刈谷のオアシスや浜松遠鉄前、あるいは長久手のござらっせ、豊橋駅前などに、売りに出かけて、美味しい、甘いと好評を博しています。

それぞれの地で、うまい!うるぎ米育て隊の皆さんに、販売応援に来てもらっています。雰囲気がとたんに、オシャレで爽やかになって、ますます売れ行き好調になるのです。

9月になって、トウモロコシの話題なんてという所でしょうが、なにしろ寒冷地、最初の種まきからして、遅めなのです。

それに、今年は8月半ばからの天候不順、日照不足で、なおのこと収穫が遅れました。でも、ここまで来ると、さすがにトウモロコシの季節も終了。

村で一つしかない信号交差点に、立てたのぼりも、片付け目前という所です。

稲刈り、まだやってます
 

ネットワークうるぎの稲刈りが、まだ残っているので、出かけるつもりで外へ出たら、ポツリと雨が・・・。

田んぼというもの、ぬかるみやすいので、一度雨が降ったら、二三日は晴天が続いても、作業不可能となります。

でも稲刈り、やっていました。この時期にやっているとしたら、ネットワークの田んぼしかないのです。なにしろ、高齢化した農家の田んぼを、あちこち引き受けて頑張っているのです。

手刈りこそしないけれど、はざ掛けにこだわっています。非能率なバインダー刈りのため、稲束を拾い集めなければなりません。

というわけで、雇用されるほどの体力さえないことはわかっていますが、枯れ木も山の賑わいです。いや稲束を拾い集めたり、軽トラを運転することくらいはできるのです。

ところが、何人かの現役年寄り、そして何人かの本物の若者たちと、ぬかるみにはまった軽トラを押したりして頑張っていると、雨はますます激しくなってきました。お昼で本日はおしまい。

本日、朝の気温が5℃、最高気温が10℃くらいだったでしょう。軍手の指先がつめたくなって、カラダがすっかり冷え切ってしまいました。

今週は秋晴れに恵まれるはずではなかったのか。確かに売木村は雨に傾きがちな所、天気予報で曇りだったら、必ず雨になります。
でも、もう少しもってほしかった。
トウモロコシ収穫に救援出動
 

ほぼ一ヶ月ぶりで雨の降った日の翌々日、早朝5時半に、ネットワークうるぎのトウモロコシ収穫に行って来ました。トウモロコシのことは、この辺りでは、キビと言う人もいます。

今年は、スズメバチの来襲が7月からあったものの、ジャム用のブルーベリーの実の収穫は、ずーっと、ほそぼそと毎朝できてきました。
とてもネットワークの手伝いに行く余裕はなかったのです。

もちろん、あてにされるほどの働きが出来ないのも事実です。
ところが、その日、たまたま働き手不足で、ネコ以下の手でも、あてにされそうだったので、そういう日は出動する価値がある、というものでした。

すると、みなさん危機感に燃えたのか、予定以上の人員が集まっていました。おまけにかなり採り尽くされていて、収穫作業は早くにおわりました。

その後にキビの製品化作業、つまり清掃やら選別がありましたが、それも早期に完了。

朝めし前のひと時を、なんとか終えることができたのでした。

なお、上の写真は別の日のもっと快適な収穫作業風景です。
当日はカッパに長靴、泥にまみれての作業であったことを、申し添えておきたいと思います。




どんどん進化、案山子つくり


うまい!うるぎ米育て隊の5回めは、午前が案山子つくり、午後はトウモロコシ収穫と野菜畑手入れ。

野菜畑には、白菜の苗を植え、ダイコンの種を蒔きました。夕方からタイムリーにも雨が降ったものの、この後も暑い日がありそう。そのぶん、虫さんたちと草さんたちが気にかかりますが、まあなるようになるでしょう。

案山子つくりは、抜群の出来栄えでした。やはり、前年の写真が参考になるのか、準備品もよく吟味されていたと思いました。

まったくの私見ですが、アピールできる案山子の秘訣は、できる限り派手な衣装を用意すること、いろいろ小道具、大道具を用意して、存在感を持たせること、のように思います。

それと、骨組みの十文字の竹に捉われず、ハリボテ的な立体感のあるものもあって良いように思います。そんなのは案山子でないと言われれば、それはそうですが・・・。短い時間内ではそこまではむつかしいかもしれません。

なお、案山子つくりコンクールが、今年から行われることになりました。育て隊の案山子の他、オープン参加の案山子も募集しています。作ってみませんか。
まだ、手元に資料がないので、具体的なことは近日中にUPすることとします。

極秘情報では、村長さん自らが、賞品(副賞?)用の「マツタケ」を、この秋、山に採りに行く予定だそうです。