ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー狩り、今夏は中止です。

コロナウイルス感染防止のため、2020年夏のブルーベリー狩りは、行わないことにしました。
大変残念ですが、検温や消毒、受付での密集回避など、年寄りふたりでは、充分に対策できそうにありません。
また、病院まで1時間以上かかる山の中のため、もしものことがあると、みんなが困ってしまいます。
どうかお許しください。
来年をめざして、手入れに努めますので、よろしくお願いします。

以下、令和3年(2021年)夏のための、参考資料です。(作成中)

1 入園料 (時間制限なし・2,500坪の園内で、自由に食べ歩いて、お土産パックをつくる)
☆ 大人
○ミニパック付き 500円
○大バック付き 1,000円
○大パック2つ付き 1,700円
☆ 小・中学生
○パック無し 200円
○ミニパック付き 300円
○大パック付き 500円
☆幼児
○パック無し 0円
○ミニパック付き 100円
☆ペット 0円

2 開園期間
7月7日頃~8月8日頃
090の7862の4605へ確認してから、おでかけください。

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
昔、狼がすんでいたという大岩


 「昔は、子どもが生まれると、お祝いに、お餅をついて、狼の巣に届けたそうだ」

 そういうことに、詳しくて、おまけに足腰の達者な八十翁が言いました。

 ところが、人間の子どもなのか、狼の子どもなのか、どちらが生まれたときのお祝いか、を聞き落としました。

 それはともかく、実は、去年の秋、問題の狼の巣のあったという大岩に、行ってきたのでした。 

「うーん、15分もあったら行ける」
ということで、元気はつらつのお姉さまたちもまじえ、総勢10名ほどが、山道を登っていったのでした。

 そうそう、登り口は、国道418号の、その名も「山ノ神」と呼ばれるところでした。
もちろん、山の神って、山犬と呼ばれることもある、狼のことだと思っています。

 そして、かれこれ50分ほどで、ようやく問題の大岩にたどりついたのでした。まったく、「田舎の人の15分は気をつけろ」です。でも、楽しかった。

 大岩の下は、写真のように、洞穴になっていて、人間でももぐりこめるくらいでした。動物の小さな骨のかけらがころがっていましたが、たぶん狐か何かのせいでしょう。

狼のせいだったら、すごいのにねえ・・・。

 写真では、そんなに大きく見えませんが、岩の上に10人以上の人間が座って、お菓子を食べてもも、まったく大丈夫な大きさでした。

 残念なことは、周りの木が大きくなりすぎて、見晴らしが悪くなっていることでした。これは、このあたりのあちこちの場所についていえることです。

さて、お餅はどちらのお祝いなのか、ですが、
「ああ、それはもちろん、狼に子どもが生まれたときに、お餅をもっていったのです」

やはりそうか。でも、こんな山の中で狼の子が生まれて、どうして村の人たちに、わかるのだろう。

それくらい、昔は人々が、山と深くかかわって、暮らしていた、ということなのでしょうか。

 なお、村には、こことは別に、狼岩というのがあるそうで、ここは狼の巣というのだそうです。

日本の野生動物たちのことは「狩りの語部」でどうぞ
JUGEMテーマ:地域/ローカル


 売木村のある人から、下記の本を貸していただきました。
「狩の語部 松山義雄 法政大学出版局」
 これがとてつもなく面白いのです。熊のしりもち、猪(しし)の十六、日本狼の墓標、伊那の狩り犬、狢(むじな)火の村から・・・と次々に動物が登場します。、

 筆者は、南信州の阿南高校や飯田長姫高校で先生をしていた人です。
 内容は、伊那谷の猟師たちから聞き集めた膨大な量の動物たちの話をまとめたものです。
 でも、動物を殺してきたはずの猟師さんたちの話なのに、読めば読むほど、動物たちばかりでなく猟師さんたちのことまでも好きになってしまうのです。
「動物愛護協会」の賞を受けたそうですが、納得です。

 などといっても意を尽くせないので、帯の文章を引用します。
「人間と動物とが自然の中で命をすりあわせている暮らしの感触のなまなましく伝わってくる・・・(朝日新聞)」他にも紹介したい文がいくつも本の帯にあるのですが・・・。

 この本は1977年初版なので、もちろん在庫はないと思いましたが、どうしても読みたいとネットで検索しました。
 いまさらながらすごい世の中です。札幌の並樹書店に正・続・続々の三冊ともがあることがわかり早速送ってもらいました。
 北海道からふるさとの伊那谷へ帰って来た本ということになるでしょうか。

 「カテゴリー」名の「日本狼の墓標」は、この本から借りました。「狼の晩夏」というカテゴリー名も考えたのですが、どっちみちパクリなら「狩の語部」から、ということにしました。無断パクリの件、お許しください。
 狼のいくつかのお話はいずれ・・・。

 なお、上の左半分、頭骨写真も「狩の語り部」からの勝手な引用です。これもお許しを。
 この頭骨は狼のものだといわれていて、我が家から東へ40分ほどの集落に、今もあるようです。その話もいずれ・・・。