ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フデリンドウの偶然


今朝、家の近くの村道脇で、何か青い小さなものを見かけました。

フデリンドウ。

そんなに珍しいものではないかもしれませんが、久しぶりに見ました。

そしてお昼前、ブルーベリー畑脇ののり面で、またしても青い小さなものが…。

十数年も見たことがなかったのに、同じ日に2度もなんて、偶然とはいえ、不思議なことでした。


シャクナゲは芯食い虫が天敵


もう何度も登場させています。

上伊那のグリーンファームから、十数年前に、150円で連れてきたシャクナゲです。

あの時は、10cmの背丈もありませんでした。

でも、いつのまにかすっかり大きくなって、こんなに花を咲かせるようになりました。

花の色は、濃いピンクから白色まで色々です。

日本シャクナゲだと言うことでしたが、確かにやさしい色合いと思っています。

ただ、10本のうち4本くらいは、枯れてしまいました。

寒さのせいもあるかと思いましたが、どうやら芯食い虫のせいが多いようです。

3枚目の写真のは、木くずが株元に落ちていました。

もちろん、無農薬なんて言ってられません。

きつく、スプレーで虫の呼吸穴に、お灸を据えてやりました。

さて効果があると嬉しいのですが…。



ソメイヨシノ、散り始めました


花の谷のソメイヨシノたち、いつのまにか散り始めました。

まだ咲かない、まだ咲かない、と言っていたのに、油断も隙もありません。

20年近く前に植えたものです。

こんなに大きくなりました。

ただ、毎度言うことですが、当地のような寒冷地には、ソメイヨシノは向いていないようです。

てんぐ巣病による若葉が出てしまって、いちめんの桜の花、と行かないのが残念です。

でも、木が大きくなって、ずいぶん花つきがよくなりました。

下は、売木村の名桜、観音堂、宝蔵寺の桜たちです。

やはり、もう満開を過ぎたようです。


下は、花の谷の桜です。村道沿いです。



下は、花の谷の枝垂れ桜。



花の谷で、山桜を除けば、一番大きな桜です。エドヒガンだと思います。


花の谷の桜たち、まだまだこれからです


売木村の一本桜たち、咲き始めています。

と言うことは確かですが、この数日、村の中心部へ行ってない、桜を見てないのです。

で、花の谷の桜たちで、間にあわせることにします。

上は、花の谷で一番早く咲く桜、名前がわからないのです。




フジザクラ、盆栽系?が大きくなったもの、と思っています。



南信州に多いエドヒガンだろうと思います。

奥にソメイヨシノが見えますが、ちらほらです。



ヤマザクラたちは、まだこんな有様です。

今咲いている花たちのメモ


ブログと言うのは、日記と聞いたことがあるので、毎年同じ記事でも良いのです。

と言うか、今年はいつ頃に咲いたかの記録として、毎年アップするのは価値があるのです。

などと、屁理屈は置いておいて、この写真4月9日(火)に撮ったものです。

上は、カタクリ。



チオノドクサ・サルデンシス…と思います。



アネモネブランダ



ギボウシの花々


お盆も過ぎて、すっかり秋めいてきたブルーベリー畑。

ギボウシの花が咲いています。

ギボウシは品種によって、花の咲く時期が異なっています。

いま咲いているのは、いちばんありふれていて、野生に近いと思われるぎぼうし。

とは言え、紫色の花色が魅力的です。

そして、香りのある白花のギボウシ、確かハニーなんとかと言ったような。

情けないことに、名前が出て来ないのでした。


一日花が残念


大雨の後、東海地方にも梅雨明け宣言が出されて、花の谷でも、晴れ間が続いています。

と書いたところで、今朝がたに短時間だけれど、激しい雨。

今はやんでいるけれど、また降り出しそうです。

山の天気は変わりやすいので、雨具の準備があると安心です。

写真は花の谷で咲き続けているヘメロカリス、ニッコウキスゲなどと同じ仲間です。

以前にも書いたことですが、一日花であることが、残念です。

しぼむたびに花がらを取ってやります、と言いたいところですが、ついつい怠りがちです。

でも、丈夫で毎年園のあちこちに咲いてくれて、嬉しい限りです。



ナンジャモンジャ、少しピンクに


サビタブルーベリー畑で、ヒトツバタゴの花が、文字通り咲き誇ってきました。

いわゆるナンジャモンジャの花です

でも、今朝見ると、ほんの少しピンクぽくなって来たように思えます。

そろそろ散り始めるのでしょうか。

わが家のシンボルツリーは、スモークツリーのつもりです。

待てよ、ブルーベリーはどうなるのかな。

それはさておき、ナンジャモンジャの花が咲けば、ナンジャモンジャ、秋になればカツラなど。

それぞれにシンボルツリーは、変わっていくようでもあるのです。

とは言え、ナンジャモンジャ、もうしばらく咲いていて欲しいのです。


白花カンパニュラは、一本だけ


カンパニュラの花が、園内のあちこちに咲いています。

多くは球根で殖えると思っていますが、植えた覚えのないところに咲いていたりします。

ムスカリもそうでしょうが、種でも殖えるのでしょう。

花姿よりもはるかにたくましい花です。

このカンパニュラ、白花は園内を探しても、一株、一本の花茎しか見当たりません。

もともと球根を購入するときに、青やピンクばかりを選んだせいかもしれません。

それでも、白は殖えもしないので不思議です。

もちろん、青が一番好きで、次はピンク。

普通は好きな色は希少としたものですから、まあこういう例もあって良いでしょう。


原種のチューリップ、一輪。


毎年咲いてくれるのか、年によって咲かないこともあるのか、はっきりしないのです。

でも、今年は咲いてくれました。

十数年前に、5、6個は植えた球根ですが、この一球はいまも健在です。

夏の気温があまり高くならないので、植えっぱなしでも大丈夫なのでしょう。

別の場所には、園芸種の赤いチューリップがあって、そちらはウイルスにやられている様子です。

でも、やはり毎年のように、哀れな様子のでも可愛い花をつけてくれます。

枯れ草の中で、赤い花が目立つので、今年も確かに確認しました。

写真の原種系のチューリップ、葉が細長いのが特徴と言って良いでしょう。

その後ろにある鮮やかな若葉色の葉は、トチの木です。

ブルーベリー園内のトチの木から落ちた実が、芽を出したものと思います。

大きくなると、影を作るから大変ですが、さてどうしたものか。