ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
いろいろ咲いてます。木の花々。


梅も桜も桃も、一斉に咲く。

寒い地方では、春先にそういうことが、よくあると言います。

今年の売木村、春の訪れがいくぶん遅かったせいか、ここへ来て、一気に咲く傾向にあります。

上は、紅梅、先日もアップしました。



紫色のコブシ。花びらが多いので、シデコブシと思います。



わが家で一番早く咲く桜。早咲きの桜。



白いコブシ。



白梅。
いま咲いている花々2


用水沿いのショウジョウバカマ。もとからある野草です。湿気が好きなようです。




カタクリ。二輪だけ咲きます。




シバザクラの仲間。




オックスフォードブルー。本格的にたくさんの花をつけるのは、まだまだこれからです。




クリスマスローズ。




チオノドクサ




ムスカリ。球根を植えたはずのないところにも、広がっています。タネで殖えるようです。




ヒヤシンス。下の写真もそうです。


いま咲いている花々


急にいろんな花が、咲き始めて来ました。

何年も前に植えて、毎年花を咲かせています。

花が小さい、背が低いのは、大きくなる草が伸びてくる前に、急いで咲いてしまおうということでしょう。

上は、アネモネブランダ




プスキニアと思います。




バイモユリ




プリムラの仲間




ラングワート




梅の青軸




普通の梅

毎年同じ記事ですが、メモのつもりです。
ようやく紅梅が満開に


このところ日中はかなり暖かいものの、風が冷たいままの売木村です。

飯田あたりからも、桜が満開の報道が聞かれますが、もちろん当地では固いつぼみののまま。

やはり、見頃は月末になるでしょう。

でも、梅は白も紅もほぼ満開。

年によっては、梅も桜も桃も、一斉に咲いたりしますが、今年は順に咲いてくれそうです。

それでは梅の実はどうか。

これも、年によっては、実が採れたり採れなかったりするのですが、どうなるのでしょう。

花が咲く頃に、きつい寒さが来ると、虫がやられたり、花がやられたりするせいかと思います。

まあでも、実がついても、収穫して利用することは、ないのですが・・・。

リュウキンカ、保護移植すべきかどうか


「ねえ、あの金色の花。植え替えてやったほうがよくない?」

用水沿いの道に、毎年この時期になると、花を咲かせるリュウキンカのことです。

「ブルーベリー狩に来た人が、踏んづけちゃう」

お互いに花の名前が、すぐには出てこないまま、なんとか会話を成立させているのです。

「うん、でもあの場所で毎年咲いてるから、下手にいじるよりは、あのままがいいかもしれない」

ここへ来た当時、近くのお姉さまから、リュウキンカのことは、教えてもらっていました。

でも、お母さんは意識になかったみたいです。

植え替えてやることは、自分も毎年思って来ました。

しかし、失敗して枯れてしまったら、元も子もない。

それほど珍しくはないかもしれないけれど、わが園には、ひと株だけの大切な野の花なのです。

でも、大丈夫でした。

この株のすぐ近く、東花壇の中に、いくつもの小さな株を見つけたのです。

やはり、そっとしておいてやりましょう。

一気に花々が


予報よりは少し遅れて、ようやく雨の上がった昨日の午後、ブルーベリー畑を歩いてみました。

思いっきり待ちかねていたみたいで、いろんな花がいっきに咲きはじめていました。

上は、紅梅の花。

例年よりだいぶ遅れています。



早咲きではなく普通の水仙も咲き始めました。



早咲きのミニ水仙とヒアシンス。

ヒアシンスは十数年間、毎年咲いてくれますが、花はどんどん少なくなって来ています。



こぶしの花。小さな木なのに、たくさんのつぼみをかかえています。



ホトケノザ、ではなくて、ヒメオドリコソウ。雑草の強さなのか、いっきに広がりました。



白い梅の花も、ようやくつぼみがふくらんできました。



ブルーベリーのつぼみです。

早すぎる桜便り


本日3/24、売木村宝蔵寺まで、車で行ってきました。

と言っても、観音堂の念仏講は、昨日の3/23日まで。

特に用事があるはずもなく、単に、時間があったから、のぼって行ったのです。

で、宝蔵寺の観音堂の桜の様子はといえば、写真の通り、硬い蕾のまま。

4月の下旬の頃が見頃ですので、当分は訪れる人の少ない静かな日々が、続くことでしょう。



下は、近くの三叉路の辻桜跡です。

やむを得ないとは言え、切り株が痛々しく思えました。

クリスマスローズのつぼみがふくらんだ


いつの間にか、クリスマスローズのつぼみが、ふくらんでいました。

当地では冬が寒すぎるので、クリスマスの頃から咲き始めるなどは、ありえないことです。

水仙などと同じく、早春になってから咲く花、という感じです。

昨日見つけた時の感想は、いつもこんなに早かったのかなあ、寒さにやられるかもしれないのに、でした。

去年は、3月1日に、小さなフキノトウを見つけた、とあります。

でも、去年は暖かかったから・・・。

まあ、今年最初に咲いた草花、であることは、確かでしょう。
アメリカンブルーの青い花


「きれいな色、なんという花ですか」

ブルーベリー狩りの終盤の頃、テーブルに飾られた花を見て、聞いた人がいました。

アメリカンブルー、背が低くて、小さな花です。

我が家の玄関先にあって、どことなく秋の気配がし始めた頃に、毎年咲き始めます。

寒さに強いのかどうか、寒風の来ないところにあるおかげで、もっているようにも思います。

もう少し背が高くて、花も大きかったらと思うこともありますが、それだと興ざめになるのかもしれません。


ギボウシは、野生の花


昨日は、テラスの温度計が32.5℃を記録。

今年になって、32.0℃は2~3回ありました。

けれど、昨日が最高記録でしょう。

土日を経て、ブルーベリーさんたちも、ずいぶんお疲れのようです。



日本から欧米に行って、ガーデニング植物として、重宝されているらしいギボウシです。

もともとが、野生のものだっただけに、花の谷では、本当に元気です。

ブルーベリー畑にあるのは、四輪草刈機で刈ってしまうことも・・・。

でも、へこたれずに生えてきます。

雑草抑えにもなるし、ありがたい植物です。