ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
吉田うどん行列のできる店


11/4のレッドファイブこども会のおり、吉田うどんのお店に、連れて行っていただきました。

もちろん、行くまで吉田うどんのなんたるかは、まったく知りませんでした。

富士吉田市と、その周辺の郷土料理のようです。

店の名は、渡辺うどん店。

連休真ん中でお昼時のせいもあったのか、ものすごい行列でした。

なにしろ、人口密度の関係もあるのか、わが家の周りでは、行列のできる店なんて、ほとんど聞かないのです。 

テレビでも、1日に1人もお客さんが来ないなんて、近くの村の話を、つい最近やってました。

せっかく炊いたお客さん用のご飯を、夕飯に家族で食べるなんて、お店大丈夫でしょうか。

それはさておき、その渡辺うどん店、店内は普通の民家みたい。

いくつも座卓があって、相席でお客さんがぎっしり座っていました。

座布団は上がりかまち脇から、自分で席へ持って行って、終わったら自分で返しに行くみたいでした。

肉うどん大650円、太くて硬めの、いわゆるコシのあると言うか、光沢のあるうどんでした。

馬肉とキャベツがのっているのも、初めての経験でした。

美味しかった。

お姉さんが、注文書も何もなくて、全部頭の中に入れて、切り盛りしている様子。

よく間違いが起きないものと、それも感心しました。

とにかく美味しかったし、面白い体験でした。


クルミ


何週間か前のことになります。

飯田からの帰路、下條村のクルミのことを思い出しました。

なにしろ、何もない山道を走るのです。

思念、というほど高級なものでもないので、あちこち飛びます。

下條村出身の有名タレントの息子のほうが、父の実家のお店を訪ねるのを、テレビでやってました。

見るともなしに見ていると、地元産のクルミを売っているようでした。

まったく、何を見ているか、わかったものではありません。

と言うか、国道から少し下ったところに、お店があることは、看板で知っていました。

「クルミかね。わるかったねえ。ないんだわ。」

昨日放映したばかりというのに、無いのでした。

少し前に撮ったのだったでしょう。

テレビに出て来た通りの、人の良さそうなお父さんとお母さんでした。

とっても申し訳なさそうな顔をして、謝ってくれました。

「道の駅のそばの城に、あるかもしれんねえ。場所、わかるかね」

それだと、戻ることになるので、そのまま家に向かって、車を走らせました。

途中、ひさわショッピングセンターというのがあって、閃いて、のぞいてみました。

地元産コーナーというのができていて、写真のようにクルミをゲットすることができました。

地元の農家の人が、手間ヒマかけて、商品にしてくれただろうクルミ、美味しくいただきました。





そばの「侍」、繁盛していました。平谷川も解禁。


昨日4/1、売木村から平谷峠を越えて行くと、「侍」の前にはたくさんの車が停まっていました。

そう、冬休みを終えて、営業再開の日だったのです。

なおも走っていくと、平谷川。

お隣の根羽川もそうですが、4/1に渓流釣り解禁だったのです。

でも、雪があって、ショボショボと雨も降っているせいなのか、見かけた車は全部で3台。

いや、11時過ぎだったから、もうみんな竿をしまっていたのかもしれません。

そうそう、根羽川のほうは釣り大会だったとか。

210人くらい集まって、大きさの一位は、25僂離▲泪瓦世辰燭函∈Dの中日新聞に出ていました。

まだ、大物は冬休み中だったのでしょう。

平谷のそばや「侍」は、4月1日から


写真がありませんが、隣村平谷の「侍」は、冬の間はおやすみ。

いつから再開だろうかと思っていたら、4月1日から、とお店の前に出ていました。

このお蕎麦やさん、毎年、特に土日ともなると、たくさんの車が詰めかけて、大賑わいです。

ブルーベリー園花の谷に来るお客さんにも、人気です。

で、わかっている人は、そばを食べてから、花の谷に来ます。

もちろん、花の谷でブルーベリーを食べてからそば、と言う方法もあります。

でも、それがお昼に近い時間になると、そばが無くなりましたと、なりやすいのです。

夏に、ブルーベリー狩にお越しの皆さま、どうぞご用心。



ありがとう30周年は、豚バラバンバン定食850円が、500円


売木村の定番人気食堂「ありがとう」が、30周年だそうです。

昭和の終わり頃から、ということになります。

村の人たちに、材木を提供してもらって、建ててもらったことに感謝しての店名、と聞いています。

その30周年ありがとうメニュー、第一弾は「豚バラバンバン定食」。

比較的最近になって、始まったメニューですが、通常850円が、500円!!!

美味しいし、見た目も彩りのいい、お気に入りのひとつです。

そんなに安くして、大丈夫なのかなあ。

期間は11月8日~11月23日。

第二弾は「鴨鍋」、「よしこばぁちゃん秘伝の、旨味の聞いたスープ、ありがとう自慢の一品」

確かにそうです。

というか、ばぁちゃんは、よしこって名前だったのか。

こちらは、1800円が、1500円に。

11月28日~12月12日の期間です。

みなさん、ぜひどうぞ。

つけものの里が撤退して、残る村内の食事処は、ありがとう、摘み草、りんどう、風の森の四つかな。

各店のご健闘をお祈りします。







美味しいね!蜂の子


近くのお家から、蜂の子をいただきました。

いわゆるクロスズメバチの、白い幼虫です。

黒い成虫も混じっています。

蚕のサナギやサザムシと並ぶ、南信州の三大昆虫食の一つでしょうが、わが家も、蜂の子には抵抗がないのです。

とにかく、よく噛みしめるほどに、味が出ておいしくて、大好きです。

もちろん、とても貴重品、巣を見つけるのも、採るのも、巣からピンセットで取り出すのも、大変。

わが家には、できないことです。

岐阜県などではヘボと言うし、信州ではスガレと言うようです。

「このあたりではなんというのだったかなあ。ヘェーバチだったろうか。もう一つ呼び方があった気がする・・・。」

とにかく、ごちそうさまでした。





熟柿の蜂屋柿には黄な粉


「ここは530くらいの標高だと思う。売木だと、どのくらいかねえ」

「花の谷あたりで、850メートルくらい。300も違うと、蜂屋柿が実るんだ」

標高530メートルほどの、南信州のある所で、蜂屋柿と平核無柿をいただいてきました。

写真で、ばらばらに置いてあるのが蜂屋柿、枝についているのが平核無柿です。どちらも渋柿です。標高530でも、甘柿の系統は成らないそうです。

なお、写真の蜂屋柿、色とか大きさとかが、ちよっとなんですが、木の低い所でとった、うらなりみたいなのばかり、写ってしまいました。

斜面の少し危ない所だったので、用心して収穫したせいです。美味しそうな立派なのだけを取りだして、撮ればよかった。と言いながら、撮り直しをしないのです・・・。

そうそう、撮る前に、ある人に、いいのをおすそ分けしたんだった。

「皮を向いて干してもいいけどむつかしい。このまま置いておいて、熟柿にして食べると美味いねえ。黄な粉をかけると、いい味になる」

そうなんです。熟柿が食べたくて、いただいてきました。でも、黄な粉をかけて食べるなんて、知りませんでした。








運動会慰労会、いちばんのごちそうは
iPhoneImage.png 「お父さん、どうしたの?今日は来ないの?」

売木村大運動会の朝、集落のテントの下で、知り合いのお姉さまに、声をかけました。まあ、おはようの挨拶がわりみたいなものです。

「お父さんねえ、先に出たはずなのに、来とらんねえ。どうしたんかねえ」

「それはいかん。どっかに軽トラが、はまり込んどるかもしれんよ」

「そうかもしれんねえ。困ったもんだわ」

お姉さまはあわてずさわがず、悠然としたものです。日頃から、いろいろ多忙なお父さんなのです。

そのお父さん、お昼近くには確かに、テントに来ていました。


そして午後4時近くには、好天に恵まれて、小中学校と村民との合同運動会も、なごやかに終わりました。

いちおう係なので、少し早めに集落の公民館に行くと、畳の上に座卓が出されて、おじさんがふたり、何かやってました。

ふたりともやはり係。慰労会の準備のために、早めに来たとみえます。

「あっ、ヘボ。どうしたの」

この地方では、みすぼらしいことや、なんというか、要は良くないことを、ヘボいと表現します。

でも、この場合は、そうではなくて、クロスズメバチ、つまり地蜂のことです。

「もういやになった。○○さんに言われて、ずーっとやっとる」

確かに、6枚もの蜂の巣が、座卓の上には、転がっていました。まだ、蜂の子を取り出してない巣もありました。

机の上でうごめいている蜂の子やら、羽根があって、いまにも飛び立ちそうな蜂もいました。

「いいのがなかなか無かって、苦労したらしい」

○○さんとは、朝に家を出たまま、なかなか運動会会場に現れなかった多忙なお父さんのことです。

「ふーん、朝から蜂を採っとったのか」

もちろん、ピンセットを借りて、巣から蜂の子を取り出す作業、手伝いましたとも。

「おっ、今日は蜂の子がある。これがいちばんうまいぞ。」
集まって来たみんな、嬉しそうでした。
砂糖と醤油で味付けした男の料理、当然ですが、いちばん人気。集落の人みんなに食べさせようと、朝からの大奮闘、ほんとうに尊敬します。



トウモロコシの食べ方
 


昭和50年代の半ばのことだったと思います。中央道で当時はまだ片側一車線の対面通行だった恵那山トンネルを抜けて、飯田まで来たことがありました。

なにをしに来たのだったか、遅い昼食を園原の奥、青木屋という五平餅と渓流魚のお店でとった事を覚えています。
五平餅を食べているうちに、隣の席の少し一回りくらい年上の兄弟に話しかけられました。北海道から来て、恵那山トンネルの第二期工事をしているとの事でした。

そのうちにトウモロコシが出たので、ハーモニカを吹くようにかぶりつきました。
「そういう風に食べるもんではない。親指で一つ一つしごき取って、食べるもんだ。北海道ではそうしとる」
お兄さんのほうが、そう言って見本を示してくれました。

「せっかく百姓が作ったのに、無駄が出る」
そう言ったように覚えています。
確かに写真のようにして食べれば、無駄なく美味しく食べられます。

お兄さんのほうは、終始機嫌が良く、帰り際には合計4人分の代金も出してくれました。遠くまで出稼ぎに来ている人に、出してもらうなんて申し訳ない、と心の中で思ったのですが、どうしても聞き入れてもらえませんでした。

トウモロコシを食べるとき、よく思い出します。今なら80歳前後なのか、北海道で元気に暮らしているのでしょうか。


五平もち食べ比べラリー


トンネルの向こう、信州新野千石平道の駅で、写真のようなパンフを見つけました。5月13日までのスタンプラリーのようです。全部で21のお店が参加しています。

五平もちといえば、南信州、三河、遠州などに昔から伝わるハレの場で食される郷土料理で、多少粒が残る程度につぶしたご飯を串焼きにした餅をいいます・・・と言うようなことが、このパンフに書いてあります。

どの程度、全国的に知られているものかわかりませんが、東美濃地方に育って、子どもの頃のある日、初めて食べた時は、本当に美味いと思ったものでした。
あの味噌や醤油のタレは、素朴で懐かしい味です。

写真にも写っているように、丸い団子タイプと四角い御幣タイプとがあります。食べやすさもあって、団子タイプが自分の好みですが、それは人それぞれで良いでしょう。

パンフの写真で集計してみたら、団子タイプが15店、御幣タイプが6店、でした。

売木村とその周辺は、御幣タイプが多いため、それが普通と思っていたので、少し意外な気がしました。

機会があったら、五平もち、ぜひどうぞ。それと、このパンフ、けっこういい資料になります。