ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クリスマスローズのつぼみがふくらんだ


いつの間にか、クリスマスローズのつぼみが、ふくらんでいました。

当地では冬が寒すぎるので、クリスマスの頃から咲き始めるなどは、ありえないことです。

水仙などと同じく、早春になってから咲く花、という感じです。

昨日見つけた時の感想は、いつもこんなに早かったのかなあ、寒さにやられるかもしれないのに、でした。

去年は、3月1日に、小さなフキノトウを見つけた、とあります。

でも、去年は暖かかったから・・・。

まあ、今年最初に咲いた草花、であることは、確かでしょう。
アメリカンブルーの青い花


「きれいな色、なんという花ですか」

ブルーベリー狩りの終盤の頃、テーブルに飾られた花を見て、聞いた人がいました。

アメリカンブルー、背が低くて、小さな花です。

我が家の玄関先にあって、どことなく秋の気配がし始めた頃に、毎年咲き始めます。

寒さに強いのかどうか、寒風の来ないところにあるおかげで、もっているようにも思います。

もう少し背が高くて、花も大きかったらと思うこともありますが、それだと興ざめになるのかもしれません。


ギボウシは、野生の花


昨日は、テラスの温度計が32.5℃を記録。

今年になって、32.0℃は2~3回ありました。

けれど、昨日が最高記録でしょう。

土日を経て、ブルーベリーさんたちも、ずいぶんお疲れのようです。



日本から欧米に行って、ガーデニング植物として、重宝されているらしいギボウシです。

もともとが、野生のものだっただけに、花の谷では、本当に元気です。

ブルーベリー畑にあるのは、四輪草刈機で刈ってしまうことも・・・。

でも、へこたれずに生えてきます。

雑草抑えにもなるし、ありがたい植物です。
キスゲではなくて


本日も快晴。

今年は、雨の日が少なく、スズメバチも毛虫も少なくて、とてもありがたいブルーベリー日和が、続いています。


キスゲ、カンゾウ、ヘメロカリス。

デイリリーとも呼ばれるこの花の仲間、名前の使い分けは、どのようにするものなのでしょう。

キスゲは高原に咲く、一重の優しげな花。

カンゾウは野に咲く、八重のたくましそうな花。

写真の通りです。

キスゲも、カンゾウに入るのかもしれません。

ヘメロカリスは、ヨーロッパから来た園芸種で、花色豊富。

などと、勝手に思っています。

何れにしても、残念なのは、1日花であることと、特に園芸種はアブラムシがつきやすいこと。

でも、いい花です。

ブッドレア


本日、雲はあるものの、晴れ。

暑くなりそうな予感です。

土曜日なので、いつもよりはたくさんのお客様がありそうです。

なるべくなら週末は外して欲しいのですが、それそれに都合があって、それも難しいと思います。



ある人からもらったブッドレアが、ずいぶん大きくなりました。

その人のお母さんが、挿し木したものだそうです

ブッドレアは、蝶の集まって来やすい花と、本にはあります。

確かに、カラスアゲハやジャノメチョウの仲間が来ているのを、よく見かけます。

でも、よく動くので、撮影するのはあんがい大変なのです。

下は、クサレダマ。

妙な名前みたいに思いますが、草連玉と書きます。

売木村ふるさと納税、トウモロコシまだあります


売木村のふるさと納税トウモロコシ、去年は早くに予定数に達して、途中でお断りした、と聞きました。

ところが、今年はまだ数に余裕があるようです。

名古屋や浜松などに持っていくと、とても甘い、美味しいと、好評です。

何しろ、標高850メートルの、昼夜の温度差が大きいのです。

気になって、「ふるさと納税売木村トウモロコシ」と、検索してみました。

コメント記事があって、大きくて甘くて、これまで見たことのないトウモロコシとありました。

そうでしょうとも、そうでしょうとも。

ただ、一本、虫が出てきたとありました。

虫も喜ぶほど甘いということ、とありました。

そうなんです。

なるべく薬を使わないようにしている、と思います。

わが家は、苗を植えたことは、過去にあります。

肥料不足なのか、いつまでたっても、ヤングコーンの大きさのままでした。

諸経費とか手間とかを考えれば、たとえ200円でも、買ったほうが安いとの、明らかな真理に到達したのでした。

なお、寒冷地のため、5月の初めに苗を植えても、霜にやられてしまいます。

というわけで、7月21日現在、ようやく少しずつ、ふるさと館に、出始めたところです。

もちろん、朝のうちに売り切れ状態です。

写真は、赤のモントブレッチア

通販で取り寄せました。

でも、その直後に廃業したと、ハガキが来ました。

どこもかもかもしれませんが、 ほんとうに、農林業関係は、大変なのです。





ねむの木の花が、咲き始めた


本日も快晴。

花の谷の場合、梅雨明けの後のこの時期が、ブルーベリー狩りの適期です。


例年のことですが、秋の花のはずのキキョウの花が、真っ盛りを過ぎ始めました。

と思ったら、ねむの木の花が、盛りに。

下の写真では、花の様子が見れませんので、いずれ取り直すことにしましょう。

夕方になると、葉を閉じるからねむの木、というのが、一般的だと思います。

でも、前にも書きましたが、新芽が出るのが、他の木と比べて、甚だしく遅いのです。

つまり、冬眠から目を覚ますのが遅いから、ねむの木かもと、わが家では思っているのです。

そのねむの木、せっかく花が咲いてても、ブルーベリー狩りのお客様が、上を見ることは、少ないように思います。

山百合


本日、ただいま9時25分、たくさんのお客様の予感。すでにいく組も。

午後、どうか雨が降らないでいてください。


花の谷の駐車場から、坂道を降りてきたところです。

右手の草むらの中で、山百合が咲きました。

その場所では、これまで咲いたことはありません。

別のところに、近くの農家からもらったのが、たくさんの蕾をつけるから、その種でしょう。

楽しみです。

ゴールデンスピリットを探し中です


いつの間にかもう、オオデマリの花が、散ってしまいました。

ブルーベリーの実にも、ピンクぽっくなってきたのがあります。

まさかまだ、色づきはしないだろうと思うけれど、そうかもしれません。

もちろん、スモークツリーのグレイスも、銅葉色の葉を広げています。

地味な花も咲き始めていて、もうすぐにスモーク状に、なってくることでしょう。



「もし、どこかに売っていたら、買ってきてあげるね」

ある人が、花の谷のスモークツリー、ゴールデンスピリットを、とても気に入ったようでした。

あちこち園芸店を探したけれど、いまだに見つからないようです。

全面的に協力を約束しましたが、やっぱり見つかりません。

と思っていたら、なんのことはないネットでは売っていました。

さっそく教えてあげることにします。

下は、ロイヤルパープル。

この銅葉色も、なかなかいいものです。

松虫草も河原撫子も秋の花


お盆明け頃から、あの猛暑が嘘のようにどこかへ行って、ずいぶん涼しくなりました。

秋雨前線のせいなのか、毎日毎日雨ばかり、でもおかげで、いくつもブルーベリーを、移植できました。

秋の花も、あちこちに咲き始めています。

上はマツムシソウ、なんとも涼しげな花です。

試してみたことはないけれど、なんとなく栽培されることは好まないような・・・。

ほおっておいても、自分で生えてきて、花を咲かせるので、手を出さないようにしています。



オミナエシ。草原の中なので、近づいて撮りませんでした。



カワラナデシコ。

この近くの株は、うっかり刈ってしまったのですが、近くで別の株が、こんなに立派に花を咲かせました。