ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
つるぼの花が咲いた


花の谷のすぐ上、村道の傍らに、見慣れない花を見つけました。

夏の間、ブルーベリー摘みのお客さんたちが、車を駐めていたところです。

もちろんその頃は咲いてなくて、この頃に咲いたのです。

と言うか、これまでに咲いたことはなくて、今年初めて、と思います。

誰かお客さんに付いて、ここへ来たのでしょうか。

それとも、どこか近くから来たのでしょうか。

つるぼ、という名は、すぐに浮かびました。

ネットで調べてみると、初秋の花で、草刈りしたところに咲くとか。

この花の後に、ヒガンバナが咲くともあります。

残念ながら、ヒガンバナの兆候はありませんが、大切にすることにします。


追記9/28


花の名を「るつぼ」と書いてしまいました。

今朝の「ホームニュース飯田」の旬果旬彩を見て気がつきました。

どうして、るつぼ、なんて名をつけたのかと、思ってました。




ムクゲは初秋の花かも


いっせいに咲くというほどではないけれど、ムクゲの花が園内のあちこちで咲いています。

なんとなく夏の花のイメージでいましたが、この時期が最盛期のようです。

寒冷地のせいで、遅れ気味に咲くのかもしれません。

それほど好きな花というわけでもないのに、いつの間に植えたのか、いろんな色があります。

実生でもよく生えてくる感じもあります。

夏の間に生い茂った雑草と競いながら、花を咲かせる頼もしい花と思っています。





マツモトセンノウが、花をつけました


サビタブルーベリー畑へ降りて行く階段の脇に、朱色の何かがあるのに気がつきました。

これまで見たことのない花です。

マツモトセンノウ。

それは良いけれど、どこから来たのだろう。

野の花が侵入して来てくれることは、時々あります。

トラノオ、ミヤマオダマキ、ツリフネソウ、カワラナデシコなど、大歓迎です。

山の中だから、野の花たちは庭とは思わないで、入ってくるのでしょう。

でも、何年か前にマツモトセンノウを、購入したことがあった気がして来ました。

ようやく花をつけるようになったのかもしれません。

まあどちらでも良いでしょう。

大切にします。


下は、オミナエシ。その下は、カワラナデシコです。



今日は、CLOSEです。


ただいま、8時40分。

曇り空。

西の空は少し明るいものの、いつ降って来るかも知れません。

こんな日は、ブルーベリー摘みも最悪コンディション。

国道の看板を、早めにCLOSEにして来なければ・・・。


村のお姉さまたちが、盆花と呼ぶ花々が、咲いてきています。

花の谷には、用水沿いに、花壇が東西にあります。

東の花壇は、木が大きくなってしまって、花が咲かなくなりました。

秋になったら、少し切ろうとは思っていますが、たぶん切るのが、惜しくなってしまうことでしょう。

西の花壇は、陽光に恵まれて、好調です。

フロックスは、赤や白、ピンク、紫など、どんどん増えてきています。

たいまつそうは、赤とむらさき、モントブレチアは赤です。

他にはヘメロカリスが少し。

もう少しすると、ミソハギや、侵入してきた小鬼百合も、咲くと思います。

それと、ひまわりを小さくしたような黄色い花も、いつの間にか侵入してきて咲いています。

黄色い夏の花で、調べたけれど、名前がわかりませんでした。



山百合



久しぶり、雨が降った様子のない朝を迎えました。

雲はあるものの、日差しが広がっています。

爽やかな涼しい風も吹いてきました。

やっと、高原らしい朝が蘇った、と言って良いでしょう。

今朝見回ってみると、ブルーベリーさんたちもご機嫌が戻ってきたみたい。

終盤のブルーベリー摘み、少しは楽しんでもらえるかもしれません。


近くの農家からいただいてきた山百合。

もう何年にもなって、たくさんの花をつけるようになりました。

村の農家の中には、もっともっとたくさんの花をつけているのもありますが、これでもいいのです。

香りがきつくて、夏の花という感じがムンムンです。




ききょう


本日7/31、月曜日です。

久しぶりに、朝から青空がのぞいています。

ほんとうに、この連日の夜雨には、泣かされてきました。

ブルーベリーは水っぽくなるし、雑草がどんどん伸びる。

でも、これでブルーベリー摘み後半戦は、なんとか息を吹き返すことでしょう。

昨日は朝から、ヤブガラシ、ジネンジョ、ヒルガオのつる草、そしてワラビを引き抜きました。

四輪草刈機を使いたいけど、そうすると、ツルがブルーベリーの枝を引っ張って、折ってしまうのです。

ほんとうにつる草は、たちが悪い。

いや、気を取り直して、がんばるぞ。


桔梗の花が、どんどん咲いていきます。

秋の七草に入っていると言っても、もう7月には咲き始めるのです。

当地では、気温が高くなりすぎることがないおかげもあるのか、よく茂ってきれいに咲きます。

白と青とがあって、もちろん植えたものです。

野生の桔梗の花というもの、ありそうですが、見かけたことはない気がします。


シダルセアとシャスターデージーをいただく



農家の庭先に咲いていて、園芸店ではめったに売ってない草花、というものがあるものです。
それと、当地では耐寒性の有無が、最大の課題なのです。
実際に咲いてる宿根草なら、大丈夫でしょう。
ある日、村唯一の信号機あり交差点で、停まりました。
すると、花壇に人影がふたつ。
1人が知り合いで、花の株を掘っているみたいでした。
それで勇気を振るって、というほどではなく、降りて行きました。
「そのピンクのシダルセア、家からなにか持ってくるから、代わりにもらえんかねえ」
「ああ、ブルーベリーのおじさんか。」
おじさんという言い方には、幾つになってもたじろぎます。
でも、信州では普通に使われていて、敬称に近いようです
まあ、おじいさんよりはいいでしょう。
「ブルーベリー、食べたよ」
「えっ、もう食べれるようになった?」
「いや、去年、いきいきで行った」
デイサービスで、来てもらったことが、あるみたいでした。
というわけで、シダルセアの他に、シャスターデージーもいただきました。
なお、シダルセアもシャスターデージーも、覚えてもらえることはないみたいです。

なんというか、カタカナの名前には、あまり関心がないようなのです。




ピンクの花、白い花


エゴの木のピンクの花が、満開になっています。

十数年前に、園芸店で苗を購入してきたものです。

そして、下はもとからある白いエゴノキの花。



昨日は、一日中曇り空。

午後になって、ポツリポツリときたので、家に入りました。

けれど、雨はそれだけ。

少しは降ってくれないと、移植したブルーベリーが危うくなりそうです。

下は、ピンクのヤマボウシ。



白のヤマボウシ。

これは、ミルキーウェイの実生ですが、川沿いには、もともとの

野生種が咲いています。



下は、沙羅の木。これまた、園芸店由来です。

白は、まだ咲いていません。



木々の白い花


上はだいぶ大きくなってきたブルーベリーの実。

これで、7月には青くなって食べられるようになるものなのか、少し心配になりますが、大丈夫なのです。

ほんとうに頼りになります。


などと言っていたら、6月も今日で6日。

6月は白い花の季節と思っている通り、木々の白い花が咲き始めました。

下は、なんじゃもんじゃ。

アメリカなんじゃもんじゃもありますが、少し弱い感じです。



下は、先日も書いた栃の木。

たくさんの花をつけるようになりました。

なんじゃもんじゃもそうですが、小さな苗木を植えて、20年近くになります。


オオデマリの花。5月のうちから咲き始めています。



下は、山法師の花。

このあと、エゴノキの花も咲いてくるはずです。


白いフランス菊の道


ブルーベリー園の東に、ゆるやかに登ってくる坂道があります。

その坂道の道端に、この数年のうちに、フランス菊が咲くようになりました。

草刈りの時にも、刈らないように気をつけているので、なおのことでしょう。

たくましく、しっかりと咲いています。

白い花の坂道。

悪くはないと思っています。

当初、マーガレットかと思っていましたが、耐寒性がなくて、マーガレットは冬を越せないとか。

葉の形も、もう少しひ弱な感じのようです。

でも、誰がフランス菊と名付けたのでしょう。

なんとなく、おしゃれでいいのです。