ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
のの庵の薪ストーブを見に行く



「寒いねぇ。のの庵、ストーブを焚いてたよ」

わが家が、今季初めて、薪ストーブを焚い日のことでした。

ある人から聞いたので、早速というか、ついでと言うか、行ってみました。

なにしろ、煙突から煙が出るので、薪ストーブについては、プライバシーはないのです。

のの庵は、役場の真ん前にあるカフェです。

でも、この地方ではどこでも、地元の人はあんまり行かないのです。

それにのんびりやっているので、お客さんがいないことも多いようです。

入ってみると、薪ストーブがひとりがんばっていました。

屋内外の雰囲気にぴったりの薪ストーブでした。

どんな雰囲気のお店かですか、一見は百聞に如かず。

どうぞ、拙い写真をご覧ください。




薪ストーブを焚きました


本日、朝7時の外気温は13℃。

台風が来るときは、蒸し蒸しと暑いはずではなかったのか。

たぶん、まだ九州の向こうだから、これからなのでしょう。

朝起きた時に、すでに少し雨が降っていました。

その後、曇り空になったので、もしかしたら村の運動会が、午前の部だけでもあるかもしれないと、少し不安に・・・。

集落の倉庫からテントを運んで行っても、降ってきたら濡れてしまうだろうなどと、思ったのです。

でも、そんなことはなくて、中止。

夕方4時からの、集落の運動会打ち上げ会まで、手持ち無沙汰になりました。

すると、なんとも肌寒い。

というわけで、このシーズン初めての薪ストーブです。

何年も使ってきていても、焚き始めは独特のにおいがします。

塗料のにおいのような、そうではないような・・・。

そして、しばらくすると、ほんわかと暖かくなってきました。





旧森田銀行のコークス暖炉


福井県坂井市三国町、九頭竜川河口にある旧森田銀行本店です。

登録有形文化財だそうで、かつて北前船で栄えた豪商を偲ばせる建物です。

その銀行の中に、暖炉を発見しました。

しかも4つも。けど、1つは撮り忘れだみたい。

焚口がやけに小さいと思ったら、コークスを燃料にしていたからだそうです。

それにしても、このデザインの渋さ、凝りようはどうでしょう。

薪ストーブ愛好家としては、まだその季節ではないけれど、アップせざるを得ないのでした。






300円の薪、ふるさと館に売ってます。


売木村ふるさと館で、写真のような薪を、売っていました。

桜やらコナラやらで、広葉樹の極上の薪と見ました。

これでひと束300円は、お値打ちといってよいでしょう。

ただ、薪ストーブ用としては、人によって違うでしょうが、ちょっと細い感じもあります。

これだと、すぐに燃えてしまって、薪代が大変なようにも思うのです。

太くて重い薪を、ストーブに放り込んで、ゆっくりと炎を楽しむのも、いいものなのです。

ひと束の中に、この三倍くらいの太さのと、この細さのとが、半々に入っていると、いいかもしれません。

というところで、気がつきました。

このくらいの細さのほうが、キャンプ場ではいいのでしょう。

まだシーズンではありませんが、売木村にはいくつもの自然にめぐまれた、キャンプ場があるのです。

なお、下は、久助橋近くの道路工事の様子です。

薪で二度目のお役に


「コナラの木以外は、燃やさない」

知り合いの薪ストーブ愛好家には、そう言う人もいます。

コナラの木をこの辺りでは、マキの木と呼ぶくらいです。

燃やして、長持ちするし、香りもいいし、割りやすいし、確かに良いとこばかり。

欠点と言えば、椎茸の原木としても重宝するので、譲ってもらいにくいことでしょう。

我が家は、寒がりなので、思い切っり贅沢に使います。

そのくせ働き者でもないので、薪の種類には、こだわってはいられません。

このところ燃やしているのは、村内の農家で、ハザ掛け用に使われていた丸太。

おそらくヒノキでしょうが、ずいぶん使われていたらしく、本当によく乾いています。

燃やしてみると、ポンポン音のするのがあるので、栗もあるかもしれません。

もちろん、我が家の薪棚に収められてからでも、一年は経っています。

仮に針葉樹でも、なんの心配もないことでしょう。

長い間、雨風にさらされながら、秋には重い稲束を支えて来て、本当にご苦労さまでした。

丁寧に燃やして、温まらせてもらいます。

薪置き場をどこにするか


薪ストーブの記事というと、機種や薪のこと、あるいは煙突のことも、多いと思います。

でも、薪置き場のことは、あまり話題になりません。

薪ストーブの近くに、たった2、3本の薪が置いてある写真さえ、雑誌では見かけたりします。

ずっと以前に、薪ストーブは薪大食い怪獣と、書いたことがありますが、それは不変の事実です。

で、その室内での薪置き場について、まず一言。

ある程度、広ければ広いほど良いのです。

と同時に、できれば掃き出しに接して、薪置き場があると、本当に便利です。

一輪車で運んで来た薪をそのまま、つまり靴を履いたまま、室内の薪置き場に運び入れられる、と都合がいいのです。

わが家は、掃き出し、薪ストーブ、薪置き場の順に並んでいます。

このため、搬入時にストーブの前に、木くずがこぼれて、掃除をしなければならないことがよくあります。

薪の動線を考えることがたいせつなのです。

動線といえば、外の薪置き場も一工夫したいところです。

家の中から、薪が取れるのは本当に便利です。

ただし、家の壁に接して薪を置くのは、シロアリの発生とか、湿気の問題とかが出てきます。

薪の用意は楽しいことが多いのですが、重さとゴミがちょっと、というところです。
薪ストーブ、今秋の初焚き


台風のあとも、相変わらずのショボショボ天気。

室温はまだ21℃あるけれど、手持ちぶさたもあって、薪ストーブに火を入れました。

もちろん、この秋初めてです。

老夫婦とワンちゃんだけの3ちゃん暮らしが、ほんわかと暖かくなりました。

というか、へやの空気が乾いて、気持ちよくなりました。

たぶん、村のあちこちのお家でも、とうにコタツが活躍していることでしょう。

もちろん、太い薪までは入れなくて、木っ端中心。

焚きすぎたら、暑いと苦情が出そうなのです。

ブルーベリー狩りの季節が終わって、すでに一ヶ月以上になります。

でも、やりたい作業はいっぱいあって、この雨空いつまで続くのか、気になります。

IKEAのキャリーバッグ


「家電建築富士宮ー薪ストーブ編ー」というブログに、IKEAキャリーバッグというのが、ありました。

IKEAのお店で買えば、1個が99円だそうですが、そんなお店、近くにあるはずはありません。

でも、ネットで調べたら、4個で送料とも1000円でした。

というわけで本日は、薪ストーブグッズの話題です。

世間では、もう桜も散り始めたころでしょうか。

「この時期に、薪ストーブの話題なんて、やっぱりこのブログの人、ピントがずれている。」

確かにそれはそうでしょうが、標高850メートルの売木村、桜は4月末頃開花。

まだまだストーブを焚いているのです。

それはさておき、そのIKEAのキャリーバッグ、確かに重宝します。

安いのに意外に丈夫、木くずがこぼれないのがいい。

持ち手が、長い短いのふたとおりなのも便利です。

また、体力ないしは腕力に応じて、運搬量が調節できます。

折りたためるので、片付けも簡単です。

室内への薪搬入作業という厄介ごとが、これでずいぶん解決した感があります。

値段が値段ですので、同じ悩みを抱えた同志の皆さま、オススメです。

ただし、あの青い色だけは、なんとかならないものでしょうか。

高邁なる(?)薪ストーブ愛好家の一員としては、ちょっと...。

なお、上の写真で、コーギー犬と軍手とは、お値段には入っていません。






一日の終りは泥落とし


冬の間に、何度か出かけた山仕事、それは、椎茸原木作りと、原木の運び出しでした。

103cmに玉切りした原木は、21年生まれのBさんが、運搬車に満載して、何度も林道までおろします。

Bさんが、ツルハシやクワで、原木運び出しのために、文字通り手作りした細い道、はば120cmほどの道です。

専門家のBさんでないと、運転は無理なのです。

いつもの冬なら、凍土となっているはずでした。

でも暖冬のせいで、特に日中となると、ぬかるんでしまっているところが、あちこちにありました。

腕の太さほどの枝やら、ガサガサの細い小枝やらを、ぬかるみに敷いて、キャタピラーで踏みつけながら、運び出します。

そして夕方、1日の終わりに、Bさんはていねいにキャタピラーのあたりの泥を落とします。

「凍りついて、明日の朝、動かへんでねえ」

そうでした。

暖冬とはいえ、夜はマイナス何度と、しっかり冷え込むのでした。



久しぶりチョークを持つ


思いもかけず何年ぶりかで、チョークを持つことになりました。

と言っても、伐り倒された丸太に、シルシをするのです。

椎茸用の原木作りのために、コナラやシデを、103センチメートルずつに玉切りするための、目印です。

そうすると、22年生まれのAさんが、チェーンソーでカット。

21年生まれのBさんが、玉切りされたコナラを、運搬車で林道まで降ろす。

Aさん、Bさんと比較すると、20年生まれのシルシつけ作業は、はなはだしく軽微過ぎると、思われるかもしれません。

まあそれはそうでしょうが、いちばん大切なことは、他のお二人のお仕事の邪魔にならないこと。

とにかくものすごい急斜面、両手両足を使ってよじ登っての作業。

よくあんなところで、エンジンチェーンソーを使えるものと、感心します。

103センチメートルに切っても、とても抱えあげられない太い丸太もゴロゴロしています。

何本も山積みした運搬車を、細くてでこぼこの山道なのに、よく操れるものと思います。

素人では、運搬車もろとも谷に落ちていくのが、関の山でしょう。

というわけで、シルシつけのほか、われにできることなし。

でも山仕事、とっても楽しいのです。