ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
りんご薪材、もらってきました。


50キロメートル先では、いくら絶品薪材のりんごの木でも、もらいに行けるはずはありませんでした。

ところが、なんと村内で、りんごの木を伐るというはなしが…。

早速出かけて行きました。

植えて30年で、もう寿命だそうです。

「切り口を見るとわかると思います。シンのところに穴があいてます。

品種改良したのは、こうなりやすいのです。」

たった30年で伐らなくてならないなんて、思ってもみなかった。

そう言えば、ある程度若い木の実が美味しいとか、聞いたことがあった気がします。

あまり長い年月にわたっては、収穫できないんだろうか。

どんどん新しい品種が出てきて、そのための更新も必要とか。

とにかく大変なことのようです。

そうそう、持ち帰って早速玉切り。薪割りもしました。

固いと聞いてたのに、意外に楽に切れたし、素直に割れてくれました。

今冬ではなく、来冬には、大切に薪ストーブで焚くつもりです。


おじいさんが、自分でリンゴの木を切っている


「オヤジが、りんごの木を、毎日切り倒しています。

以前に、自分が植えた木です。

年をとって、もうやれなくなったから、と言って…。」

ある人から聞きました。

「自分は勤めていますし、りんごをやろうにもほとんど何も知らないですしね…」

りんご栽培、大変なことは簡単に想像できます。

消毒の仕方や苦労、真冬にやる剪定の技術、収穫して運搬することだって、重くてたいへんでしょう。

勤めているほうが、はるかに安定した生活ができそうです。

体だって楽でしょう。

でも、せっかく植えて大きくなったのに、本当に残念なことでしょう。

子や孫が継いでくれる時代ではなくなってしまって…。

かと言って、消毒もせずにそのままにしておけば、周りの農家に迷惑をかけることになります。

「こんなことを言ってなんですが、りんごの木は薪ストーブには絶品なんですよ。

火持ちがいいし、香りもいい」

不謹慎にも、口をすべらしてしまいました。

「ええ、近くにそういう家が何軒かあって、引き取ってもらっています」

わが家だって、貰いに駆けつけたいところです。

でも、50キロメートルも遠くの地の話なのでした。

「せめてもう少し、りんごが高く売れるんだったらねえ」

まったくです。

それは、日本中の農家の思いでしょう。










薪ストーブが焚けない


昨日日曜日、午後7時58分の外気温は11℃でした。

ちょうど、「ポツンと一軒家」が始まった時間です。

外気温といっても、なんらかのカバーがしてあるところでの温度と思います。

ネットでfenki.jpを見ると、午後7時で13℃。

やはりそんなものか。

わが家はOMソーラーと言う太陽熱利用の暖房設備を入れています。

それで、室温は26℃、これでは薪ストーブを焚く楽しみが味わえない。

まだ桜のつぼみも硬いのに、こんなに暖かくて大丈夫だろうか。

どうも今週一週間、こんなような暖かさのようです。

とは言え、まだ寒の戻りは有るのでしょう。

慌てて野菜の苗を植えるのは禁物でしょう。

夜半になって、激しく雨の降る音が聞こえてきました。

よかった。

これで椎茸も少しは生えてくることでしょう。


テント薪ストーブ


今年はまだ暖かい日が続く、と言っても氷点下前後の朝が多い毎日です。

ところが、そんな寒さなのに、キャンプ場は大にぎわい。

何台もの車が止まって、いろんなテントが並んでいます。

そんな日曜日の朝に、通りかかったら、煙突の出ているテントを見つけました。

偶然なのか、近くに三つも集まっています。

なんと、煙まで出ていました。

こうなっては、車を停めざるを得ません。

近づいて声をかけて、中を見せてもらいました。

「あったかいですよ。片付ける時は、煙突も何も、全部胴体の中へ入ります。値段は4万円くらい」

なるほど、今はこんなものまであるんだ。

いろいろ最新のツールで固めてのキャンプが喜びなのかも、と思いました。

そうそう、むくつけき山男ではなく、都会風のイケメンが多いみたいでした。


巨大薪ストーブ、デファイアント


「あれって、アンコールじゃないんだろうか。アンコールにしては、大きすぎる気もする」

山中湖のワンズリゾートのロビーに入ると、薪ストーブに火が入っていました。

普通の人にはいざ知らず、薪ストーブ狂にはとっても存在感のあるストーブです。

ストーブ側面を見ると、DEFIANTとあります。

そうか、バーモントキャスティング社には、アンコールよりも、ひとまわり大きな薪ストーブがあったんだ。

あとで調べてみると、60cmの薪が入るとのこと、アンコールは45cmが最大です。

デザインはまったく同じ、大きさが違うと思います。

ワンズリゾートは、ある会社のリゾート施設をリニューアルして、この5月にオープンしたとのこと。

新築かと思うくらいきれいで、スタッフの雰囲気も良い、ペット同伴可の宿です。

この薪ストーブ、翌朝は火が入っていませんでした。

朝の忙しい時、この人手不足の時代、薪ストーブの世話まではしていられないでしょう。

そうでなくても、とってもたくさんの薪がいるはずです。

前日に、燃えているのを見れて、よかったよかった。




怖かった花火


11月23日、キューちゃんちは、ワンズリゾート山中湖で、ダイナちゃんちと落ち合いました。

ダイナちゃんは、やっぱり色白の美人さんでした。

RED  FIVEのこども会を翌日に控えて、4人と2匹は、ダイヤモンド富士を見に行きました。

でも、富士山は雲に隠れてしまっていて、来年の子ども会まで、お預けとなってしまいました。

それで、湖畔で日が暮れるまで待機した後、花の都公園のイルミネーションに行きました。

着いてみると、日は暮れていたのに、会場は真っ暗でした。

なんと、開会セレモニーが始まったところだったのです。

それがキューちゃんたちには、大災難でした。

誰か偉い人の挨拶が終わった途端に、目の前で花火が始まったのです。

慌ててお父さんは、キューちゃんを抱え込むと、手でキューちゃんの目と耳をふさぎました。

「ねえ、花火も見たら…。すごくきれいだよ」

お母さんは、手助けしながら、お父さんに言いました。

でも、お父さんは花火に背を向けて、キューちゃんを守ってくれたのでした。

ダイナちゃんも、もちろん震えていたそうです。

きっと、同じように守ってもらっていたのでしょう。

それから、大変な目にあった一行は、イルミネーションの点灯した橋を渡って、宿に帰って来ました。





今日はまずお薪運び


今朝はスッキリした秋晴れの空、おかげで最低気温4.6℃。

かなり低くなってきました。

と言っても、まだ霜は降りてなくて、比較的暖かい日が続いています。

ガソリンやら灯油やらが高騰している折、ありがたいことです。

薪ストーブはというと、焚いたり焚かなかったり。

それでもストーブ脇の薪のストックが、だいぶ減ってきました。

もちろん、早め早めが大切。

朝のうちに、外の薪だなから、一輪車に載せて運びました。

このいっぱいで、どのくらいもつか。

朝から夜まで丸一日焚くなら、多分2日で無くなってしまうことでしょう。

まあそれでも、その仕事が運動にもなるのです。




初めて見る薪ストーブGRAMAN


大鹿村の道の駅「歌舞伎の里大鹿」にあった薪ストーブです。

縦長の真ん中に焚き口があります。

その下は、薪置きでしょう。

もちろん、このくらいのスペースの薪では、数時間と持たないけれど、あってもいいでしょう。

上の段は、キッチンスペースだろうと思います。

鉄板製の、メイドインジャパンとみました。

GRA(FT)MANと、焚き口の下に書いてありました。

帰ってから検索したけれど、詳しいことはわかりませんでした。

ここもまた、冬は雪深い山奥と思うので、火の入る頃に訪れるのは、難しいかなと思いました。



薪ストーブ、20年目の雨漏り


この春先のことでした。

薪ストーブの天板というかストーブトップに、茶色に錆びたしずくの跡が…。

「おかしいなあ、ヤカンから漏れたんだろうか」

もちろんきれいに拭き取ってやりました。

それから何日かして、朝起きて見たら、またしても、今度は少し水が溜まっていました。

今回、やかんは置いてありませんでした。

薪ストーブ、焚いてなかって、本当に良かった。

そのあとにも、もう1回小さなしずく錆で、全部3回の雨漏り。

上を見上げても、それらしい跡は見つかりません。

しずく跡は、ストーブ前面に向かい合った時、いつもストーブトップの右肩あたりでした。

不思議なことは、雨が降ってもいつもいつも雨漏りするわけではないこと。

それに、最初の数滴で、それ以上はたいていは漏れて来ないような印象でした。

ついに、はるばる遠くから煙突掃除も兼ねて、ストーブ屋さんに来てもらいました。

屋根などの継ぎ目とかにコーティング、室内の煙突を外してもらって、様子を見ることに…。

でも、様子を見てたら、やっぱり雨漏り。

昔、建物の雨漏りは、原因究明が難しいと、聞いたことがあったけど、この場合も本当でした。

見上げて見ると、天井の上の煙突内側に、ふたつかみっつのしずくの線が垂れています。

「トップから漏れているかもしれません。取り替えて見ましょう」

その後、少し雨が降って、それから台風20号が来て、それでも雨漏りは無し。

猛暑の時期に雨がなかったりして、ここまで来るのに、随分時間がかかりました。

まだ多少不安はあるけれど、近いうちには、室内の煙突をつないでもらう予定です。

何しろ、10月になれば、初焚きとなるかもしれないのです。

修理としては、高くつくほうになってしまって、もちろん残念です。

でも、20年しっかり使ったからと、自分に言い聞かせることにします。


ハンプトンH300は、高級感ある薪ストーブ


志摩半島の旅館檜扇荘にあった薪ストーブです。

カナダのハンプトン社のH300、ネットによれば、有効暖房面積50坪。

ホウロウ製で、とてもどっしりとして高級感がありました。

バーモント社のアンコールと、イメージが似ている気がしましたが、こちらは横からも薪が入れられます。

檜扇荘のまわりは、ウバメガシの山に囲まれているとか。

もちろん、薪にはウバメガシを使っているそうです。

「自分で伐っているのですか」

「いや、伐っているところを見つけて、もらってくることで済んでいる」

備長炭に使うくらいだから、ウバメガシの薪というのも、贅沢な気がします。

太いのを入れておけば、朝になっても簡単に火がつくほど、持ちが良いようです。

常緑樹だから乾燥が大変と思いましたが、一年くらい置いておけば、普通に燃やせるとか。

残念ながら、わが家の薪ストーブでは、ウバメガシは燃やしたことがないのです。

それにしても、志摩半島なんて、売木村から見れば南国です。

薪ストーブを置いてあるところなんて、ほとんどないでしょう。

「別荘だとかに、案外置いてある」


なお、下はプロパンガスストーブだそうです。  

普通はガストといえば青い炎ですが、暖色の炎で許可がとってあるとのこと。

三重県内で他には、あるかないかくらい珍しいものと、聞きました。

暖房よりも、インテリア目的なのかもしれません。