ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日は五月晴れ、風は少しひんやり


4/30と5/1、せっかくの10連休なのに、雨でした。

時々は、止むこともあったけれど、よく降りました。

それでも日帰り温泉こまどりの湯も道の駅ふるさと館も、たくさんの車が来ていました。

そして今日は、五月晴れ。

岩倉ダムキャンプ場は、とっても賑わっています。

かなり広い敷地なので、こみいってはいるけれど、まだ入れそうに思いました。

キャンプブームと言うのか、数年前とはだいぶ違うように思います。


上の写真は、キンリョウヘン、満開になりました。

花は7個です。

けどやっぱりニホンミツバチさんは、見かけないのです。




2019 ~山の暮し市~春色感謝祭は4/27,28


山の暮し市とと名付けられた春色感謝祭、4/27と4/28の二日間にわたって、今年も行われます。

場所は、文化交流センターぶなの木、9::00~15:00です。

出店は、20以上。

工房窯、古着物、道具。手相占い、雑貨屋、木工作品などなど。

ふだんあまり目に触れないようなさまざまなお店が並びます。

皆さん、お楽しみに。

10僉4月の雪は停電付き


今朝起きると、写真のような降雪。

「長野県中南部に大雪」と昨夜天気予報で言っていましたが、この頃は本当によくあたる。

と言うブログを書こうと思ったら停電。

ヤバイなあ、春の雪は湿ってて重いのです。

どこかで電線が切れたのではなかろうか

と思ったら、照明がついて復旧。

午後には雨になるような予報ですので、明朝は溶けてしまっているかもしれません。

でも、日陰の雪が凍ってアイスバーンになるかも……。

一昨日、スタッドレスをはずしたばかりなのです。

このところの暖かさに、ついつい油断してしまった。

と書いたところで、またしても停電…。

ただ今、10時55分。


ふるさと館、レストランは4/27から


4月から管理者が替わったという売木村ふるさと館、販売部門はずっと営業しています。

中へ入ったら、おすすめ品として、うるぎ村産のコーナーが、設けられていました。

干しシイタケ、エゴマ、タカキビ粉、トマトケチャップ、リンコなどのジャム。

花の谷のブルーベリージャムも、並べられていました。

売木村のお土産を持って帰りたい人が良くいる、と聞いてたので、いいコーナーと思いました。

これから山菜やら農産物が出てくると、もっと賑やかになることでしょう。

そして、レストランとの間の間仕切りが無くなっていて、販売部門が広くなっていました。

そうそう、レストラン部門「さるのこしかけ」の開店は、4/27だそうです。

料理に、例えばフキノトウの天ぷら一個でもいいから、地元産のものが添えて出されるとうれしいのですが…。

ただ、老爺心ながら心配なのは、連休直前の新規開店。

不慣れなままに、超大型連休の混雑に突入して大丈夫なのかなあ。

一週間くらい前からリハーサル開店して、本番に備えるほうがと、思ったりします。


道の駅ふるさと館、しばらくお休みみたいです。


売木村の道の駅ふるさと館、昨日は閑散としていました。

水曜日が休みだったのかな。

道路からの入り口にも建物入り口にも、それらしい表示はありませんでした。

車から降りて、中を覗き込みましたが、電灯はついていません。

観光客らしい車が入ってきましたが、様子を見て残念そうに戻って行きました。

このふるさと館の場所は、道路工事の関係で、今は袋小路の奥になっています。

わざわざ入ってきてくれたのにと、関係者でもないのに、申し訳ない気になりました。

そうか、4月から運営者が替わるのでした。

たぶんその準備で、お休みになっているのではないでしょうか。

いや、表示がなかったから、今日はやっているのかもしれません。

ただ、4月になってからも、準備のため何日かはお休みと聞いています。

とは言え、その先は、とても楽しみ。

新生道の駅ふるさと館、これまで以上にどうぞよろしく。


農家ゲストハウスポレポレ、宿泊4/1、カフェ4/13から


「先週くらいから、温泉に来る車がずいぶん増えてきています。今年は暖かいから…。」

 売木村の日帰り温泉こまどりの湯、その目の前にあるポレポレが、いよいよ冬休みを終えて再開です。

宿泊は4/1から、カフェは4/13からです。

今日は、マスターが出窓兼物置を作っていました。

文字通り手作りです。

冬の間は、道路が凍結することが多くて、売木村を訪れる人はわずか…。

一年のうちの、何ヶ月かは何もできずに過ごさなければならないので、本当に大変です。

でも、その分心のこもった集中力のあるお店になると思います。

よほどのことがない限り、もう凍結はないでしょう。

一本桜たちも、4月中旬には開花宣言かも。

どうかみなさまお楽しみに。


16時5分になりました、日の入り。


まだまだ、最低気温は氷点下、があたり前の売木村です。

でも、明るい光が、ずいぶん戻ってきたように思います。

気がついてみたら、日の入りは16時を回っています。

いちばん早い時では、15時15分には、山の端に日が沈んでいました。

16時16分になるのはいつなのか、覚えていたら確かめることにしましょう。

「名古屋は風が冷たいでなあ。売木の方が寒いとこなんだけど、お日様があると暖かい。」

こまどりの湯に入っていたら、どこかの人たちが、そんなふうに話していたことを、思い出します。

実際、その通りなのです。

晴れた冬の日は、風がないことが多くて、畑での作業も平気です。

ここまでは、伊吹おろしも、やってこれないのかもしれません。



カミ雪でした


「もう雪になってもいいと思うけど、まだ雨のままだ、珍しい。標高が高いんだものねえ」

昨日の夕方にはそんな会話でした。

でも、暗くなって雪に変わって、2月1日の今朝は、雪景色でした。

長野県では、ふだんは雪の少ない中部や南部に降る雪のこと、あるいは湿った春先の雪のことを、上雪と呼びます。

どうしてそう言うのかは、はっきりしないみたいです。

湿った重い雪ですが、今回、枝折れするほどではありませんでした。

お昼頃には、陽が当たる斜面などは、ずいぶん解けてしまいました。

まだまだ寒さの続く売木村ですが、春の予感が少しはあります。


雪になってしまいました


「この冬は雪が降らなくて…。峠越えも大丈夫ですよ。安心して来てください」

三連休の間、みなさんに知らせなければ、と思っているばかりで、日が過ぎてしまいました。

すると、今朝はうっすら雪が…。

と思う間も無く、どんどん雪が降ってくる、そういうパターンが多い売木村です。

今日は日中は晴れ間も出ましたが、やっぱり夕方には本格的に降ってきました。

たぶん、今夜は積もることでしょう。

「降らんと、外で仕事しちまうでなあ。降ってくれて、休めるほうがありがたいかもな」

と言うわけで、いよいよ本格的な冬となるのでしょうか。


炭出しは来年になってから


「この間来とったら、炭出し体験させてやったのになあ」

都会から来た若者が、炭焼きの火を入れた、と聞いたので、様子を見に行った時です。

ベテラン炭焼き師に、言われてしまいました。

「うーん、真っ黒になるみたいだしねえ。熱いのも苦手なんだわ」

ところが、年末には若者の炭が、焼き上がるようでした。

壁土による空気調節が失敗気味で、一部燃えてしまったかも、と言う話はあります。

でも、なにせはじめての炭焼き。

見に行ってやるのが、礼儀かもしれない、いつやるだろう。

「あっ、炭出し、来年にしました。

しっかり冷えてからのほうがいいみたいです。

正月は実家に帰りたいし…。」

そんな先でもいいのか。

熱いのを取り出すのが大変と聞いていました。

でもそれは大昔、商業ベースでやってた時の話だったみたいです。

そんな先では、どうやら日程的に、炭出しに立ち会えるかどうか、不透明になりました。