ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.0と高評価まで出ていますが、まだ投稿は1名のみ、あまりあてにはなりません。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
久しぶり、本格的な雨


「せっかくのミョウガだけど、硬いのやあまり肥えてないのがある」

8月7日に、待望の雨がパラパラとかすかに降りました。

翌日にブルーベリー畑兼ミョウガ畑に出ると、いくつもの白い花が…。

早速、収穫したけれど、雨不足のせいがあったかもしれません。

それから一週間、ブルーベリー、もう絶対枯れる株があるぞ、と覚悟の毎日でした。

そして昨日、日中は予報の傘マークが出ていても、やはりパラパラでした。

と思ったら、夜になって雷鳴も轟いてしっかり雨。

近くの浪合では、24時間で35.0mmの降水量だったようです。

けれど今朝、ブルーベリー畑へ行ってみると、木くずの表面は乾いていました。

とはいえ、草花たちは元気を取り戻したようにも見えるし、下の地面は濡れているのかもしんません。

まずは一息ついてくれた、と思うことにしましょう。



暑かった昨日。37℃。売木村始まって以来でしょう。


「ブルーベリー狩りできますか」

「はい、やってます。でも、暑いから覚悟がいりますよ」

去年までは、32℃が最高だった花の谷のベランダ下、昨日は37℃を記録しました。め

暑い、クーラーの設置を、本気で考えたくなるほどでした。

結局、来園は朝のうちの1組だけ。

静かな静かな花の谷でした。

この暑さは確実に売木村始まって以来でしょう。

これではブルーベリー園花の谷、その運命やいかに…。

いやそれよりも

「熱中しすぎて、熱中症にならないか心配」

というシャレを考えたけれど、そうはならなさそうなのです。



国道418号、工事は8月23日まで


冬のうちのがけ崩れで、片側通行になっていた箇所の修復工事が、始まっています。

売木村内、こまどりの湯の下あたりになります。

近くに新しい橋ができて、今年度中に国道から県道?に格下げになってしまうけれど、村には大切な道路です。

崩落したあと、一方通行で、信号待ちをするのがわずらわしくて、ついつい通らないようにしています。

それにしても、この一年間のうちに、星の森キャンプ場への道、ここ、阿南町の国道151号と崩落が続きました。

偶然とはいえ、あまりいい気分ではありません。

こういう山の中に住む者の宿命でしょうか。

まあ、けが人とかがなかっただけ良かったとしましょう。


わらび、獲ってくれる人がいない


ネットワークうるぎと若いお母さんたちとで、去年からつけものの製造販売が始まっています。

ワラビとミョウガのつけものが一番人気とか。

農地が凍ってしまう冬場の仕事にするつもりが、去年は秋のうちに売り切れてしまったそうです。

「今のうちに、たくさんわらびを、収穫しておかなければ…。」

なにも手伝わないけれど、口だけは出すのです。

もちろん、花の谷のブルーベリー畑は、今後もわらび採りに提供していくつもりでいます。

「そうだ。村の人たちに採ってもらったらいい。買い上げれば、おこづかいにもなる」

すると、思いがけない返事が帰ってきました。

「それがねぇ…。『もう年取って採るのが大変になった。もう、ええわ』だって。やってもらえる人がいないの」

こんな山の中にも人手不足は顕在化して来ているようです。

と言うか、みんな年をとってしまって…。



天ふじ開店。海のほうへ行かなくても、よくなった。


売木こまどりの湯に、併設されている食堂に「天ふじ」が5/3から開店しました。

東京でお店をやっていた人で、築地からの直送だそうです。

何しろ海なし県なのです。

楽しみにしていて、それなのにもう2週間が過ぎて、ようやく行ってきました。

お祝いの気持ちも込めて、「名代定食1700円」と「海鮮丼1500円」を奮発しました。

とっても美味しくて、とても満足できるものでした。

わざわざ海のほうまで出かけなくても、お値打ちにお魚が頂けるようになった気がします。

ウイークデイ、水曜日の12時前だったのに、すでに6組ものお客様が来ていました。

お昼過ぎには、16人の予約も来ているとか、新聞広告も入ってなかったのに、もう知られているのでしょうか。

どんな料理だったかですか?

カメラを持って行ったのに、食べることが先になって、やっぱり写真を撮り忘れてしまいました。

隣にいた知り合いが、えび天丼950円を食べていて、エビが大きかったし、次回はそういうのにするつもりです。

で、今回の定食の写真、いつにアップなるかはわかりません。

とにかく、高いのも安いのもあるのも嬉しい。

そうそう東京から来て、のんびりとお店をやりたいと言っていたような…。

どうやら忙しいままになりそうに思いました。











「すごい事ですよ!南信州歌謡祭inうるぎ」4月28日(土)

iPhoneImage.png


この何年か、秋に行われて来たうるぎ歌謡祭が、春にも行われるようです。

ようです、と言うのは、残念なことにこの分野も、自分は猛烈に不得意分野なのです。

ただ、伝え聞くところによると、すでに70人もの出演者が決まっているとのこと。

秋だけではと、春にもやるなんて、素晴らしい。

朝から夜まで、昼食時間も設けずに、ぶっ続けに行われるようです。

豪華絢爛衣装をまとったお姉さまやらお兄さまやら、もちろん若者も、とても見もののようです。

そして、歌だって…。

村にたくさんの人が来て、にぎやかに楽しく1日を過ごせてもらえれば、嬉しい事です。

なお、できれば、こまどりの湯温泉とかふるさと館にも立ち寄ってくださいね。

南信州うるぎ村渓流釣り祭りは、5月27日(日)

iPhoneImage.png


村の恒例行事、渓流釣り祭りです。


こういうことを書いても良いものなのか、このところ、参加者は減少傾向にあるようです。

その分、お得というか穴場的に思います。

また、500円で小学生以下限定のニジマスつかみ取りが、午前10時と午後1時に行われます。

これも、こどもたちにはとても楽しく滅多にない機会と思います。

みなさんどうぞお楽しみに。


ところで今日は暑かった。

標高の高い売木村でも、25℃は超えました。

おかげでふるさと館などにもたくさんの人が…。

ウド、シイタケ、葉わさび、タラなどが出ていて、どんどん売れていました。

ワラビは花の谷の園内では、ちらっと見ましたが、まだ売りに出てはいないようです。

でも、例年よりはだいぶ早く出そうです。

うるぎ山の暮らし市〜春色感謝祭ーは4/28、4/29


これまでの春色感謝祭が、観光協会から民間に移って、「うるぎ山の暮し市」として、開催されます。


1 日時 4月28日(土)、29日(日) 9:00から~15:30

2 会場 売木村ふるさと館

3 内容 道具フリーマーケット

出展ブース

体験コーナー

土と風の交流会


お山は知恵の福袋


物は大切にしにあ


「もったいない」

壊れても捨てないよ

工夫 工夫で

生きかえる

作った人の愛情と

使った人の愛情と


うん うん

そういうのが

やっばり いい。

うるぎに

およりて。

四月の雪でした。


今朝、雪の予報は出ていたけれど、半信半疑でカーテンを開けました。

確かに、外はうっすらと積雪。

でも、よかった。それほどではなかった。

上の画像のように、ブルーベリーや桜がつぼみをふくらませる株元は、雪の光景でした。

そして、日中は激しく雪が舞う時もありました。

せっかくの日曜日、都会からの車は、さぞびっくりしたことでしょう。

でも、それ以上に積もることはなく、車の運転に差し支えはなかったと思います

まだまだこの時期、こんな日もありそうですが、早く安定した春らしい天気になってほしいものです。


今年の冬はこりた


今ごろになって雪の画像で恐縮ですが、この2月に撮ったものです。

「今年の冬は、こりた」

あるお年寄りが言いました。

「こりた」とは、「ひどかった」という意味だそうです。

確かに、この冬は寒さが「こりた」。

別の人は言いました。

「-17℃を記録した年もあったけど、1日だけだったと思う。今年は-16℃くらいが、何回でもあった。」

なるほどそういうことでしたか。

本当にあの寒さ、こりたこりた。

ということですが、あのさむさどこへ行ったのでしょう。

もう、毎日毎日、暖かいというか、暑いくらいの日さえあります。

きっと、桜もじきに開花することでしょう。