ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
終了式の間に通知表を書いた


「新任で行った学校が、あなたのお父さんが、校長先生の学校だったの」

高校時代の同窓会で、〇〇さんが話しかけてきました。

そのことは、父から少しだけ、聞いた記憶がありました。

「〇〇さん、知っとるか。新任で来たけど、一生懸命やっとるぞ」

自分が大学4年生、今から50年前のことです。

高校時代か。

勉強もできないし、友達付き合いも少ない、とにかく暗かった。

〇〇さんというのも、顔と名前がわかるくらいで、それ以上、父との話も続かなかったと思います。

その〇〇さんが、今になって話してくれました。

「一学期の始業式の朝になっても、通知表ができてなかったの」

それはまた剛毅な話です。

いや、そのくらいまじめな新任には、重いものだったのでしょう。

「そうしたら、『終業式の校長の話をゆっくりやるから、その間にやってしまいなさい』って・・・。」

校長先生の長い長いお話。

子どもたちにこそ、とんでもない迷惑なことだったでしょう。

大昔のこととはいえ、みんないろいろ失敗を、やらかしているものでした。

若い人たち、すでに先生になった人も、4月からという人もです。

とにかくどんなにつらいことがあっても、途中でやめることは、しないことにしましょう。






















休みの日だった。けれどいつか・・・。


 中越地震もそうでしたが、今回の能登の地震も学校が休みの日でした。福岡の地震もそうだったと思います。
 阪神大震災は早朝でしたから、このときも子どもたちは学校にはいませんでした。

いずれの地震も、たくさんの被害が出てほんとうに心が痛みます。
 ただ、いずれのときも、学校に子どもたちがいない時間帯に地震は起きています。

 でも、それだからこそ、いつかは子どもたちが学校にいる時間帯に、大きな地震が起きることもあるのではないか、と心配になってくるのです。
 もし、そうなったらどうなるでしょう。
 もちろん、そのためにふだんから学校では訓練をしています。

 けれども、教室で、ひとりの先生が40人近いこどもたちを静めながら、けがの子の対処もすることにでもなったら、と想像すると、それだけでもたいへんなことです。 
 
 そうなれば、「学校は耐震構造になっている」からと腹を決めて、地震がおさまるのを待つほうがよいでしょう。下手に騒げばパニックになるだけですから、そこは覚悟が肝心です。
 そして、どっちみち一人の人間ができることは限られているからと、あせったりはせずに、目の前のことだけに全力を尽くすしかないかもしれません。
 
 などと簡単そうにいえる事ではありません・・・。

 大地震の場合のことを、心配性になってあれこれ考え始めると、
 保護者から子どもの安否確認の電話が(通じるとして)殺到する。けれども学校は即答できる状態ではないかもしれない。
 保護者のほうになにかがあって、子どもを預かり続けなければならないこともあるかもしれない。
 学校が避難場所になっていて、特に当初は、先生たちがそちらと子どもたちとの両方に手薄な人員で対処しなければならなくなるかもしれない。
 などなど。まだまだいくらでもあるでしょう。

 世間のみなさんにも学校の心配を知っておいて欲しいと思って、現場からもうずいぶん長く離れているくせに、ついつい書いてしまいました。もっと肝心なことがあったり、逆に見当違いのこともあげたかもしれません。

  日本海側で横一線に3つも続いたし、何年か前には山陰でもあったから、いずれは太平洋側かもと、なんの根拠もないのに、素人のせいで思ったりしています。
 ずいぶん飛躍した論法ですが、心構えをしておくだけでもかなり違うと思います。教室内の物が、倒れたり落ちてきたりしないようにチェックすることだけでもやっておきたいものです。
 
 写真は、我が家で咲き始めた福寿草。安曇野から愛知県に来たのを、知り合いの人にもらって、売木に連れて来ました。信州へ里帰りした福寿草ということになります。