ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
実生のスモークツリー


車庫近くの花壇、と言うか、草むらにスモークツリーの葉っぱを見つけました。

芽が出て二、三年という感じの幼木です。

株元を調べてみましたが、切り株から芽を出したようすは、ありませんでした。

たぶん実生でしょう。

何本も大きくなった木があって、スモークつまり煙状の花殻が、この時期には散らばります。

でも、実生を見るのは初めて、あって不思議のはずはないけれど、ビックリです。

スモークツリーは、挿し木もむつかしそうに思っています。

植えてある何種類もの品種の、どれの実生なのかは、まだわかりません。

さて、どんな木になるのか、楽しみです



カブト、クワガタのいない夏


令和元年のブルーベリー園花の谷、今日8月12日で、今年は閉園です。

まだまだ実が残っている、という声もありますが、この辺まででしょう。

みなさまありがとうございました。

来年はどんな天候になるものやら、わかりませんが、平穏無事なふつうの天候であってほしいものです。

どうぞまた、よろしくお願いします。


「クワガタって、いないんですか。」

「今年は、全然見かけませんねえ。そう言えば、この数年、見かけないなあ」

クワガタもカブトも、ほんとうに見かけなくなりました。

以前は、ブルーベリー狩りに来たこどもが、捕まえてくることもありました。

カブトムシが、コナラの木で、蜜を吸っていることもありました。

ラビットブルーベリー畑の脇の穴の、たくさんあいた木です。

そのために、切らずに残してあるのに、蜂さえ来ないようです。

今、蝉の声は聞こえてきます。

アブラゼミを見かけたり、クマゼミもいたりしました。

蝶も時々飛んできます。

でも、甲虫は見かけなくなった気がします。






ギボウシいろいろ


花の谷のブルーベリー狩り、いよいよ最終局面に入ってきました。

希望としては、12日までです。

たくさんの人々に食べられてしまって、ずいぶん少なくなってきましたが、なんとかできるでしょう。

時間制限をするとか、場所指定をするとか、パック無しにするとか、策はあるかもしれません。

でも、自然の中で自由にのびのびとゆったりと、たのしんでもらいたいと考えています。

まあ、大パックは無しにして、この三日間を過ごすことにしましょう。








アメリカンブルーの青い花


ブルーベリー狩り、いよいよ終盤になってきた感じです。

食べられてしまって、実のついてない株が、目につくようになりました。

それに、標高875メートルなのに、暑すぎます。

いつ閉園、店じまいをしようかと、考えているところです。

たぶんお客さんは、いちめんに実がなってないと、納得しないでしょう。

しかし、一般のお店のように、実を納入してもらって補充、というわけにはいかないのです。

「目線の低い子どもたちが、いいパックを作ってきます」

なんて、案内黒板に書いて、しのいでいます。

やはりもう閉園でしょうね。


上は、毎年この時期になると、咲く花です。

盛夏の花といってよいでしょうか。

毎年この時期になると、ここに登場します。

ブルーがとてもいいと思っています。

毎年書きますが、もう少し大きな花だといいのです。

花数も多くはないのです。

けれど、アメリカンブルーなんてうらやましい。

日本ブルーの花はないものでしょうか。


ヤマユリが咲いています。


昨日は、好天の日曜日とあって、久しぶりにたくさんの人でした。

ほんとは7月にも散らばって、来てもらえると、実がなくなりそうと、心配することも無いのです。

昨日も夕方に、心配になって、ブルーベリー畑へ見に行きまし。

でも大丈夫、まだまだ、たくさん実をつけています


ササユリのほうは、もともとここに自生していたものです。

でも、ヤマユリは近くの農家からもらったもの。

それでも少しは殖えて、2、3個の花をつけ始めたのもあります。

その中で、これはなんと10個もの花をつけました。

もっとも、村内には、もっとたくさん花をつけているのが、よくあるので、自慢にはなりません。

近くを通ると、強烈な匂いで存在をアッピールします。

残念なのは、茶色っぽく一部の葉が変色していること。

このまま、病気になって衰えないか、と心配しています。


たいまつ草


今日は土曜日。

これまで、土、日のたびに、雨だったり、ひどい時は台風だったりしてきました。

暑くなりそうだけれど、絶好のブルーベリー狩り日和と言ってよでしょう。


「あの赤い花はなんですか」

よく聞かれます。たしかに目立つ花です。

「ああ、たいまつそう、モナルダです。葉っぱをこすると、いい香りがしますよ。」

そのたいまつそう、いろんな色があります。

買い求めた色もありますが、ここで殖えて新しい色が出たのもある気がします。












青い花が咲いてます。


雨の中咲いている青い花を集めてみました。

上は、カンパニュラの仲間。



ムラサキツユクサ。

青でもいろんな青色で咲いています。

でも、増えすぎて困ってもいます。



花弁に黄色い三角形があるので、菖蒲。ノハナショウブで、いつのまにか生えてきたという感じです。



これも野草。ウツボグサです。

下は、センダイハギ。


フウロソウいろいろ


ゲンノショウコの仲間のフウロソウが、いくつか咲いています。

可憐な花のわりに強健で、上の黒花フウロは、植えたところとは違うところで、毎年花を咲かせています。

下の空色のフウロソウは、ずいぶん大きな株になりました。

その下のような白花もあります。




大好きなジョンソンズブルーは、ようやくつぼみをつけたところ、これからかいかです。


フデリンドウの偶然


今朝、家の近くの村道脇で、何か青い小さなものを見かけました。

フデリンドウ。

そんなに珍しいものではないかもしれませんが、久しぶりに見ました。

そしてお昼前、ブルーベリー畑脇ののり面で、またしても青い小さなものが…。

十数年も見たことがなかったのに、同じ日に2度もなんて、偶然とはいえ、不思議なことでした。


シャクナゲは芯食い虫が天敵


もう何度も登場させています。

上伊那のグリーンファームから、十数年前に、150円で連れてきたシャクナゲです。

あの時は、10cmの背丈もありませんでした。

でも、いつのまにかすっかり大きくなって、こんなに花を咲かせるようになりました。

花の色は、濃いピンクから白色まで色々です。

日本シャクナゲだと言うことでしたが、確かにやさしい色合いと思っています。

ただ、10本のうち4本くらいは、枯れてしまいました。

寒さのせいもあるかと思いましたが、どうやら芯食い虫のせいが多いようです。

3枚目の写真のは、木くずが株元に落ちていました。

もちろん、無農薬なんて言ってられません。

きつく、スプレーで虫の呼吸穴に、お灸を据えてやりました。

さて効果があると嬉しいのですが…。