ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
実生のササユリが咲きました


花の谷の園内には、ササユリが毎年咲くところが、1ヶ所あります。

年によって、一輪だったり二輪だったりします。

今年は一輪つぼみをつけています。

これとは別に、ササユリの株が5~6本生えているところを、去年見つけました。

「役場の○○さんにもらったタネを、蒔いたんだったよ」

どうしてこんな所に、と思っていたら、お母さんが言いました。

確かにそんなことがありました。

もうそれから、10年くらいにはなると思います。

そのササユリが咲きました。

上の写真です。

10年くらい前にタネを蒔いたこのササユリたち、下の写真のように、全部で3っつ花が咲くことになりそうです。

さすが南信州の山奥、種を蒔けば、花が咲くことになるのでした。


今年、笹百合は二輪咲いた


本日の売木高原、曇り空で絶好のブルーベリー狩り日和です。

明日は雨とか、それだけが残念。


ヤマユリのつぼみが大きくなってきている時期に、ササユリの話でもないかもしれません。

でも、アップの機会がなかったのでした。

そのササユリ、今年は二輪だけでした。

カラダを休ませながら、毎年交代交代で咲くものなのでしょうか。

ササユリ、ほころびました




売木村役場ロータリーのササユリは、すでにいくつも花をつけていますが、わが家のササユリもようやくつぼみがほころび始めました。

去年はどうだったかと思って、ブログの「ささゆり」のカテゴリーをクリックして見ました。意外にも、6/29の写真はまだ硬いつぼみです。
今年の写真は一昨日、6/21のものですから、今年のほうがだいぶ早いことになります。

そういえば、ブルーベリーも早生種のウェイマウスが、3株ほど色づいてきています。去年は、6/27にやっと2粒色づいた実をみつけた、とブログに書いてありました。やはり、こちらも今年は1週間ほど早いようです。そう、写真のように、緑色だった実が、白から薄いピンクになると、やがて濃い紫色に変化します。


ことしは、春先に肌寒い日が続いたものの、好天の日が多かったせいかもしれません。ブルーベリー狩りの開園日が、少し前にずれ込むと嬉しいのですが・・・。

但し、今年のササユリ、どれだけ探しても2つだけ、去年は3つでした。少し残念ですが、来年の楽しみとしましょう。

 
今年、最後のささゆり
 


ジャム用に早生種のブルーベリーを摘みに行ったら、開花の遅れていたささゆりが、ひっそりと咲いていました。花の谷で今年3つ目の花です。

ブルーベリー園は、いよいよ明日13日に開園します。去年より4日遅れです。まだ、ほとんどが色づいてない株ですが、早生種が何種類かあるから、だいじょうぶでしょう。

長袖、長ズボン、そして雨模様なら長ぐつもお願いします。売木村は天気予報よりは、雨に傾きやすいので、よろしくお願いします。
ささゆりが咲きました


「むかしは、ささゆりがよう咲いたもんだわ。みんなのとこ。今は咲かんだろうなあ。」
ここへ移り住んだ頃、村の人に言われました。

「みんな」というのは、この辺りでは、二人称単数のことです。「あなた」とか「きみ」というよりは、言いやすそうですが、最初は思わず周りを見回して、「自分しかいないのに・・・」と思ってしまいました。

「今は咲かないんですか。咲いて欲しいなあ。よく知っているんですねえ」
「そりゃあ、むかしは田植えや稲刈りの時は、手伝いに行ったでなあ」

むかしは、今頃になって、みんなでお互い助け合って、田植えをしたようです。

ささゆりのことが話題になるなんて、本当に嬉しいことですが、今年もそのささゆりが咲きました。咲くようになって、3年目になるかと思います。



今年最後に見つけたつぼみはまだです。

 

上のとは別の花です。というわけで、ただいま2輪です
三つ目のササユリ
 

あるブログに、笹を刈ったらササユリの花が咲き始めた・・・と言う趣旨のことが書いてありました。

我が家でも、木を切ったら、ササユリが咲くようになりました。まだ株が小さいのか、一輪ずつの株が、今年は2株ツボミをつけています。

と思っていたら、とても嬉しいことに、今朝、もう一株ツボミをつけている株を見つけました。




写真のように、ブルーベリーのための、鹿やイノシシ除けのフェンスの内側です。イノシシはササユリの球根が大好きらしいので、まずは一安心です。
他にも、ツボミをつけてない株があって、去年は咲いたのに、今年はお休みと言うのもあるようです。



で、売木村役場ロータリーのササユリはというと、写真のようにたくさんの花をつけています。たぶん球根が大きいのでしょう。
前にも書いたことがありますが、車や人が行き来し、アスファルトの輻射熱もありそうなあのような過酷な条件で、よく花をつけるものと感嘆してしまいます。

やはり、空気や水、気温などが、人間にもササユリにも暮らしやすい高原の村なのでしょう。

なお、同じ日に撮った笹百合ですが、役場と我が家とでは少し標高差があって、我が家のは開花がおくれているのだと思います。
そのままにしておくべきか、村道脇のささゆり


 「あんなに目立っては、誰かが掘っていってしまうかも知れないよ。花だけ切ってこようか」

「うーん、いっそそのほうがいいかもしれん。花だけ切り取れば、球根は肥えるだろうしね。でも、山の持ち主の〇〇さんに、ことわらないといけないだろうし・・・」

 そんな会話をしながら、もう何日も過ぎています。村内の道路わきに、今年も花をつけたささゆりのことです。

 その場所では、以前、誰かが掘っていってしまったことがあるのです。今年は一株だけになってしまっていて、夫婦して、気が気ではありません。

 花をつけた翌年はお休みするみたいで、今年は少ない年かとも思いますが、それにしてもよく咲いてくれた一株、二輪です。

それで、実は今朝、キュートの散歩のときに、花が見当たりませんでした。

一瞬、どきりとしたのですが、花が散ったところでした。ほっと一安心です。
六輪のササユリはどこへ行った


「やられた。やっばり掘られちゃった」
 知り合いの人が、顔をあわせるなり言いました。

 数日前、我が家近くの村道わきに、なんと6個ものつぼみをつけた笹百合を見つけたのでした。
「こんなにたくさんつぼみをつけたら目立ちすぎるよ。どうしたもんだろう」
 あまりの見事さに二人であれこれ相談しましたが、いい方法を思いつきませんでした。

「なるべく葉っぱを残して、つぼみの部分だけ持ち帰ろうか」
 地主さんもいることだし、ちよっとそんなわけにもいきません。でも、そうすればよかった。

 早速駆けつけてみると、あの素晴らしい6輪のつぼみはどこにもありません。そろそろ開きかけた頃だったと思います。

 「掘りとってあるけど、この深さでは球根までは、盗っていけなかったかもしれない」
 もしそうなら、来年はだめでも再来年には再び花をつけるかもしれません。いちるの望みを託すことにしましょう。

 「ササユリはむつかしい。少しはなれたところに動かしただけでも、咲かなくなるぞ。いつのまにか消えてしまう」
 ある村の人は言っていました。「やはり野におけ・・・」なのに。

 写真は、今年我が家の敷地に突然咲いたササユリ。近くにもう一株、一輪咲きのも出現しました。去年まではまったく気がつきませんでした。

 咲きかけたところで、葉を残して、花の部分だけ家に持ち帰りました。でも、香りが強すぎて・・・。

村道のささゆり、その後


「この前の話のささゆり、今日見てきたけど見当たらなかった」
村道のささゆりについて、共通の話題、心配を持つある人が、顔をあわせるなり言いました。
「えっ、やっぱり。草を刈って丸見えになっていたからねえ」
 ふたりで嘆き悲しんだのはもちろんのことです。

 そして翌日、軽トラで現場を通りかかると、なんとささゆりがありました。もう、時期を過ぎて一輪しか花は残っていませんでしたが、確かにありました。

 その人はいつも逆方向から来るので、見落としたのでしょうか。ささゆりの生えそうなところは、そんなに長い区間ではありません。
 考えられるのは、その人と自分とは、違うささゆりをお互いに思いながら、それぞれに話していた、ということです。
 そういえばその人は、一輪のようなことも言っていたと思います。そちらのほうは、草刈りのときに、刈られてしまったのかもしれません。
 もし、そうなら来年また芽が出てきて、そのときに確められるのですが・・・。

 写真は、まだ二輪とも咲いていたときのささゆりです。
 
 
 

 
 
村道のささゆり


「去年のささゆり、今年もあったよ」
何日か前、ある人が教えてくれました。村道の脇の草むらの中に、去年、一輪の花をつけていて、喜んだと共に、やきもきしたのでした。

「もう、なかったみたいだよ。どうしたのかしら」
 数日後、ソラの散歩を兼ねて見に行った奥さんが残念そうに言いました。

 ところがそのまた数日後、軽トラで現場を通りかかると、なんと咲いたばかりの花とつぼみとをつけて、草むらの中に、ささゆりがあるではありませんか。早速、写真を撮りました。
「花をつけていると思って探したから・・・。それで見落としたのかもしれないね」
 それにしても、村道の脇にささゆりが咲いているなんて、素晴らしいではありませんか。
 
 でも、つぼみのうちならまだしも、あんな村道のすぐ脇で、花を咲かせたら、目立ってしまいます。
 まして、二輪も花をつけたときに、心無い人が通りかかったらどうなるでしょうか。いや、そんな悪い人はいないとは思うのですか・・・。

 そして、昨日。ソラの散歩に足を伸ばして見に行きました。
 なんと、まだありました。よかった。それもふたつも花をつけて・・・。

 ところが、です。
 地区の村道草刈り作業が近く行われるためか、そのあたりは一足先に草刈りがしてありました。
 もちろん、ささゆりは安泰でしたが、周りの草は刈られて、ささゆりはまる見えです。
 うーん、どうしたものでしょう。当分、夜もゆっくり眠られません。