ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー狩り、今夏は中止です。

コロナウイルス感染防止のため、2020年夏のブルーベリー狩りは、行わないことにしました。
大変残念ですが、検温や消毒、受付での密集回避など、年寄りふたりでは、充分に対策できそうにありません。
また、病院まで1時間以上かかる山の中のため、もしものことがあると、みんなが困ってしまいます。
どうかお許しください。
来年をめざして、手入れに努めますので、よろしくお願いします。

以下、令和3年(2021年)夏のための、参考資料です。(作成中)

1 入園料 (時間制限なし・2,500坪の園内で、自由に食べ歩いて、お土産パックをつくる)
☆ 大人
○ミニパック付き 500円
○大バック付き 1,000円
○大パック2つ付き 1,700円
☆ 小・中学生
○パック無し 200円
○ミニパック付き 300円
○大パック付き 500円
☆幼児
○パック無し 0円
○ミニパック付き 100円
☆ペット 0円

2 開園期間
7月7日頃~8月8日頃
090の7862の4605へ確認してから、おでかけください。

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今年も青花ラングワート


村内のお店、大橋商店の店先に、ラングワートが咲いているのを見かけました。

プランターなのに、茎が数本出ていて、とても見事です。

羨ましく思いながら帰って来ると、わが家にもいつのまにか咲いていました。

でも、今年も茎は一本だけです。

ピンクで咲いて、日が経つうちに青くなる、と思っています。

けど、今日まで気がつかなかった。

ピンクの方は、もうずいぶん前から咲いていて、こちらは殖えています。

という話題、去年も書いたと思います。

でも、日記だから毎年書いてこそ、いつ頃咲いたかの記録になるのです。


いつのまにか秋明菊


駐車場の脇で、いつのまにかシュウメイギクが、咲き始めています。

毎年のことですが、ブルーベリー狩りを閉じる頃に、花茎が伸びてきます。

そして、9月になると、花をつけ始めるのです。

上の花は、一番ふつうの秋明菊、ただし

駐車場の脇にあって、車の出入りのために、夏前に草刈りをするため、背が引いまま咲きます。

やはりもっと背が高い方が良いのですが、未だに移植をしてないのです。

下は、ダイアナという品種。

今年、外トイレの裏に咲いているのを見つけました。

もちろん、大切にするつもりです。


道の駅にスーパー


南信州にこの一年くらいのうちに開店した道の駅、今年の冬と春とに行ってみました。

どちらも素晴らしい建物でした。

齢とともに、ますます貧乏性になってきた人間です。

ついつい、元が取れるかと心配になってきます。

少しあやしげな建物のほうが、ほりだしもの、お値打ちものがありそうで…、なんてわけでもないですけどね。

などということは、ちよっと脇に置いておきましょう。

とちらの道の駅にも、スーパーが併設されていました。

おそらく、地元の人たちの要望があってのことでしょう。

でも、地元の昔からのお店は、困らないでしょうか。

いや、後継者がいなかったりして、お店がなくなってきているのかも知れません。

たぶん、いろんな話し合いがあったのでしょう。

それで、この村ではどうでしょう。

車を運転できない年齢になってきています。

近くにスーパーができたら、とてもありがたいと思います。

でも、いま頑張っているお店には迷惑でしょう。

いやその前に、600人にもならない村の人口では、スーパーは成り立たないのかもしれません。

スーパーにせよコンビニにせよ、もしそれでも進出してきてくれるとしたら、村に大きな負担を求めてくるかもしれない。

などと、考えてもどうにもならない話でした。





実生のスモークツリー


車庫近くの花壇、と言うか、草むらにスモークツリーの葉っぱを見つけました。

芽が出て二、三年という感じの幼木です。

株元を調べてみましたが、切り株から芽を出したようすは、ありませんでした。

たぶん実生でしょう。

何本も大きくなった木があって、スモークつまり煙状の花殻が、この時期には散らばります。

でも、実生を見るのは初めて、あって不思議のはずはないけれど、ビックリです。

スモークツリーは、挿し木もむつかしそうに思っています。

植えてある何種類もの品種の、どれの実生なのかは、まだわかりません。

さて、どんな木になるのか、楽しみです



カブト、クワガタのいない夏


令和元年のブルーベリー園花の谷、今日8月12日で、今年は閉園です。

まだまだ実が残っている、という声もありますが、この辺まででしょう。

みなさまありがとうございました。

来年はどんな天候になるものやら、わかりませんが、平穏無事なふつうの天候であってほしいものです。

どうぞまた、よろしくお願いします。


「クワガタって、いないんですか。」

「今年は、全然見かけませんねえ。そう言えば、この数年、見かけないなあ」

クワガタもカブトも、ほんとうに見かけなくなりました。

以前は、ブルーベリー狩りに来たこどもが、捕まえてくることもありました。

カブトムシが、コナラの木で、蜜を吸っていることもありました。

ラビットブルーベリー畑の脇の穴の、たくさんあいた木です。

そのために、切らずに残してあるのに、蜂さえ来ないようです。

今、蝉の声は聞こえてきます。

アブラゼミを見かけたり、クマゼミもいたりしました。

蝶も時々飛んできます。

でも、甲虫は見かけなくなった気がします。






ギボウシいろいろ


花の谷のブルーベリー狩り、いよいよ最終局面に入ってきました。

希望としては、12日までです。

たくさんの人々に食べられてしまって、ずいぶん少なくなってきましたが、なんとかできるでしょう。

時間制限をするとか、場所指定をするとか、パック無しにするとか、策はあるかもしれません。

でも、自然の中で自由にのびのびとゆったりと、たのしんでもらいたいと考えています。

まあ、大パックは無しにして、この三日間を過ごすことにしましょう。








アメリカンブルーの青い花


ブルーベリー狩り、いよいよ終盤になってきた感じです。

食べられてしまって、実のついてない株が、目につくようになりました。

それに、標高875メートルなのに、暑すぎます。

いつ閉園、店じまいをしようかと、考えているところです。

たぶんお客さんは、いちめんに実がなってないと、納得しないでしょう。

しかし、一般のお店のように、実を納入してもらって補充、というわけにはいかないのです。

「目線の低い子どもたちが、いいパックを作ってきます」

なんて、案内黒板に書いて、しのいでいます。

やはりもう閉園でしょうね。


上は、毎年この時期になると、咲く花です。

盛夏の花といってよいでしょうか。

毎年この時期になると、ここに登場します。

ブルーがとてもいいと思っています。

毎年書きますが、もう少し大きな花だといいのです。

花数も多くはないのです。

けれど、アメリカンブルーなんてうらやましい。

日本ブルーの花はないものでしょうか。


ヤマユリが咲いています。


昨日は、好天の日曜日とあって、久しぶりにたくさんの人でした。

ほんとは7月にも散らばって、来てもらえると、実がなくなりそうと、心配することも無いのです。

昨日も夕方に、心配になって、ブルーベリー畑へ見に行きまし。

でも大丈夫、まだまだ、たくさん実をつけています


ササユリのほうは、もともとここに自生していたものです。

でも、ヤマユリは近くの農家からもらったもの。

それでも少しは殖えて、2、3個の花をつけ始めたのもあります。

その中で、これはなんと10個もの花をつけました。

もっとも、村内には、もっとたくさん花をつけているのが、よくあるので、自慢にはなりません。

近くを通ると、強烈な匂いで存在をアッピールします。

残念なのは、茶色っぽく一部の葉が変色していること。

このまま、病気になって衰えないか、と心配しています。


たいまつ草


今日は土曜日。

これまで、土、日のたびに、雨だったり、ひどい時は台風だったりしてきました。

暑くなりそうだけれど、絶好のブルーベリー狩り日和と言ってよでしょう。


「あの赤い花はなんですか」

よく聞かれます。たしかに目立つ花です。

「ああ、たいまつそう、モナルダです。葉っぱをこすると、いい香りがしますよ。」

そのたいまつそう、いろんな色があります。

買い求めた色もありますが、ここで殖えて新しい色が出たのもある気がします。












青い花が咲いてます。


雨の中咲いている青い花を集めてみました。

上は、カンパニュラの仲間。



ムラサキツユクサ。

青でもいろんな青色で咲いています。

でも、増えすぎて困ってもいます。



花弁に黄色い三角形があるので、菖蒲。ノハナショウブで、いつのまにか生えてきたという感じです。



これも野草。ウツボグサです。

下は、センダイハギ。