ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
お風呂を焚く薪


「〇〇さんから頼まれた。

風呂を焚く薪が欲しいから、もらってきてくれ、と言うことだ。

手のこで切ると言うから、細くないといかんだろうなあ」

聞いていると、80を超える一人暮らしの、お姉さまのことのようでした。

その場にいたAさんも、何度か薪を届けたことがあるそうです。

それはもう、自分としても、届けないわけにはいきません。

これで、薪集めに狂う、じゃなかった、ライフワークとする、大義名分が見つかったのでした。

もちろん、これまでも、東に薪ストーブをつけたいと言う人がいれば、薪をあげるからつけろ、と言ってきました。

西に、薪ストーブをつけた人がいると聞けば、無理やり薪を押し付けてきました。

と言うほどには、大勢の人にでは、ありませんけどね。

何しろ、1年は乾かした薪でないと、薪ストーブライフは楽しめないのです。

そんなことはどうでもよくて、さっそく押しかけました。

で、判明したことは、細くて短い薪でないと、役に立たない、ということでした。

風呂の焚き口に、入らないそうです。

とても、長さ40cmのごっつい薪ストーブ用の薪は、役に立たないと判明しました。

でも、細い40僂猟垢気凌鼎髻電動チェーンソーで半分に切るのは、危険すぎました。

薪がガタガタして、足まで切りそうでした。

結局、短い半端な薪を、薪割り機で細かく割って、届けることにしました。

「おじいさんがやってくれてたから、ずーっと薪でやってきたんだけどねえ。

ほんとうに不便になった。」

短く輪切りした薪が、置きっぱなしにしてあったのも、預かってきて、割りました。

だいぶ古くなっていたから、よく燃えることでしょう。

山の中の村なので、コタツに炭を使っているお家も、けっこうあるようです。

でも、どちらも用意するのが、お年寄りにはたいへん。

地球にやさしい燃料だとか、薪で焚いたお風呂は温まりやすくていい、なんて次元の話ではないのでした。


薪材もらってきました


上の写真の薪材、細めの手頃な丸太に限って、太い丸太の下になっています。

とうてい、軟弱田舎暮らしの手には、負えないのです。

何しろ、エンジンチェーンソーも、草刈りビーバーも、持ってはいるけど、使わないようにしてきました。

あの破壊的パワー、ほんとうに恐ろしい、と思いませんか。

それでも、薪ストーブも持って、ブルーベリー狩り農園も、やっているのです。

もう、かれこれ15年が過ぎようとしているほどです。

みなさん、安心して、田舎暮らしをどうぞ。

それはさておき、実は、知り合いの若者が、細い丸太が出てくるたび、譲ってくれました。

自分でも、充電式チェーンソーで、となりの細枝の山によじ登って、丸太を確保しました。

10センチ前後の丸太が、たくさんとれました。

そのくらいの太さだと、薪割りの必要がなくてすむのです。

もはや、取りに来る人が、ほとんど居なくなったので、のんびりと毎日通うつもりです。

何しろ、薪集めは、我が趣味、いや我がライフワーク、なのです。


薪材がもらえるんだって…。


薪材を、希望者に無料配布する、という放送が、役場からあったそうです。

奥ゆかしくも3日後に、現場に駆けつけました。

(奥ゆかしい?ウソです。放送を聞き逃しただけです)

初日には、なんと30人くらいの人で、結構な渋滞だったとか。

世帯数270前後の、小さな村です。

村の全世帯数の1割以上になります。

薪目的が多かったけれど、コナラやサクラをキノコの原木に、と言う人もあったようでした。

山を持っている地元の人でも、木を切り倒すのは大変なのでしょう。

「切り倒しても、山の中から運び出すのが、大変だからねえ」

そういうことですね。

そうそう、Iターンの人のほうが、だいぶ多かったようです。

村内を見回しても、薪ストーブをやっている地元の人は、そんなに多くないのです。

薪ストーブの設置には、役場の補助があるのに、とても残念なことです。

まあ、趣味の世界という面もあるのでしょう。

それはさておき、3日目なんかに駆けつけて、だいじょうぶだったのか、ですか。

もちろん、大丈夫でした。

上の写真のように、まだまだたくさんありました。

と言うべきか、実は上の写真の薪材の大部分は、太すぎて、重すぎて、わが家には手に余るのでした。

という話は、別の日に…。


薪を搬入しました。


朝から雨が降ったり止んだり、だいぶ涼しくなりました。

昨日までの猛暑というか、残暑が嘘みたいです。

明日からの4日間は、最低気温が13、12、11、10℃と、もうすぐ一桁の雰囲気です。

今朝、雨が続く前に…と、薪をストーブ脇に運び入れました。

細い薪ばかりですが、この時期はこれで良いのです。

暖房用という意味もありますが、湿気対策のつもりもあります。

日記を見たら、去年は9/19に薪ストーブを焚く、との記述です。

今年のほうが、少し遅くなるかもしれません。



りんご薪材、もらってきました。


50キロメートル先では、いくら絶品薪材のりんごの木でも、もらいに行けるはずはありませんでした。

ところが、なんと村内で、りんごの木を伐るというはなしが…。

早速出かけて行きました。

植えて30年で、もう寿命だそうです。

「切り口を見るとわかると思います。シンのところに穴があいてます。

品種改良したのは、こうなりやすいのです。」

たった30年で伐らなくてならないなんて、思ってもみなかった。

そう言えば、ある程度若い木の実が美味しいとか、聞いたことがあった気がします。

あまり長い年月にわたっては、収穫できないんだろうか。

どんどん新しい品種が出てきて、そのための更新も必要とか。

とにかく大変なことのようです。

そうそう、持ち帰って早速玉切り。薪割りもしました。

固いと聞いてたのに、意外に楽に切れたし、素直に割れてくれました。

今冬ではなく、来冬には、大切に薪ストーブで焚くつもりです。


おじいさんが、自分でリンゴの木を切っている


「オヤジが、りんごの木を、毎日切り倒しています。

以前に、自分が植えた木です。

年をとって、もうやれなくなったから、と言って…。」

ある人から聞きました。

「自分は勤めていますし、りんごをやろうにもほとんど何も知らないですしね…」

りんご栽培、大変なことは簡単に想像できます。

消毒の仕方や苦労、真冬にやる剪定の技術、収穫して運搬することだって、重くてたいへんでしょう。

勤めているほうが、はるかに安定した生活ができそうです。

体だって楽でしょう。

でも、せっかく植えて大きくなったのに、本当に残念なことでしょう。

子や孫が継いでくれる時代ではなくなってしまって…。

かと言って、消毒もせずにそのままにしておけば、周りの農家に迷惑をかけることになります。

「こんなことを言ってなんですが、りんごの木は薪ストーブには絶品なんですよ。

火持ちがいいし、香りもいい」

不謹慎にも、口をすべらしてしまいました。

「ええ、近くにそういう家が何軒かあって、引き取ってもらっています」

わが家だって、貰いに駆けつけたいところです。

でも、50キロメートルも遠くの地の話なのでした。

「せめてもう少し、りんごが高く売れるんだったらねえ」

まったくです。

それは、日本中の農家の思いでしょう。










薪ストーブが焚けない


昨日日曜日、午後7時58分の外気温は11℃でした。

ちょうど、「ポツンと一軒家」が始まった時間です。

外気温といっても、なんらかのカバーがしてあるところでの温度と思います。

ネットでfenki.jpを見ると、午後7時で13℃。

やはりそんなものか。

わが家はOMソーラーと言う太陽熱利用の暖房設備を入れています。

それで、室温は26℃、これでは薪ストーブを焚く楽しみが味わえない。

まだ桜のつぼみも硬いのに、こんなに暖かくて大丈夫だろうか。

どうも今週一週間、こんなような暖かさのようです。

とは言え、まだ寒の戻りは有るのでしょう。

慌てて野菜の苗を植えるのは禁物でしょう。

夜半になって、激しく雨の降る音が聞こえてきました。

よかった。

これで椎茸も少しは生えてくることでしょう。


テント薪ストーブ


今年はまだ暖かい日が続く、と言っても氷点下前後の朝が多い毎日です。

ところが、そんな寒さなのに、キャンプ場は大にぎわい。

何台もの車が止まって、いろんなテントが並んでいます。

そんな日曜日の朝に、通りかかったら、煙突の出ているテントを見つけました。

偶然なのか、近くに三つも集まっています。

なんと、煙まで出ていました。

こうなっては、車を停めざるを得ません。

近づいて声をかけて、中を見せてもらいました。

「あったかいですよ。片付ける時は、煙突も何も、全部胴体の中へ入ります。値段は4万円くらい」

なるほど、今はこんなものまであるんだ。

いろいろ最新のツールで固めてのキャンプが喜びなのかも、と思いました。

そうそう、むくつけき山男ではなく、都会風のイケメンが多いみたいでした。


巨大薪ストーブ、デファイアント


「あれって、アンコールじゃないんだろうか。アンコールにしては、大きすぎる気もする」

山中湖のワンズリゾートのロビーに入ると、薪ストーブに火が入っていました。

普通の人にはいざ知らず、薪ストーブ狂にはとっても存在感のあるストーブです。

ストーブ側面を見ると、DEFIANTとあります。

そうか、バーモントキャスティング社には、アンコールよりも、ひとまわり大きな薪ストーブがあったんだ。

あとで調べてみると、60cmの薪が入るとのこと、アンコールは45cmが最大です。

デザインはまったく同じ、大きさが違うと思います。

ワンズリゾートは、ある会社のリゾート施設をリニューアルして、この5月にオープンしたとのこと。

新築かと思うくらいきれいで、スタッフの雰囲気も良い、ペット同伴可の宿です。

この薪ストーブ、翌朝は火が入っていませんでした。

朝の忙しい時、この人手不足の時代、薪ストーブの世話まではしていられないでしょう。

そうでなくても、とってもたくさんの薪がいるはずです。

前日に、燃えているのを見れて、よかったよかった。




怖かった花火


11月23日、キューちゃんちは、ワンズリゾート山中湖で、ダイナちゃんちと落ち合いました。

ダイナちゃんは、やっぱり色白の美人さんでした。

RED  FIVEのこども会を翌日に控えて、4人と2匹は、ダイヤモンド富士を見に行きました。

でも、富士山は雲に隠れてしまっていて、来年の子ども会まで、お預けとなってしまいました。

それで、湖畔で日が暮れるまで待機した後、花の都公園のイルミネーションに行きました。

着いてみると、日は暮れていたのに、会場は真っ暗でした。

なんと、開会セレモニーが始まったところだったのです。

それがキューちゃんたちには、大災難でした。

誰か偉い人の挨拶が終わった途端に、目の前で花火が始まったのです。

慌ててお父さんは、キューちゃんを抱え込むと、手でキューちゃんの目と耳をふさぎました。

「ねえ、花火も見たら…。すごくきれいだよ」

お母さんは、手助けしながら、お父さんに言いました。

でも、お父さんは花火に背を向けて、キューちゃんを守ってくれたのでした。

ダイナちゃんも、もちろん震えていたそうです。

きっと、同じように守ってもらっていたのでしょう。

それから、大変な目にあった一行は、イルミネーションの点灯した橋を渡って、宿に帰って来ました。